メンズ服の悩み解決し隊

カジュアル系メンズファッションを徹底的に解説

最終更新日:2022/2/3

 

カジュアル系ファッション

 

ファッションコーディネータートモ

どうも、ファッションコーディネーターのトモです。

 

カジュアル服とは、フォーマルシーンで使う服以外で着る服全般を指します。つまり、カジュアル=ノットフォーマルと言い換えることもできるんですね。

 

だから、一概にカジュアルといっても、その範囲は相当広くなります。例えば、カジュアル系の中でも、ルーツや雰囲気によって下記のように系統が分かれます。

 

着方・合わせ方で分類した例

  • きれいめカジュアル
  • ゆるカジ
  • ノームコア

 

    国別に分類にした例

  • アメカジ
  • イタリアンカジュアル
  • フレンチカジュアル

 

TPOによって分類した例

  • スポーツミックス
  • アウトドアミックス
  • サーフ
  • ワーク
  • オフィスカジュアル

 

制服を混ぜたもので分類した例

  • ミリタリー

 

独自の文化によって発達したもので分類した例

  • トラッド
  • ストリート
  • ヒップホップ
  • モード
  • お兄系・渋谷系
  • ホスト系

 

どの系統も、ビジネス・冠婚葬祭といったフォーマルなシーンでは着られないので、大きく分ければカジュアル系ということになります。

 

ただ、分類した系統には、それぞれ特徴があって同時に解説すると、かえって混乱を招くと思います。そこで、この記事ではカジュアル系が広義でノットフォーマルということを前提に、ベーシックなカジュアル系ファッションについてお伝えしていきますね。

 

 

ベーシックカジュアルって一体何?

洋服は、各々の目的で作られたアイテムをミックスして着るのが基本です。

 

ベーシックなカジュアル系というと、簡単に聞こえますが、服にはそれぞれ作られた目的があるので、気づかないうちに何かのジャンルをミックスさせてしまっているんですね。

 

例えば、ジーンズを合わせただけでアメカジ系になってしまいます。

 

ジーンズを穿いたアメカジスタイル
Photo by: https://www.freaksstore.com/item/54169700010.html

 

だから、ベーシックなカジュアル系とは癖が少ないカジュアルスタイルと思ってもらえれば分かりやすいと思います。

 

シンプルなカジュアルスタイル
Photo by: https://wear.jp/4ex833/20891738/

 

さらに洋服には、服のデザイン・生地感・色がスーツに近いほどドレスアップして見え、遠いほどカジュアルダウンする特徴があります。

 

服のコーディネートは、ドレスアップするほど大人っぽく見え、カジュアルダウンするほど子供っぽく見えます。

 

ドレスアップした大人っぽいスタイル
Photo by: https://sputnicks.jp/c/items/jacket-outer/setup/astro200243

 

カジュアルダウンした子供っぽく見えるスタイル
Photo by: https://shop.menz-style.com/coordinate/detail?coordination_id=30925

 

だから、同じカジュアルファッションでも、子供っぽく見えたり大人っぽく見える人が出てくるわけですね。

 

子供っぽく見えたらダサく見えてしまうことに繋がり、大人っぽく見せればオシャレに見られることに繋がります。そこで、カジュアル系で大人っぽくオシャレに見せるコツについてお伝えしていきましょう。

 

オシャレに見える着こなしのコツ

カジュアルなアイテムどうしの組み合わせは、カジュアルダウンするので、どうしても子供っぽく見えやすくなります。

 

カジュアルアイテム同士の組み合わせを使ったコーディネート
Photo by: https://shop.menz-style.com/item/detail?item_code=79-161-1157&color_code=INDI

 

特に、日本人は海外の人と比べて、童顔・胴長短足な特徴がありますので、そういう特徴が強い人ほど子供っぽく見えてしまいます。

 

子供っぽく見えるのを防ぐには、選ぶアイテムと色の組み合わせ、シルエットに気をつかう必要があります。

 

@選ぶアイテムは、余計なデザインが入っていないオーソドックスなもの。Aアイテムどうしの色は、同系色、もしくは同系色+1色を意識します。Bシルエットは、基本のY、A、Iラインに近づけるようにします。

 

これらはファッションの基本ですが、基本についてもう少し詳しく知りたいって人は下記の記事もご参考ください。

 

ファッションの基本の記事のキャプチャー

メンズファッションの基本は4つだけ【センス不要】

 

服の合わせ方がよく分からない人向けに、ファッションに対する誤解とコーディネートの基本をお伝えしてる記事。

 

合わせ読み

 

具体例は、次のコーディネート例でお伝えしますね。

 

コーディネート例

ダウンベスト×デニムパンツ

 

ダウンベストを使ったカジュアルコーデ
Photo by: https://wear.jp/1ssei32/20791232/

 

使用アイテムは、ダウンベスト・スウェット・デニムパンツ・スウェードシューズで、すべてオーソドックスなカジュアルアイテムです。どれもビジネスシーンで使うものではないし、癖も少ないですね。

 

色の組み合わせは、黒×白+グレージュ。これは、基本のモノトーン+1色という原則に従っています。ハットは、派手過ぎず大人っぽい花柄でセンス抜群。

 

シルエットは、トップス(太い)、ボトムス(細い)のYラインですが、細パンツを使わずストレートパンツを使用。ここは、今っぽさを出すためトレードオフして、あえて少しだけシルエットを犠牲にしています。

 

ニットベスト×ジーンズ

 

ニットベストと明るめなデニムパンツを使ったカジュアルコーデ
Photo by: https://wear.jp/mrszk/20865705/

 

ニットベストの下にローゲージのニットパーカーを重ね着して、明るめのジーンズとスニーカーで合わせたコーデ。ニットベスト以外、ベーシックなアイテムを利用。全体を明るい色で統一し、ブラウンを差し色に。ゆったりしたトップスと細めのボトムスでYラインシルエットを作っています。

 

カーディガン×白パンツ

 

カーディガンと白パンツを合わせたカジュアルコーデ
Photo by: https://wear.jp/ninnosuke/20871085/

 

グレーのスウェットと白のチノパンにカーディガンを羽織ったシンプルなコーデ。配色は、モノトーン+1色の基本どおり。スニーカー、ハット、トートバッグのデザインがグレーで統一されてるのがポイント。今っぽさを出すためシルエットは、Iラインをゆったりめにしたもの。

 

ニットブルゾン×白パンツ

 

カーディガンとパーカーを重ね着したカジュアルコーデ
Photo by: https://wear.jp/nekonekokaeru/20884977/

 

デザインが入ったニットブルゾンにパーカーを重ね着して、白パンツとシューズでまとめたコーデ。モノトーン+1色に、パーカーのプリントロゴのグリーンを配色。グリーンの配色は、ほんの少しなのでカジュアルダウンしすぎていません。シルエットは、Iラインをゆったりさせたもの。

 

ボーダーカットソー×ベージュのパンツ

 

ボーダーカットソーにチノパンを合わせたカジュアルコーデ
Photo by: https://wear.jp/berichoco/20876375/

 

フレンチカジュアルで良く使われるバスクシャツに、ベージュのパンツとスポーティーなスニーカーを合わせたコーデ。配色は、モノトーン+1色の基本どおり。シルエットは、トップ(太め)×ボトム(細め)のYラインを意識。ボーダーの横幅が大きく見える視覚効果を使ってトップ太めを演出しています。

 

 

カジュアルスタイルは、コーディネートに使う色の幅が大きく、組み合わせるデザインの自由度も高いので、慣れないと敷居が高いかもしれませんね。

 

少し敷居が高そうだなって人は、ドレスアップするアイテムを加えれば簡単にサマになりやすいキレイめカジュアルがおすすめですよ。キレカジ系については下記の記事にまとめておきましたので興味がある方はどうぞ。

 

キレカジ系の記事のキャプチャー

キレカジ系とは?コーデのテクニックとおすすめブランド6選

 

キレカジ系のファッションについて基本知識、コーディネート、ブランド、おすすめ通販サイトについてまとめた記事。

 

合わせ読み

 

カジュアル系の服が手に入る人気通販サイト3選

カジュアル系の服は、多くの通販サイトで取り扱われています。

 

ここでは、この記事で解説してきたベーシックカジュアルな服が手に入る通販サイトを紹介していきますね。

 

Dcollection

Dcollection
Photo by: Dcollection

 

ファッションに詳しくない人でも、何をどのようにすればいいのか理解しながら買い物できる通販サイト。男性がスマートでかっこよく見える基本のコーディネートを見本に解説してあるので、自分に何が必要か分かりやすいですよ。ファッションアイテムは、きれいめ寄りなカジュアルアイテムがメインを占めます。

 

Dcollectionのアイテム

Dcollection 公式ストア

 

とびきりオシャレな服というより、似合う服を提案するサイト。シンプルでベーシックな服がラインナップ。チャットやLINE相談をはじめ、買いものに関するサポートも充実。

 

PR

 

MONO-MART

モノマート
Photo by: https://www.mono-mart.jp/

 

トレンドのカジュアル服が手に入るプチプラ通販サイト。ベーシックなアイテムより少しトレンドに寄せた服がリリースされてます。ZOZOTOWNでも人気のショップで、MONO-MARTで買った服でコーディネートした写真をWEARに載せてる若者も多いです。

 

モノマートのアイテムのイメージ

MONO-MART 公式ストア

 

若者向けのカジュアルモードなアイテムをリリース。トレンドアイテムの中でも比較的着やすいものが多い。PayPayモールでは、セール品も多く出品されている。

 

PR

 

ZIP CLOTHING STORE

ジップクロージングストア
Photo by: https://www.zipfive.jp/

 

ベーシックなアイテムを基本に置いているが、少しストリート寄りの服が多い通販サイト。適度にトレンドを反映していますが、モノマートと比べると少し上の年齢層向け。ZOZOTOWNや楽天で大人気のストアです。

 

ジップクロージングストアのアイテムのイメージ

ZIP CLOTHING STORE 公式ストア

 

マークゴンザレスやベンデイビスなどストリート、ワーク、アウトドアブランドを提供しているセレクトショップ。ZIP FIVEというプライベートブランドは、セレクトブランドでは手が届かないデザインのアイテムを安く提供。

 

PR

 

カジュアル系のおすすめブランド5選

カジュアル系のブランドの中でも手が届きやすく、実際に合わせやすいベーシックな服を中心に取り扱っているブランドを厳選しました。

 

BEAMS LIGHTS

BEAMS LIGHTSのロゴ
Photo by: https://www.beams.co.jp/beamslights/

 

BEAMSは、ハイブランドを取り扱うセレクトショップです。そこから、オリジナル商品に特化してできたプライベートブランドがBEAMS LIGHTS(ビームスライツ)。シンプルかつ遊び心が入ったカジュアルアイテムが手の届きやすい価格でラインナップ。芸術性が高いカジュアルアイテムが揃うビームスより上品でコーディネートしやすいアイテムが揃っています。

 

ビームスライツのアイテムのイメージ

BEAMS LIGHTS アイテム一覧

 

2007年にビームス社が立ち上げたオリジナルブランド。20代〜40代くらいまで幅広い年代で着れるオーセンティックで上品なカジュアル服をリリース。

 

PR

 

UNITED ARROWS green label relaxing

green label relaxingのロゴ
Photo by: https://store.united-arrows.co.jp/shop/glr/default.html

 

ユナイテッドアローズのトラディショナルな価値観をお手頃価格で提供しているセレクトブランド。オシャレな家族向けにぴったりな服が置いてあり、メンズ服は20代から30代、40代と幅広い年代のパパからも人気。シンプルかつ合わせやすいカジュアル服がリリースされていて女性ウケもいいです。

 

green label relaxing のアイテムのイメージ

UNITED ARROWS green label relaxing アイテム一覧

 

UNITED ARROWSの派生ブランド。UNITED ARROWSや同じくUNITED ARROWSの派生ブランドであるBEAUTY&YOUTHと比べて、オリジナルアイテムの比率が多いのも特徴。

 

PR

 

THE SHOP TK

THE SHOP TKのロゴ
Photo by: https://store.world.co.jp/s/brand/the-shop-tk/

 

ハイブランドのTAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)から直接派生した大衆向けのブランド。カジュアル寄りなジーニングスタイルに適したアイテムがリーズナブルな価格で置いてあります。タケオキクチの影響もあるので、キレイめな服も多く混在。年相応の大人っぽいカジュアルスタイルをするのにうってつけのデザインが多いですよ。

 

THE SHOP TKのアイテムのイメージ

THE SHOP TK アイテム一覧

 

適度にトレンドを入れたベーシックなアイテムが多いブランド。ただし、トレンドだけに囚われず長く使えるデザインがメインになっています。汎用性があって初心者でも着やすいのが特徴。

 

PR

 

DoCLASSE

ドゥクラッセのロゴ
Photo by: https://www.doclasse.com/

 

40代、50代向けのカジュアル服を取り扱ってるブランド。中でもイタリアンカジュアル系のデザインが多い。中年以降をターゲットにしているだけあって、通気性や保温性など優れた機能性を重視した服を開発しています。中年になると体型も様々になることを考慮し、サイズが豊富に用意されている。

 

ドゥクラッセのアイテムのイメージ

DoCLASSE 公式ストア

 

全国の百貨店に店舗を構えるブランド。トップが女性ということもあり、女性目線での中年男性がかっこよく見える服をリーズナブルな価格でリリース。

 

PR

 

BANANA REPUBLIC

BANANA REPUBLICのロゴ
Photo by: https://www.bananarepublic.co.jp/

 

GAPの傘下にあるアメカジ初のブランド。アメカジ色が強いGAPと比べて、上品なアイテムが多いのが特徴。どちらかというと、ホリが深い顔立ちでガタイが良い人に似あいやすい服が多い。良い意味でトレンドに左右されない服がリリースされています。

 

BANANA REPUBLICのアイテムのイメージ

BANANA REPUBLIC アイテム一覧

 

上品で長く愛用できるモノづくりをテーマに服をデザインしているグローバルブランド。上質な生地で着心地の良い服をリリースしています。ターゲットとなる年齢層は広めですが、少し落ち着いた服が着たい人向け。

 

PR

 

カジュアル系ファッションで参考になる雑誌

この記事で紹介したようなコーディネートが載ってるファッション雑誌を紹介します。雑誌は、ファッション以外のライフスタイル情報も得られるので服の勉強以外の価値を見出せるメリットがありますよ。

 

FINEBOYS (ファインボーイズ)

カジュアル系雑誌のファインボーイズ

 

 

大学生をメインとした若者向けのファッションやライフスタイルを提案している雑誌。若者が着やすい最新のトレンドを反映したカジュアルコーディネートが載っています。

 

昔よりコーディネートのコツについての情報が詳しくなった印象。服以外にも小物やメンズコスメ、エンタメやアイドル関係も載ってるので娯楽としても楽しむことができますよ。

 

men’s FUDGE(メンズファッジ)

メンズファッジ

 

 

メンズファッジは、ヨーロッパの伝統的なカジュアルファッションを提案している雑誌。使っているアイテムはハイブランドがメインですが、取り入れやすいコーディネートや参考になる合わせ方が載っています。20〜30代におすすめ。

 

smart (スマート)

カジュアル系雑誌のスマート

 

 

ファインボーイズをストリート寄りにしたカジュアルスタイルが載ってる雑誌。女性モデルや人気女優の出演が多く、ファッション以外のエンターテイメントなネタが多いのも特徴。

 

付録がメインになりつつあるので、ファッション情報としては少し薄い気がしますが、補助として読むのはあり(個人的な意見)。

 

雑誌はサブスクリプションが便利でお得

ファッション雑誌って一冊一冊買うと、手間とお金がかかります。収納スペースも取られますしね。

 

私は、仕事上多くの雑誌を読みますので、読み放題サービスを使ってますが、これがすごく便利でした。定額なので、隙間時間にお金のことを気にせず、貪欲にオシャレ知識を吸収できるメリットがありますよ。

 

私が使ってるのは、900誌以上が読める楽天マガジンです。

 

楽天マガジンのバナー

【31日間0円】楽天マガジン 公式キャンペーン

 

900誌以上が月額418円で読み放題のサブスクリプションサービス。様々な有名雑誌が読めるので、もう雑誌をコンビニで立ち読みしたり、Kioskで買う必要はありません。

 

PR

 

カジュアルファッションのまとめ

カジュアルとは、ノットフォーマルのことをいい広範囲に渡ります。この記事では、俗にいうカジュアルファッションをベーシックカジュアルと定義しました。

 

そして、ベーシックカジュアルは、合わせるアイテム・色・シルエットの基本を守ることが大事でした。コーディネートは、選ぶアイテムにセンスが左右されるので、初心者がオシャレに見せるのは少し敷居が高いかもしれません。

 

コツは、シンプルなカジュアルアイテムを組み合わせ、全体の色のトーンを気を付けること。シルエットは、体型カバーとトレードオフの関係で調整しましょう。

 

もしあなたが、カジュアル系は少しキツそうだなと感じたら、きれいめカジュアルがおすすめ。下記の記事が参考になりますよ。

 

キレカジ系の記事のキャプチャー

キレカジ系とは?コーデのテクニックとおすすめブランド6選

 

キレカジ系のファッションについて基本知識、コーディネート、ブランド、おすすめ通販サイトについてまとめた記事。

 

合わせ読み

page top