クロックス オレンジ メンズ

クロックスのオレンジアイテムを並べてみた!

 

オレンジのクロックスは、ファッションに上手に取り入れると気軽なおしゃれを楽しめる明るいカラーです。
特に大学通いの学生スタイルには楽だし定評があります。

 

その反面、人気で種類が少ないので、サンダルのほかにスリッポンやシューズも合わせて掲載してみました!


CROCS(オレンジ)一覧!

クロックスのクロックバンド オレンジ 11016

 

crocs クロックバンド オレンジ サンダル 11016

 

オレンジのクロックバンドは人気で在庫切れが多いです。基本的に普段履きに便利なデザインになっていると思います。ハーフパンツと合わせて履くと雰囲気良さそう!サイズ感は、それぞれなんでレビューをしっかり確認しましょう。ベーシックなタイプなので、オレンジの他にもカラバリが豊富です。

 

クロックスのビストロ バターリ オレンジ 10100

 

crocs ビストロ バターリ オレンジ サンダル 10100

 

単色のオレンジ色にロゴマークがついたシンプルなクロックス。このビストロ バターリは、トモのおすすめで男らしく履けるクロックスだと思います。基本、履いていて疲れないので作業用として重宝している人も多いみたいですが。上手くファッションに取り入れましょう。

 

クロックスのレトロ クロッグ オレンジ 14001

 

crocs レトロ クロッグ オレンジ サンダル 14001

 

オレンジ×イエローは、少し子供っぽいかもしれませんね。ただ、この形はランニングシューズモチーフなので、サンダルにしては歩きやすいみたいです。滑り感や履き心地は、今までのクロックスに比べてアップした感じになります。カラバリも多いので、歩きやすさで選びたいなら他のカラーも検討してみるといいかも。

 

クロックスのフーバー スリッポン オレンジ 11291

 

crocs フーバー スリッポン オレンジ 11291

 

クロックスの中では珍しく、比較的タイトなサイズ感のスリッポンです。スリッポンなんで当然ですが、通気口がないのでクロックスの通気性の気分で買ったら予想より蒸れるってことになります。なので、春秋のシューズ感覚で選ぶといいかな。サイズをワンランク上で選ぶ人が多いのですが、同じようにしてちょっと大きなサイズになってしまったら、靴下履きで使いましょう。基本的に脱げにくいタイプなのでそれでいけるそうです。

 

クロックスのビーチライン ボート シュー オレンジ 14327

 

crocs ビーチライン ボート シュー オレンジ 14327

 

やっぱりクロックス製品は、通気性が良いんですよね。シューズも通気口がおしゃれな感じに開いていて、夏でも蒸れないし軽い!ただ、多量生産品なので、多少形にブレがある場合があるそうです。くるぶしとかにあたって痛い時は、45度くらいのお湯や蒸気につけると柔らかくなって改善されるらしいんで調整してみて下さい。