【簡単】かっこいいダッフルコートの選び方とコーディネート

更新日:2019/1/30

 

ダッフルコートのコーディネート

 

このページでは、

 

 

 

  • 「かっこいいダッフルコートはどんなの?」
  • 「どこで買ったらいいのか分からない」
  • 「オシャレに見せるダッフルコートの着こなしが知りたい」

 

 

 

 

ファッションコーディネータートモ

このような疑問に、ファッションコーディネーターであるトモがお答えしていきます。

 

この記事を読むことで、自分が望んだダッフルコートを選べるようになり着こなし方が完全に理解できると思います。

 

かっこいいダッフルコートの選び方、そしてオシャレに見える服の合わせ方は、ダッフルコートのメリット・デメリットを理解することが必要不可欠なので、そこから話を始めていきますね。

まずデメリットを理解する!

 

ダッフルコートのデメリットは、デザインが子供っぽく見えやすいこと。

 

その理由となるデザインは、フードとトグルボタン、そして袖留めにあります。

 

ダッフルコートのフードとトグルボタンのデザイン

 

また、学生の通学用アウターとして使われることが多いので、イメージ的にも多くの人から子供っぽいと認識されているといった理由もあるでしょう。

 

学生用のダッフルコートの例

 

出典:https://item.rakuten.co.jp/suteteko/kn3412m/

 

とりあえず着るだけっていうのなら簡単ですが、かっこいい&オシャレに見せるには、子供っぽく見える特徴を緩和させる必要があるということを理解しておきましょう。

 

 

次にメリットを理解する!

 

フードやトグルボタン、袖留めといった子供っぽく見えやすいデザインは、デメリットになりうると同時に、他のアウターと差別化できるメリットにもなります。

 

他の男性がみんなシンプルなロングコートなら、個性あるオシャレさんを演出して差別化できますね。※1

 

ダッフルコートとシンプルコートを比較すると希少性がある

 

※1オシャレに興味がある人を母数とした場合の話です。

 

みんなと同じ=定番

 

周りに理解される程度で差別化する=オシャレ

 

これがオシャレの鉄則です。

 

また、アイドル顔の人なら、子供っぽい、可愛いといった特徴を利用した着こなしにするとサマになります。

 

実際にそうやってダッフルコートを着て女子ウケを狙ってる奴はいましたね。

 

女性は本来可愛いものに魅かれる傾向にあるので、それが似合っていれば興味を持たれる可能性がアップしますよ。

オシャレに見せるダッフルコートの着こなしの法則

自分のビジュアルがアイドルのような可愛い系の人なら、ダッフルコートのイメージをそのまま利用して、オシャレに着こなすといいでしょう。

 

そうでない人は、ダークトーンのダッフルコートを選び、大人っぽいアイテムと合わせるとカッコよく見せることができます。

 

大人っぽい雰囲気=頼りになる・頭が良さそうってイメージがありますから、第一印象は良くなるでしょう。

 

着こなしの基本的なポイントですが、着丈が短いダッフルコートならIラインシルエット、ロング丈ならYラインシルエットでメリハリをつけるように意識すると、さらにオシャレに見えますよ。

 

ダッフルコートのIラインとYラインシルエット

 

では、大人っぽく・可愛く・オシャレに!の3つの着こなし方ついて実際に見ていきましょう。

 

大人っぽいきれいめコーディネート

 

大人っぽくコーディネートするコツは、ダークトーンのダッフルコートを選びモノトーンのアイテムと合わせて、アイテムの色を3色以内に抑えることです(同系色の色は1と数えてもOK)。

 

※ダークトーンとは、原色に黒を加えていってできた色です。

 

原色に黒を加えてできたダークトーンの例

 

コーディネート例

 

ベージュのダッフルコートのコーディネート

 

先ほどお話ししたとおり、明るいベージュを避けて、やや暗みがかったダークトーンのベージュを使ってます。

 

写真で使っている色は、ベージュ・黒・白で3色以内に抑えています。

 

色を抑えて上下細身なIラインシルエットにするだけで簡単に大人っぽい雰囲気を作ることができるんですね。

 

ダッフルコートの色は、ダークトーンであれば他のどんな色に変えてもオシャレに見せることができるので応用が利くと思います。

 

こう考えるとそんなに難しくないでしょ?

 

 

ロング丈にしてもシルエットが変わるだけで同じ色使いをすれば大人っぽいコーデができますよ。

 

ネイビーのロング丈のダッフルコートのコーディネート

 

使っている色は、白・黒・グレー・ネイビーの4色ですが、グレーはほとんど白っぽいペールトーンなので同系統で1色とみなして大丈夫でしょう。

 

そう考えれば、絶対に3色以内にしなければオシャレに見えないということではないことが分かっていただけると思います。

 

 

下の写真も似たような考え方です↓

 

ベージュのロング丈のダッフルコートのコーディネート

 

出典:https://wear.jp/hachimitsumottekoooi/13949439/

 

ベージュのダッフルコートは、普通に明るめですがインナーとボトムスがモノトーンであることと、グレーに近い色である白の面積がほんの少しなので4色使われていてもうるさく感じません。

 

むしろセンスがいいなって評価されるでしょう。

 

少し明るい雰囲気を出したい人におすすめですよ。

 

 

一つ注意点として、ロング丈のダッフルコートを選ぶときは、学生が着るような印象がついたデザインを避けるようにするといいです。

 

学生っぽく見えるデザイン↓

 

子供っぽく見えるダッフルコートのボタンのデザイン

 

トグルボタンを受けるループの皿の革部分が大きいデザインは、学生用のダッフルコートによく使われています。

 

学生用のダッフルコートはロング丈が多いので、革部分が大きいデザインだと通学用といったイメージが先行するので避けた方が良いという理由になります。

 

特にアラサーとかで童顔に見える人は、ガキっぽく見られるので注意した方がいいかもしれません。

 

 

可愛い系のコーディネート

 

アイドル顔なら、下の写真のような可愛い雰囲気のコーディネートにする方法もあります(上級者向け)。

 

可愛いメンズダッフルコートのコーディネート

 

出典:https://wear.jp/taisei0405/13951610/

 

トップス幅大、ボトムス細めなメリハリのあるYラインシルエットの基本を押さえておけば、子供っぽく見られにくいです。

 

同系色だけど原色を使ったインナーのニット、そして重ね着でシャツをチラ見せさせて・・・かなりオシャレに見えますね。

 

普通、服に原色を使うと、子供っぽく見えたりヤンチャに見えるのですが、コートと同系の原色であることと、ロングコートの面積が大きいのでインナーの色が強くても限定的に見えるのでバランスがとれるんですね。

 

だから短い着丈のダッフルコート同じことをやろうとしても、色面積のバランスが取れず、原色が主張されすぎて子供っぽく見えてしまうので注意してくださいね。

 

この絶妙なバランスを取るのがファッションの楽しみ方でもあるのです。

 

 

オシャレなキレカジコーディネート

 

中級者向けの着こなしで、ダッフルコートをカジュアルなアイテムと合わせて使う方法があります。

 

普通の人が一番思い浮かべやすい合わせ方ですが、元々子供っぽく見える特徴のあるダッフルコートをむやみにカジュアルアイテムと合わせると、バランスが崩れておかしくなるので注意が必要ですよ。

 

もし、街でちょっとダサいなって思うダッフルコートの着方をしている人がいたら横目で観察してみてください(貶めるためでなく勉強のため)。

 

カジュアルアイテムとの組み合わせが悪いことが多いので。

 

パンツをカジュアルアイテムに!

 

グレーのダッフルコートを使ったコーディネート

 

ニット+ジーンズのキレカジスタイルの上から、ダッフルコートを羽織った着こなしです。

 

ニット+ジーンズできれいめ:カジュアルが6:4くらいのバランスだったところ、同じように6:4くらいのアイテムであるグレーのダッフルコートを使ったことで上手くバランスがとれたコーディネートになっていますね。

 

とはいえ、全体が少し地味な印象なので、靴下にオレンジでアクセントをつけているところなんかは、今年らしい合わせ方です。

 

これを実際やってる人は少ないと思うんで、冬なら暖色系の靴下を使ってみると周りと差別化できそうですね。

 

 

ちなみに、キレカジファッションのきれいめとカジュアルのバランスは、7:3くらいが日本人にベストと言われていますが、22歳以下の人なら6:4くらいの方がしっくりくることが多いです。

 

自分の年齢に合わせて、バランスを調整してみてくださいね。

 

 

最近では、ワイドパンツが流行ってますが、ジーパンのワイドパンツは、90年代のヒップホップファッションを連想するので趣味が違う人は避けたほうが良いでしょう。

 

90年代のヒップホップのファッション

 

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/dj-dreams/dpjt045.html

 

カジュアルなアイテムを合わせた分、シルエットは細身がベストですよ。

 

 

インナーにカジュアルアイテムを持ってくる!

 

ベージュのダッフルコートを使ったカジュアルなコーディネート

 

先ほどと逆の合わせ方で、インナーにデニムシャツ、ボトムスに黒パンツとキャンバスーシューズできれいめとカジュアルのバランスが6:4で合わせたコーディネートの上から、ベージュのダッフルコートを羽織ってます。

 

インナーは、カジュアルアイテムならデニムシャツでなくても、サマになりますよ。

 

例えば、トラディショナルなチェック柄のシャツを使うのもありでしょう。

 

トラディショナルなチェックシャツ

 

出典:https://item.rakuten.co.jp/jf-clothes/010103-1140703-j-0643vhc-2/

 

靴下と同様、ちょっと目立つようなアイテムを使ってオシャレに見せるのが今年のトレンドなんですね。

 

失敗しないダッフルコートの選び方

ここまで読んでいただければ、自分が選ぶべきダッフルコートの検討がつきはじめたのではないでしょうか?

 

よく分からなかった人とのために、あらためてまとめてみますね。

 

ダッフルコートの選び方は、4つのポイントを確認して選ぶと失敗しません。

 

 

@ミドル丈orロング丈

 

ダッフルコートの丈の長さはミドルとロングのどちらにするか?

 

はじめに考えるポイントは、丈の長さです。

 

ロングなのかミドルなのか。

 

長さは、防寒だけでなくシルエットや季節的なイメージにも影響します。

 

私が選ぶなら、Yラインシルエットでスタイルアップさせる予定ならロング丈、春先や晩秋の肌寒い時期に着る予定ならミドル丈を選ぶと思います。

 

Aデザイン

 

次に、デザインを確認するのですが、ここまで何度も主張してきたように、街着で着るなら学生用のダッフルコートのようなデザインを避けます。

 

スクール用のダッフルコート↓

 

学生用のダッフルコートの例

 

出典:https://item.rakuten.co.jp/suteteko/kn3412m/

 

現在、学生の人でもオシャレなダッフルコートを選びたいなら避けたほうがいいでしょう。

 

同時に使えるからといって、オシャレ着と通学用をごっちゃにするのはTPO的にもよくありません。

 

 

そして、初心者はなるべくシンプルなデザインを選んだほうがいいでしょう。

 

初心者がダッフルコートを選ぶデザインの基準

 

デザインを見るポイントは、ボタン周り・フード・ポケット・袖です。

 

過剰なデザインなものは避けて、服の合わせ方を工夫したほうがオシャレに見えやすいのです。

 

 

少しコーディネートが上手になってきた人なら、デザインに凝ったダッフルコートを選んでもいいのですが、大きさで主張するデザインではなく、小さいけどやや特徴のあるデザインを選ぶことに重点を置くと失敗しません。

 

 

B色

 

色は、好みによりますが、ダークトーンを選んでおけば間違いないでしょう。

 

原色に黒を加えてできたダークトーンの例

 

ダークトーンでもベージュ系は若い人、黒はどんな年代でも合わせやすく、ダークグリーンやワインレッドなんかは渋く着たい人におすすめです。

 

 

C素材

 

素材はウールかポリエステルのどちらかをメインにしているものが多いですが、ウールの方が値段が高くて暖かい傾向にあるが、最近では安価なポリエステルの品質が上がってきてそんなに変わらないって状況です。

 

見た目もそんなに影響することはないですね(実際見分けがつきにくい)。

 

お店で購入するなら、一度羽織ってみてサイズ感だけでなく、暖かさや重さも比較してみるといいでしょう。

 

通販サイトでの購入は、暖かさや重さを実際に比較することができないので、寄せられたレビューで確認するといいですよ。

 

 

以上でダッフルコートの選び方とオシャレな合わせ方のお話しは終了です!

この記事が気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです。