メンズ服の悩み解決し隊

男子中学生の秋服コーディネート10選【2021年】

 

最終更新日:2021/10/22 公開日:2016/9/4

中学生男子に着てもらいたい秋服

 

ファッションコーディネータートモ

どうも、コーディネータートモです。今回は、中学生の秋服について、中学生でトップクラスになれるコーディネートを中心にアドバイスを交えながら紹介してくよ!記事を参考に、かっこいい中学生になってくれれば嬉しいです!

 

 

ゆったりしたカジュアルスタイル3選

清潔感があり、シンプルな服装は女子にモテます。しかも、コーディネートが簡単。

 

下の写真は、大きめなストライプシャツに無地のカットソーとリラックスパンツを合わせたシンプルなコーデ。

 

ビッグシルエットストライプシャツを使った中学生のコーデ

 

 

シンプルなので他の人と被りそうですが、明るいアイテムの組み合わせは難しく感じる人が多く意外とねらい目です。

 

気温的にアウターを着ないと寒い時期にはTPOに反しますが、初秋や春の中頃の季節には活躍する合わせ方ですよ。

 

 

シャツの代わりにカーディガンを使うのもありです。

 

ビッグカーディガンを使った中学生のコーディネート

 

 

モヘアのようなふわっとした見た目は、暖かく見えて肌寒い季節にもマッチしますよ。

 

パンツは、少し色味があるものを使うと、さらにコーディネートの評価が高くなる。

 

ベージュのチノパンは、中途半端な太さだとおっさんぽく見えますが、このくらいしっかりとゆったり感が出せれば、今年っぽく見えるよ。

 

 

秋コーデにパーカーは、マストなアイテムですが、今年はゆったりしたものがベスト。

 

パーカーを使った中学生のコーデ

 

 

ただし、単純にサイズアップしたものを選ぶと、だらしないだけに見えるので、オーバーサイズ感がでるようなパーカーを使うといい。

 

例えば、上の写真なら着丈が少し長く設定してあり、前後で長さを変えている。これによって、意図的にゆったり感を演出できるような仕様になっているんですね。

 

こういうアイテムを選べば、トップス1枚でも様になりますよ。

 

ブラックアイテムを使ったモードミックスなスタイル3選

黒系のアイテムをうまく使えば、男心をくすぐるコーディネートがしやすい。

 

ただ、顔に幼さの残る中学生の場合、全身黒にしてしまうと大人っぽく見えすぎて違和感がでます。

 

そこで、適度なカジュアルアイテムを混ぜて、トレンドのゆったり感を出すとサマになりやすいですよ。

 

例えば、センス良く見えそうな英字が入った黒シャツにベージュのチノパンを合わせる方法があります。

 

黒の柄シャツを使った中学生のコーデ

 

 

先ほどもおっしゃったように、中途半端な幅のベージュのチノパンはオッサンが穿く傾向にあるので、写真のようにワイドならワイドとハッキリさせた方がいいです。

 

 

また、ヒョウ柄のモヘアニットを使うコーデもあります。

 

黒系の柄ニットを使った中学生のコーデ

 

 

グレーの同系色を利用して、全身まとまった色の配置にすることで、バランスが取れたコーディネートに見えるんですね。

 

秋ならではのアイテムと色の配色なので、季節感にマッチした抜け目のない雰囲気にすることができます。

 

 

もう一つ、ベージュのワイドパンツを使ったニットコーデ。

 

黒のクロス柄ニットを使った中学生のコーデ

 

 

多くの人が黒パンツを選ぶ中、今年はベージュのワイドパンツが差別化を図るために使われています。アイテム的に、中学生にも扱いやすいので、これを利用する手はありませんね。

 

トップスは、クロスチェックといって大き目なチェック柄を使ってカジュアルなデザインですが、色が黒なので子供っぽくなりすぎません。

 

こういう着方をすれば、中学生ではトップクラスのファッションセンスに見られますよ。

 

スタイルアップを狙ったモテコーデ2選

海外では、筋肉ゴリゴリの男がモテますが、日本では細身でスラっとした男性の方が相対的に女性からモテやすい。

 

それを利用した細身のスタイル。

 

ニットを使った中学生のスタイリッシュなコーデ

 

 

少しゆったり感のあるニットに黒スキニーを合わせただけのコーデ。このコーデに、バッグ系のアイテムを合わせれば知的に見えるモテコーデに変身。

 

黒スキニーのトレンドは終わり、定番アイテムになってますが、女子からしたらそんなのは関係ありません。

 

 

シャツを使ったシンプルコーデもウケがいい。

 

シャツを使ったシンプルでスタイリッシュな中学生のコーデ

 

 

白シャツだと、学生服と印象が変わらないし、秋の季節感がでないので、写真のようなベージュがおすすめ。

 

パンツは、ジーンズを使っていますが、落ち着いた雰囲気に見せるには、トップスが明るい分、暗めにするのがベスト。

 

とても、シンプルで物足りなく感じますが女子ウケは抜群。

 

秋ジャケットを使ったスタイル2選

秋ジャケットは、春の中頃にも使えるアイテムを選ぶと、財布に優しい。

 

例えば、韓国ファッションでトレンドなスタジャンがおすすめ。

 

スタジャンを着た中学生のコーデ

 

 

適度なデザインが年相応のコーディネートを演出してくれます。

 

昔は、スタジャンと言ったらヤンキーが着るアウターだったのですが、派手すぎないのでヤンキーには見られないし、適度なデザインのスタジャンは、ストリートファッションで使われるようになりました。

 

他のアイテムは、シルエットに気を付けてシンプルなアイテムと合わせるのがポイントですよ。

 

 

最後に、定番のデニムジャケット。色は、インディゴでもいいのですが、今回は下にジーンズを使ってるので黒にしました。

 

デニムジャケット着た中学生のコーデ

 

 

デニムジャケットを使うときは、パーカーをインナーに重ね着するのが今年っぽい。

 

パーカーを挟むことで、顔が小さく見える視覚効果でスタイルアップして見えますよ。

 

 

今回は、以上です。

page top