クールビスに使えるおすすめのポロシャツ!

更新日 2018/7/11

 

クールビズに使えるポロシャツの選び方と実際に使えるおすすめ

 

どうも、コーディネータートモです。

 

本格的に、夏入りして、これから2か月半は暑い日が続くと思います。

 

そして、毎年5/1から始まるクールビズに加えて、6/1から始まっているスーパークールビズ期間では、会社の方針にもよると思いますが、基本的にノージャケット、ノーネクタイに加えて、ポロシャツもOKな場合がありますね。

 

特に、営業ではなく、社内での作業が中心のワーカーの方は、シャツより楽なポロシャツが許可されていることがあるだろう。

 

そこで、今回は、スーパークールビズで着れるおすすめのポロシャツを紹介します。

 

 

 

 

その前にどんなポロシャツを選べばいいのか?

 

いくらクールビズで、涼しい格好をしていいよと言われても、社内でダラしなさすぎる格好はすべきではありませんね。

 

クールビズがなかった頃は、ジャケットにシャツ、そして、ネクタイをピシっと着ていれば、誰もがそこそこの格好を保つことができていました。

 

洋服文化が海外と比べて遅れている日本人は、休日の服装が残念になっている人も多い。

 

そうすると、いざクールビズが導入されて、ポロシャツを着てもいいよってなった時に、どんなポロシャツを選べばいいのか分からなくなる人が圧倒的に多くなるのですね。

 

ギクリとした人も多いかもしれませんが、大丈夫!

 

まずは、クールビズに使えるポロシャツの選び方を解説します。

 

色はモノトーン

 

クールビズに使うポロシャツは、あくまでスーツのジャケットやネクタイ、シャツの代替品ということを意識すると、色は、白、黒、濃紺、グレーのようなモノトーンがベストです。

 

ボトムスは、基本的にスラックス。

 

今まで使っていたスーツの下でもいいし、裾にシワができないような夏用のスラックスを選んでもいい。

 

ポロシャツの色は、スラックスに合わせて選べばいいのですが、グレーや黒のスラックスなら、大体どの組み合わせでもサマになります。

 

スーパークールビズでは、チノパンも解禁されてますが、ビジネス用のスラックスの方が動きやすくきれいめな仕様になっているので、そちらを選んだほうがカッコよく見えます。

 

たまに、平気でホワイトパンツやベージュのチノパンをクールビズに使おう!と提案しているサイトさんを見かけますが、よっぽどクリエイティブでフリーな現場くらいしか使えないので間に受けないようにしましょう。

 

ひどいときは、ハーフパンツを提案しているサイトも見かける(汗)。

 

 

襟は台襟

 

ポロシャツは、シャツの代わりのドレッシーなアイテムで、Tシャツとの違いに襟がついていることがポイントです。

 

ポロシャツの襟は、台襟ありやスキッパー、台襟なしのレギュラーカラー、ボタンダウンなどありますが、ビジネスシーンでは、台襟があるポロシャツを選ぶとキチンと感が出ます。

 

ポロシャツの寝てる襟と台襟の比較

 

また、ボタンダウンも襟が立つようにみえるので、使ってもいいのですが、ボタンが両サイドにつく分、少しだけカジュアル(ここでは派手)になるということを理解しておきましょう。

 

ポロシャツでの会議がOKな場合で、目上の人にプレゼンをする際には、ボタンダウンではなく、シンプル台襟の方を選ぶみたいな使い分けをするといいかもしれません。

 

 

デザインは無地

 

クールビズで、ジャケット、ネクタイ、シャツがなくなると、色気を出したいというか、なにかデザインを加えたものを選んだほうがいいのじゃないか?と考えて、ポロシャツの袖や裾にラインが入ったものを選ぶ人がいるかもしれませんが、やめておきましょう。

 

簡単なイメージですが、スーツのジャケットを柄入りのものを選んでいるようなものです。

 

スーツジャケットの柄は、ビジネススーツで勧めれることがないので、理解できると思うのですが、クールビズとなると、私服のイメージが強くなって、混乱してしまう人が多いのかもしれませんね。

 

ラインのほかにも、襟が2重になったものや派手なバイカラー(2種類の色を使うデザイン)は避けてください。

 

デザインは、あくまで無地、できれば光沢感がでる素材や風合いのものを選ぶことができればグットです。

 

 

着丈はベルトが隠れるくらい

 

ポロシャツの着丈ですが、その特徴上、基本的に外に出して着ることになります。

 

そうすると、着丈が長すぎても短すぎてもラフな雰囲気に見えるので、ベルトが隠れるよりちょっと下くらいの着丈のポロシャツを選ぶのが正解です。

 

半袖シャツの場合は、キチンとタックインすることが、着方のマナーですが、その着方は、どうしても体型カバーができなくなってしまいます。

 

ポロシャツの場合は、裾を出すことで、脚と胴の境界線をあいまいにできるので、そこに着るメリットがあるといえるでしょう。

 

 

おすすめのポロシャツ

 

では、クールビズに使うポロシャツの選び方が分かったところで、私からもおすすめを紹介しておきます。

 

これが、すべてではないのですが、参考にしてもらえたらいいなと思います。

 

 

ところで、クールビズ、スーパークールビズの終わりは、どちらも9/30までですね。

 

ポロシャツでもOKなスーパークールビズに関しては、最長4ヵ月で、梅雨明けから着るとなると3ヵ月といった短い期間となります。

 

そうすると、営業先にポロシャツを着ていくなら別ですが、社内で着る分には、高級なブランド品を選ぶのはコスパが悪いし、安すぎなアイテムをあからさま。

 

※ちなみに、営業の場合、相手先の企業がポロシャツについて、寛容でない場合は、例えどんな高級ポロシャツを着ていってもマイナスイメージとなるので、あまりおすすめしません。

 

 

そこで、ハイブランドが1万円〜3万円くらいする中、1万円以下で買えるコスパの高いクールビズにおすすめのポロシャツをまとめました。

 

クールビズでおすすめなポロシャツのブランドは、Harriss(ハリス)。

 

ハリスは、ベーシックスタイルを提案するブランドなので、余計な装飾がない分、品質にフォーカスしているアイテムが多くコスパが高いのです。

 

ポロシャツには、シルケットという綿糸を加工して絹のような艶を出したものがあります。

 

シルケットは、絹の手入れの難しさと価格の高さを補った優秀な加工法でできた繊維なんですね。

 

 

そのシルケットで作られた1枚目のポロシャツ。

 

ハニカム素材のポロシャツ

 

ハニカム シルケットポロシャツ Harriss(ハリス) ¥8,532(税込)

 

ハニカムというハチの巣のような細かい網目で通気性を担保したドレス度の高いポロシャツです。

 

安物特有の襟ボタンの主張がなく、ナチュラルにデザインされています。

 

ボタン選びは、洋服製作で難易度が高いんですが、見事です。

 

シルケットを使っているので、光沢がでるほかにも、シワになりづらく、ストンと裾に向けて落ちるシルエットなので、スラックスとの相性も良いのです。

 

キチンと台襟もあるので、シャツの代わりになるクールビズポロシャツです。

 

ハリスのグレーのポロシャツ

 

ビジネスシーンで、グレーは、上品で落ち着いたイメージを与える。

 

ハリスのネイビーのポロシャツ

 

やや華やかさのある色がネイビーです。

 

女性が魅かれる色でもありますが、ビジネス用にややダークトーンよりになっているのがポイントだ。

 

このポロシャツの販売サイトへ

 

 

2枚目は、同ブランドのボタンダウン襟タイプ。

 

ハリスのボタンダウンポロシャツ

 

TCシルケット 鹿の子ボタンダウンポロシャツ Harriss(ハリス) ¥8,532(税込)

 

ボタンダウンは、印象がやや華やかになる特徴がある。

 

このポロシャツは、TCという綿とポリエステルを混紡したハイブリッド素材を使っており、通気性と速乾性の両方の恩恵を得ることができます。

 

その分、綿糸にシルケットを使っているとはいえ、先ほどのポロシャツと比べて、やや光沢感が落ちます。

 

もちろん、クールビズで使えますが。

 

白のハリスのボタンダウンポロ

 

白は、やや透けるので、ベージュかグレーの肌着(タンクトップがおすすめ)を着用するといいでしょう。

 

多くの人が勘違いするのは、白のアイテムの下に白の肌着を着用すれば透けないと思うこと。

 

白色は、肌とのコントラストが大きいので逆に肌着が目立つのですね。

 

だから、コントラストが少なく、肌より少し濃いベージュかグレーの肌着を選ぶというわけです。

 

ネイビーのハリスのボタンダウンポロ

 

こちらのネイビーもやや濃色。

 

グレーのハリスのボタンダウンポロ

 

グレーは、少し明るいブルーの混ざったような色で、涼しく見えます。

 

このポロシャツの販売サイトへ

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

 

クールビズに使えるポロシャツは、他にもいろいろあると思いますが、このページの考え方を参考にしていただいて、あなたに合ったポロシャツが見つかれば幸いです。

 

では、また。byトモ

この記事が気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです。