【簡単なメンズ服の選び方】自分に似合うファッションが分からないという悩みが解決します【初心者向け】

更新日:2019/6/7

 

似合う服が分からない男性の対処法

 

この記事は、下記の悩みを持つ男性向けに書きました。

 

 

 

  • 自分に似合う服が分からない
  • どんな服を買えばいいか分からない
  • 服選びのコツを教えてほしい

 

 

 

記事を読むことで、自分に似合う服が分からない人がどんな服が自分にあうのか分かるようになる具体的な方法を知ることができます。

 

しかし、ある情報を一つ読んで明日から急に自分に合う服が選べるようになった!なんてことはあるはずがありません。

 

服選びの基準となる知識を知り、実践していくことで自分に似合う服が分かっていくようになるんですね。

 

ファッションコーディネータートモ

トモも服に関心を持つまでは、自分に似合う服がどんなのか分からなくて悩んだ時期がありました。

 

その悩みを解消した体験と服のアドバイスをしている経験に基づき記事をまとめましたので納得のいく内容になっていると思います。

 

はじめにネタバレすると、誰もが似合うシンプルアイテムを基準に、メインとなるトレンドアイテムを一つ足すことから始めることで、リスクを冒すことなく自分に似合う服が分かるようになってきます。

 

※記事を読むための前提知識

 

自分に似合う服が分かるようになるための前提条件として、ファッションの基本を知っておく必要があります。

 

なぜなら、上手に服を選べてもシルエットがおかしかったり、基本的な色の考え方が分からないため、偏った色の服を選んでしまうと、この記事の知識が活かせないからです。

 

また、自分がするべきファッション系統について悩む人もいるかもしれませんが、洋服の合わせ方の根本的な考え方が分かっていないから悩んでしまうのです。

 

もし、あなたがファッションの基本について知識がなければ、『【簡単】メンズファッションの基本!センスなしで周りから認められるくらいオシャレになる方法【基礎を完全習得できます】』という記事から読み始めることで解決できます。

 

ファッションの基本については、読んで理解するだけで即実力が付きますので、そちらを読んでからこの記事を読んでいただくと理解が深まりますよ。

シンプルでベーシックなアイテムから揃える

 

どんな服が自分に似合うか分からない人は、はじめに誰でも似合う服から揃えていくと上手くいきます。

 

例えば、スーツというものは、きれいなシルエットなものを選び、正しいサイズの合わせ方を知っていれば誰でも似合うアイテムです。

 

ビジネスの世界では、スーツがスタンダードですが、カジュアル着にはビジネスシーンのような基準がないので悩むんですね。

 

そこで、あえて誰もが似合うカジュアル着のフォーマットを挙げるとすれば、シンプルでベーシックなアイテムになります。

 

シンプルでベーシックなアイテムの特徴は、例外はありますが、無地・モノトーン(白・黒・グレー)でデザインされたものです。

 

それは、誰もが似合うというメリットのほかにも着回ししやすい特徴があるので、一石二鳥にもなるんですね。

 

逆に、デザインがついているアイテムから揃えてしまうと、似合う人と似合わない人に分かれたり、着回しの幅が狭まってしまうのでおすすめできません。

 

シンプルベーシックなアイテム

 

具体的な例を挙げると下記のアイテムになります。

 

春夏

  • モノトーンのTシャツ
  • 黒の革靴
  • モノトーンのスニーカー

 

秋冬

  • 黒のロングコート
  • 黒のテーラードジャケット
  • モノトーンのニットorスウェット

 

通年

  • 黒の細パンツorスラックス

 

これらのアイテムは、誰にでも似合うアイテムなので、ここから揃えておくといいですよ。

 

ただし、これらのアイテムだけでも無難なコーディネートは可能ですが、多くの人が物足りないと感じるでしょう。

 

このシンプルでベーシックなアイテムだけでコーディネートした服装は、スティーブ・ジョブズが愛したノームコアというのですが、以前に流行ったスタイルでした。

 

コーディネート例

 

ノームコアだけでは、少し古いイメージになるので、後で対処法をお話しするのですが、誰にでも似合うアイテムであることのイメージを掴んでもらうためコーディネート例を挙げておきますね。

 

白Tシャツ+黒のスキニーパンツ+スニーカーを使った最もシンプルなコーディネート↓

 

白Tシャツと黒パンツを合わせたノームコアスタイル

 

このスタイルは、カジュアル着の基本コーディネートと考えてもらっても差し支えありません。

 

ファッションに関心がないと、ついつい白Tシャツにジーパンを持ってくるんですが、黒の細パンツを利用することで野暮ったく見えません。

 

このスタイルは、どなたでもサマになります。

 

このシンプルなスタイルに小物を足せば、それなりの雰囲気を出すこともできますよ↓

 

ノームコアに小物を足したメンズコーデ

 

テーラードジャケット+白Tシャツ+スラックス+黒革靴で、シンプルなセットアップコーデもできます↓

 

メンズの黒のセットアップコーデ

 

セットアップコーデがキメすぎだなと思えば、カジュアルな小物を足してバランスをとってやればOK!

 

セットアップに小物を足したメンズコーデ

 

このように、シンプルなベーシックアイテムを使うだけでも、そこそこコーディネートできそうですね。

 

ここでは、簡単にベーシックアイテムの解説をしましたが、もう少し詳しく知りたい人は下記の記事で解説しています。

 

関連記事【コーデあり】ファッション初心者が始めに手に入れると簡単にサマに見えるベーシックアイテム9選

 

次から、ベーシックアイテムにトレンドアイテム足して、自分に似合うかどうか恐る恐る確認していく方法をお話ししていきますね。

トレンドアイテムを1点加えてみることから始める

 

先ほどお話ししたように、誰にでも似合うノームコアだけでは、古い印象になってしまいます。

 

そこで、季節アイテムやトレンドアイテムを1点加えることから始めると、似合う服が分かってくるしハズさない服装ができます。

 

トレンドアイテムを取り入れると、はじめは慣れてないので、これでいいのかなと抵抗があるかもしれませんが、ベースがノームコアなので自分がいいと思ったコーデでガンガン出かけていきましょう。

 

たとえ、似合ってないアイテムを掴んでしまっても1点ずつ試していってるので、トレンド服のまとめ買いをしてハズしたときのような損失はこうむりません。

 

コーディネート例

 

では、シンプルベーシックなアイテムに、2019年6月時点のトレンドアイテムを1点加えて、コーディネート例を挙げいきますね。

 

今期は、久方ぶりに半袖シャツがトレンドになっているのですが、オープンカラーシャツ、総柄シャツ、ストライプシャツなど様々なアイテムがでています。

 

白Tシャツ+黒スラックス+スニーカーに総柄シャツを羽織ってみた↓

 

ベーシックなコーデに総柄シャツを足した

 

初心者がベーシックコーデから、少し冒険してみたイメージでコーデしました。

 

総柄といっても、黒ベースなので大きな冒険ではありませんね。

 

このように、ベースがしっかりしていれば、踏み出し方が分かってくるんですね。

 

 

また、若い人なら周りと差別化しつつ、かっこいいスタイルにしたいですね。

 

少し明るめなトレンドのオーバーサイズストライプシャツを使ってみました↓

 

【メンズ】自分に似合う服の選び方【何を買えばいいか分からない】

 

これも先ほどと同じベーシックアイテムかと言えば、少し違って、スラックスを黒のスキニーパンツにしてスニーカーを黒の革靴に変えています。

 

ストライプシャツがオーバーサイズなので、黒スキニーでY型シルエットを作り、明るいストライプ柄なので、スニーカーを革靴にしてきれいめに寄せました。

 

これは、冒頭に読んでおいてほしいと話した『【簡単】メンズファッションの基本!センスなしで周りから認められるくらいオシャレになる方法【基礎を完全習得できます】』という記事の内容を踏まえてコーデしていますが、ベーシックコーデ+トレンドアイテム1点という図式は変わらないので理解できると思います。

 

 

さらに、黒スキニーと黒の革靴だけ残して、トップスの白Tシャツを変えるだけでも雰囲気をガラリと変えることができますよ。

 

黒パンツにバスクシャツを合わせたコーデ

 

バスクシャツは、フレンチカジュアルに良く使われるトップスなんですが、シルエットがきれいで少し色気のある雰囲気を出すことができるんで気に入ってます。

 

白以外のトップスを使えば、雰囲気を変えることができるのですが、大人っぽい雰囲気や秋冬っぽい雰囲気にしたい場合は、ダークトーンを選び、春夏っぽい雰囲気にしたいなら、ペールトーンを選ぶといいですよ。

 

真っ青とか真っ赤のような原色系の色は、非常に子供っぽく見えて扱いづらいので、初めのうちは選ばないほうが失敗しません。

 

実は、ここまでの色の合わせ方は、基本通り、モノトーン+1色で構築していることも見逃さないようにしてくださいね。

 

もう一つくらい例に挙げると、ベーシックなコーデの上からロングカーディガンを羽織ることもできます。

 

ベーシックなコーデにロングカーディガンを足した

 

オーバーサイズトレンドで、ロングカーディガンも名乗りを上げたんですね。

 

春秋でもY型シルエットで体型カバーができるし、ベーシックスタイルに羽織るだけで簡単にできちゃいましたね。

 

もちろん、慣れてくればベーシックアイテムとか関係なく、自分に似合う服が分かってきますが、はじめはこのようなイメージで服を合わせていくと、誰でも簡単に問題が解決できてきますよ。

 

 

ベーシックなコーデに、トレンドアイテムを1点組み合わせる方法は、トレンドが変化しても似合う服が分からない人が1歩踏み出すために有効な技術です。

 

あなたがファッションを覚えた後、自分に似合う服が分からない友達がいたら、教えてあげるとあなたの株が上がるかもしれませんね。

 

そして、最後に問題なのが、そもそも最近の流行りが分からないということです。

 

ファッション初心者なので、雑誌を読んでも、いまいち掴みきれないでしょう。

 

トレンドについては、このサイトでは『トモのメンズファッションコーディネート』という記事でコーディネートに1つ1つに詳しい解説つけていますので、そちらをご参考にトレンドを掴んでください。

 

なんとなくこんな感じの服がトレンドなんだなあ程度に、毎回見ていけばなんとなくアンテナを立ててることになりますので。

 

また、ツイッターやインスタグラムでは、文字の都合上、簡単なアドバイスになっていますが、毎日コーディネート写真を載せていますので、最速で確認したい人や服を買う前に参考にしたい人などはお気軽にフォローしていただくとトレンドが分かるようになりますよ。

 

 

以上で、自分に似合う服が分からない人の対処法のお話しを終わります。

 

もしあなたが、今すぐオシャレに見せやすい服を探したいなって思ってるなら下の”ファッションアイテムを検索”のフリーワードに「#初心者におすすめ」を入れて検索するとトモの厳選アイテムがでてきますので参考になると思います。

 

人気記事メンズファッション通販ランキング【コーディネーターのおすすめ】

ファッションアイテムを検索リセット
詳細検索
この記事が気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです。