ボーダーカットソーを使った重ね着コーデ【バリエーションアップ】

公開日:2019/10/26

 

ボーダーカットソーを使った重ね着コーデ術

 

ファッションコーディネータートモ

この記事は、ボーダーカットソーを重ね着したコーデのバリエーションを増やしたい人向けに私が実際にコーディネートして解説をつけました。

 

 

記事を読むことで下記の3つのメリットが得られます。

 

  1. ボーダーカットソーの重ね着のバリエーションが増える
  2. 記事で紹介したコーディネートを元に自分で応用できるようになる
  3. 1枚で着ている人より少しオシャレっぽく見せることができるようになる

 

では、さっそくボーダーカットソーの重ね着コーデを見ていきましょう。

 

シャツインコーデ

 

ボーダーカットソーの下にシャツを合わせた重ね着コーデ

 

ボーダーTシャツの下にシャツを合わせたコーデです。

 

上のTシャツがボーダー柄なので、下に合わせるシャツは無地が基本。

 

あまり裾を出しすぎると、だらしなく見えてしまうので自然に見えるように軽く出すのがポイントです。

 

シャツ以外にも、無地のインナーと重ね着させることもできますが、私はあまりやりません。

 

シャツの場合、襟が見えていることから着崩して着ているんだなと理解されやすいのですが、カットソーの重ね着のように、単純に裾だけ出しているとだらしなく見えてしまうからです。

 

もしカットソーなどの2枚重ねでレイヤードさせたいなら、しっかりと裾の長さを計算してやるといいですよ。

プロデューサー巻き

 

ボーダーカットソーを使ったプロデューサー巻きコーデ

 

プロデューサー巻きは、バブル時代のTV局のプロデューサーがしていた着こなしという固定イメージがついてしまっているので、30代後半以上の人は抵抗があるかもしれませんね。

 

とはいえ、バブルは30年以上前の話。

 

そろそろ、固定イメージがとれてもいいころですが・・・。

 

プロデューサー巻きは、顔の近くにカーディガンを置くことで、小顔効果があり全体的にスタイルアップする効果があります。

 

トップス無地×カーディガン無地の組み合わせで合わせてもいいのですが、ボーダーカットソーと無地カーディガンで合わせても変になりません。

 

ボーダートップス1枚よりも華やかさが加わるので、ノームコアが終わったけど、シンプルスタイルが好きだって人は、このくらいの装飾感であれば許容範囲だと思います。

 

プロデューサー巻きのポイントは、相手にプロデューサー巻きだと認識させないことです。

 

そうさせないためには、色にコントラストをもたせないこと。

 

すわなち、ボーダートップスとカーディガンの色を同色系で合わせると、上手くいきやすいのです。

 

写真のボーダーカットソーは、真っ白×黒ではなく、ベージュと白の間であるオフホワイトと黒のボーダーなので、カーディガンのダークイエローと遠くない色になっています。

 

他にも、黒のトップスにダークネイビーのカーディガンみたいな感じで組み合わせると違和感なく合わせることができますよ。

裾だしコーデ

 

ボーダーカットソーを使った裾だし重ね着コーデ

 

今度は、デニムジャケットのように、裾丈が短めのジャケットからボーダーカットソーの裾を出して合わせたコーデです。

 

こうすることで、腰位置が高く見えるので、脚を長く見せることができ、スタイルアップして見えます。

 

ポイントとして、ジャケットは、なるべく無地でありダークトーンを選ぶこと。

 

元々、ボーダーカットソーにカジュアル要素が強く入っているので、ジャケットまで明るくしてしまうと、子供っぽく見えてしまいがちです。

 

ボーダー柄に重ね着要素を足しているので、これ以上カジュアル要素をプラスしなくても十分なんですね。

ボーダーチラ見せコーデ

 

ボーダーカットソーを使ったチラ見せコーデ

 

コーチジャケットのようなシャツジャケットは、前開きで合わせてもいいのですが、1ボタンだけ閉めてインナーのボーダーがチラッと見える合わせ方をすることができます。

 

単純に、ボーダーカットソーの上からジャケットを羽織っているだけですが、この方が、重ね着感がでて今っぽいですね。

 

靴下も似たようなボーダー柄で合わせても全体的にボーダー柄の面積を押さえているので、やりすぎに見えません。

コートインコーデ

 

ボーダーカットソーを使ったコートインコーデ

 

コートのインナーがカットソーで済ませられるくらいの気温なら、ボーダーカットソーを使ってもいけますよ。

 

どちらかと言えば、春とかの昼夜の気温差が激しいときに使えるスタイルです。

 

冬にしたいなら、ボーダーニットなんかと合わせるといいのではないでしょうか。

 

ポイントは、ボーダーカットソーの裾丈の長さです。

 

あまり短いと、ボーダー柄が目立つ分、ロングコートとのバランスが悪くなるので、オーバーシルエットタイプのボーダーカットソーを選ぶと上手くいきますよ。

ファッションアイテムを検索リセット
詳細検索
この記事が気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです。