メンズ服が何を選べばいいか分からない!という悩みを今日中に解決して差し上げよう!

初心者のファッションアイテムの選び方

 

どうも、メンズファッションコーディネーターのトモです。

 

今回は、メンズファッション塾2回目。

 

前回の記事『初心者が知ってると差がつく!メンズファッションの基本』を読んでもらって、さっそく服を買ってみたいって人が増えたと思う。

 

しかし、今までファッションについて、深く考えてこなかった人が、急におしゃれなファッションアイテムを探そう!といっても無理があると思う。

 

 

というわけで今回は、超初心者に役立つファッションアイテムの選び方をよくある悩みを照らし合わせながら解説した。

 

また、てっとり早く誰でも簡単にカッコよくみられるように、初めて服を買うなら、これが良いというものを根拠を示して厳選しておきました!

 

このページで、ファッションの隠れ難民を少しでも救済できたらいいと思う(トモも昔はその一人だった)。

 

スポンサードリンク

メンズスタイルの広告

 

 

 

 

あなたがどんな服を買えばいいか分からない理由

 

ファッション初心者の悩みで一番多いのは、「俺にはどんな服が似合うんだろう?」という疑問です。

 

グーグルの検索キーワードやヤフー知恵袋の質問でも非常に多い。

 

トモは、そういう人に、「まず、ベーシックな王道スタイルから入るといいよ!」とアドバイスしています。

 

ところが、ベーシックスタイルと言わても、カジュアル系かな?きれいめっぽい感じかな?と迷ってしまったり、もしかしたら、良く分からないって人もいるかもしれませんね。

 

 

だから、もしあなたが、「俺にはファッションにこだわりがないから手っ取り早くオシャレに見える雰囲気にしてくれ!」というなら、トモは、迷わずキレカジ系をすすめます。

 

 

なぜなら、日本人の体型の特徴は、洋服文化が発達している西洋人と比べて顔立ちが童顔で、体型が胴長短足な人が多いことから、少しきれいめ系のアイテムを多めに使ったキレカジ系がてっとり早くオシャレに見せることができるからなんだ。

 

 

それで、トレンドの傾向によって、カジュアルアイテムをミリタリーやスポーツ系アイテム、または、山系やワーク系のアイテムなどに変換しながら、自分が好きな服やすごく似合う服を見つけていくのが上達の近道かな。

 

 

前回もお話ししましたが、おしゃれ着の基本は、違うシーンで使うアイテムをミックスさせて、

 

 

 

「俺はこんなところで着る服をこうやっておしゃれ着に使ってるんだぜっ!どうだ!」

 

「おっ♪その合わせ方いいねえ、おまえっぽいよ!」

 

 

 

みたいに競争ではないけど、ライフワークの一つとして、話の種にしたり、自分自身も楽しい気分になることだと思います。

 

自分に合う服が分からない初心者は、今まで、そういう考え方をしたことがなかったので、迷うだけなのです。

 

だから、初めは、簡単にサマに見えて、ファッションの基礎を学びやすいキレカジ系がおすすめなんですね。

 

下記の記事では、初心者がまず覚えておきたいキレカジ系について詳しくまとめておきました。

 

 

 

スポンサードリンク

きれいめ通販サイトSPUの広告

 

 

良いと思って買ってみたのに全然似合わない理由

 

あなたは、服を買う時に、どのような考え方で選んでいますか?

 

初心者で一番多い選び方の例を出すと、

 

 

 

「おっ!このギザギザのデザインかっこいいやん!」

 

「このカラフルなチェックデザインなら、他の人と被らないな!」

 

「このブランドは、雑誌に載ってたし絶対やろ!」

 

 

 

このように、アイテム単体で服を評価して買ってしまうことです。

 

 

しかし!ここで声を大にして言うが!

 

 

服を買うときに、重要なのは、どのような着こなし(合わせ方)をするのか考えて選ぶこと!です。

 

 

先ほどの例で言うと

 

 

 

「おっ!このギザギザのデザインのトップスは、黒パンツと合わせると斬新だな!」

 

「このカラフルなチェックデザインを服の一部に使えないかな?」

 

「このブランドは、雑誌に載っていたけど、今シーズンはどんな動きだろうか?」

 

 

 

このような思考にならないと、買った後、ほとんど着ることがなくタンスの肥やしになってしまいます。

 

もちろん、今まで服の選び方さえ知らなかった人がいきなりこんな風に思考を変えろと言われても無理がありますから、とりあえずここでは、こんな考え方が大事なんだなと思って読み進めてください。

 

ちなみに、服のコーディネートの基本については、下記のページから学ぶことができます。

 

 

 

そして、あなたがなんとかコーディネートを気にしながら服を買えるようになったとする。

 

その時、考えることは、着回しについてです。

 

今回買おうとするアイテムが今持っているアイテムと組み合わせたところをイメージすることによって、コーディネートが成立するか考えることを”着回しを考えた服選び”といいます。

 

服が好きで好きでたまらなく、自分の持っているアイテムと合わせることができない斬新な色やデザインのアイテムを買って、新しいコーディネートを発案したいなら別ですが、普通の人は、服にかけられるお金が決まっているので、着回しを考えた買い物は、経済的にも優しいのです。

 

初心者の人は、はじめは、最低でも2パターンの着回しができるか考えながら買い物するといいですよ。

 

慣れてくると、どんどん着回し力が上がって、頭の中で化学反応が起きるように服の着回しのアイデアが浮かぶようになってきます。

 

これは、ファッションセンスのある人が持つ特別な特権ではなく、ファッションについて学んでいく上で、必ず到達する領域なのでご安心ください。

 

そうなってくると、あなたは、特別ファッションが好きと思わなくても、なんとなく楽しい気分になっているはずでしょう。

 

 

補足ですが、服の着回しや選び方のレベルがまだまだでも、早く自分を変えてみたいって人がいるかもしれませんね。

 

また、持っている服が何年も前のものなので、まずは、全部新しく変えたい人もいるかもしれません。

 

そういう、少し緊急性の高い状況にある人は、通販サイトの着こなしを真似すれば簡単に無難なおしゃれコーデを手に入れることができます。

 

通販のセレクトショップを使えば、価格も安いので全身コーデなど比較的、低価格で揃えることができるんだ。

 

逆に、経験があるかもしれないが、ファッション雑誌のコーディネートを真似しようとすると、服自体が高いし、モデルにはあってるが自分がすると変な風になってしまうのでは?という不安がでると思う(これは、本当にそうで、いわゆるアーリーアダプター層が取り入れる最新のファッションが多いので初心者が失敗しやすいのだ)。

 

その点、通販のセレクトショップでは、売れ残りが一番怖いので、売れ筋アイテムを少しずつトレンド寄りに調整しながら残し、定番アイテムを中心に営業して、全くのトレンドアイテムを少しずつ試していくという販売スタイルをとっているので、初心者でもアイテム選びに苦労しない。

 

初心者で、どの通販サイトで買えばいいのか分からない人もいると思うので、ざっくりとした年齢別に全身のコーディネートがそのまま手に入る通販サイトを挙げておく。

 

初心者でも簡単に着こなしが真似できる通販サイト

 

ただし、まるごと真似してもそれ自体があなたにあってないものだと失敗する可能性もあるので注意が必要だよ。

 

また、もう少し、細かく自分の特性にあった通販サイトを知りたいって人は、当サイトでも人気がある下記の記事が参考になります。

 

 

 

絶対に失敗しない服の買い方

 

コーディネートと着回しを考えながら、ベーシックアイテムを中心に買い物を進めることで、初心者でも失敗する可能性は少なくなるだろう。

 

だが、まだ服選びについて注意する点がある。

 

それは、サイズ選びと服を構成する素材の違いによる見え方や着心地だ。

 

特に通販で買い物するときには、役立つ知識となる。

 

サイズ合わせは、ファッションの基本でそのアイテムのシルエットが一番でてくるポイントとなる!

 

実は、ファッションでサイズを間違えて失敗したっ!ていうのが多くを占める失敗の要因になっているんだ。

 

また、それすら気付いてなくてなんかしっくりこないって感じてる人もいると思う。

 

特に通販サイトでの買い物で慣れないうちは、サイズをしっかり吟味してから決断に至りましょう。

 

サイズで失敗したら、トモのアドバイスが台無しになってしまうので、下記のページで、サイズで失敗しないように、服のサイズの測り方をまとめておいた。

 

関連記事

 

初心者が始めに揃えるべき服は?

 

今まで、ファッションに興味を持て!外見が大事だ!みたいなことを語ってきたんだけど、ファッションにどうしても興味がない人は、無理に興味を持つ必要はない!

 

基本、買い物などを楽しみながら服を選んだりすると、いろんな情報が入ってくるので、ある程度流行りとかに敏感になっていくもの。

 

嫌々ファッション情報を見ているとその情報が、なかなか頭に入ってこないので見ている時間が苦痛にしかならないんだよねえ。

 

だから、ファッションに興味がなくて今まで真剣に悩まず服を買ってきたけど、オシャレな格好がどうしても必要なので、手っ取り早くオシャレに見えるアイテムがほしい!って人のためにトモがアイテムごとの選び方と初心者はこれを買っとけば間違いなしっていうアイテムを厳選しておいた!

 

もちろん、今までアドバイスを聞いてよく分からないって人向けでもあるけど、、。

 

では早速、ボトムスの選び方からお話しする!

 

というと、早速こんな声が飛んできそうですね↓

 

 

 

「えっ!?なんで下から話をするんだよっ?」

 

「服の印象って大体上の服で決まるだろうが?」

 

「おまえはただの素人か?」

 

 

 

と思うかもしれないが、ちょっと待って!

 

 

実は、見た目の印象って7割くらいは、下半身で決まるんですよ。

 

 

その証拠に、例えば、ダサいパーカーでも黒のスキニーパンツとベージュのチノパンを合わせた場合、黒パンツは、ビジカジに見えて大人っぽいけど、チノパンの場合は、その辺をぶらついてる兄ちゃんって感じに見える。

 

チノパンと黒パンツの見た目の変化

 

写真を見れば一目瞭然。パンツを変えただけで大人っぽさが全く違ってくるんだ。

 

服の印象は、ボトムスで7割決まる!これをまず覚えておくといいよ。

 

ちなみに、ボトムスというのは、下半身を差し、ファッションの場合は、パンツ(ズボン)+シューズのことを言うんだ。

 

 

ボトムスの選び方

 

というわけで、服を買う時も始めにボトムスから検討するんだ。

 

トップスから買うと必ず失敗するし、仮にうまく言ってもその後で合わせ方に苦労するぜっ。

 

もう一回いうけど、ボトムスってのは、ズボンだけでなく下半身という意味で靴とのセットを言うんだ。

 

 

一番初めに狙うべきパンツはこれだ!

 

見た目の7割が決まる重要な部分であるパンツは、初心者が始めに買うには、きれいめのアイテムがガッツリ適してるんだ!

 

日本人が似合う着こなしは、カジュアル3:きれいめ7という比率だったのを覚えてただろうか?

 

童顔で胴長短足な体型が多い日本人が大人オシャレにする法則だったね。

 

このサイトに初めて訪問した方で、この理論が分からないって人は、『ファッションアイテムをジャンル別に区別する!』を読んでいただけたら理解できますよ。

 

その大きく占めるきれいめ7のうちの5〜6をパンツで占めようということ。

 

そうすれば、もしパンツだけ買っても今持ってるアイテムを組み合わせるだけで、まあまあサマになると思うよ。

 

黒パンツにしただけでコーデに変化した

 

写真は、5年前に買ったGジャンだが、パンツを黒に変えてインナーを無地にした。

 

これだけで、ガラリと印象が変わった。

 

具体的に言うと、細身の黒パンツがおすすめ。

 

ていうかはじめは絶対!

 

初心者がはじめにするとサマになるシルエットって覚えてますか?

 

そう、トップスもボトムスも細身にするシルエットだったよね。

 

これにも当てはまるんだよ。

 

また、パンツを細身にしておけば、のちにトップス太めで
パンツ細めっていうワンランク上の着こなしもそのままできるんだ。

 

 

例えば↓

 

コートと黒パンツを合わせたコーディネート

 

カットソーをふんわりさせてもいいんだが、分かりにくいと思うでコートを例にとった。

 

コートは、服の面積が大きいので、どうしても、トップスが太い印象になる。

 

そんな時に、黒の細いパンツと合わせただけでサマになるんだ。

 

これが、トップス太め、ボトムス細めのコーデ。

 

ただ無地アイテムで合わせただけなのに、なかなかオシャレじゃない?

 

 

つまり、細身の黒パンツを選ぶと絶対にハズさない!ってことなんだよね。

 

これは、まだ服の着こなしや着回しを計算しながら選ぶ力が身についていない初心者に効果的です!

 

 

しかし、細身といってもただ細いだけではダメ!

 

よく街で見かけるのが、パンツは黒だけど、なんとなくオタクっぽい雰囲気な人たち。

 

その原因は、黒パンツのシルエットの悪さにあります!

 

黒パンツのシルエットは、ひざ下から裾に向かって自然に細くなっていくテーパードか腰回りからスラっと細くなるスキニーというシルエットを選ぶようにするとオタクっぽくなりません!

 

 

中年になって、腰回りに肉がついて細身はちょっと、、。という人でも伸縮性が強いストレッチ加工のものを選べばポッチャリ程度ならOK!

 

黒色とテーパード加工が細い視覚効果を与えて、コーデ全体から言えば細身の下半身に変身する。

 

実は、先ほどから写真で見せてるトモも身長168cmなのにウエスト84cmくらいあって腿も太く、股下70cmの短足だけど、黒のスキニーパンツやテーパードパンツを使って体型カバーしてるんだ。

 

細身や普通体型ならもっとスタイルよく見えるよ。

 

これらの条件に合うもので価格とパフォーマンスを考えておすすめするのは、ディーコレクションというブランドのスキニーパンツ。

 

ディーコレクションの黒のスキニーパンツ

 

万能スキニーパンツ

 

このスキニーパンツは、生産上通販では実現が難しい大幅なサイズのラインナップ(XS〜XL)が揃っていて、裾直しにも対応してくれるので、スキニーパンツに挑戦したいけどサイズに不安がある人でも大丈夫です。

 

また、スキニーだと足が細く見えすぎてしまうって人でも、もも幅のサイズ感が絶妙で、かなりシルエットにこだわって改良されてることから、丁度良いきれいな足のラインに見えるのです(上の写真のモデルさんもガリガリ体型)。

 

ベーシックな黒細パンツは、ファインボーイズの特集やメンズジョーカーのキレカジスタイルにもよく取り入れられていて、初心者は、はじめにこのスキニーパンツを1本持ってるとてっとり早くオシャレに見せることができるよ。

 

オールシーズン仕様で、あまりにも極寒な時以外は、穿くことができるコスパの良いパンツです。

 

そして、夏ならTシャツの色を調整するだけで、雰囲気を変えることができる↓

 

ディーコレクションの黒スキニーパンツを穿いた

 

同時に、覚えておいてほしいんだが、裾を細めで2回ほどロールアップして穿くと季節感と清潔感がでる。

 

なぜなら、足首って人の視線が集まりやすいことから目立つとともに、人の脳は、服から見える肌に清潔なイメージを連想するからだ。

 

ここから下は、この黒スキニーパンツのコーデで解説していくので、多様な着回しができることを理解できると思います(私生活でもかなり穿きまわしてます)。

 

素材感だが、黒で綿パンなので、静電気を帯びやすく、放置しておくとほこりが目立つというデメリットもありますが、これは安い素材だからではなく、黒でチノパンというアイテムの宿命みたいなものです。

 

逆に、黒は、素材がつぶれて見えるので、高い素材と比べても、見分けがほとんどつかないというメリットもあります。

 

同価格帯で、これほどコスパの高いパンツは、トモは見たことがありません。

 

だから、自信をもって、一番初めに購入すべきパンツだとおすすめできます。

 

 

 

だが、昔流行った”ぱっつんぱっつん”のイメージがあるのか、どうしてもスキニーパンツに対して嫌悪感や恥ずかしさを感じる人がいるかもしれません。

 

サイズ感が良くストレッチが効いているといっても、太腿が太い人にとっては肌が密着することに穿き心地の悪さを感じるかもしれませんしね。

 

そういう人は、脚が細く見えるけど、太腿周りがゆったりなテーパードパンツを選ぶといいでしょう。

 

ディーコレクションの黒のテーパードパンツ

 

黒のテーパードパンツ

 

さきほどの黒スキニーパンツと同シリーズで素材のメリット・デメリットも同じです。

 

違いは、太腿周りがゆったりなシルエットのみです(真ん中のチャックの色が銀との金の違いはありましたが見えない部分なので問題にはならないでしょう)。

 

穿けるなら、なるべくスキニーパンツがおすすめなのですが、テーパードパンツを選んだほうがいい人もいます。

 

それは、私のようなケツデカ星人です。

 

スキニーパンツだとおしりの形がクッキリして少しダサく見えてしまいます↓

 

スキニーとテーパードパンツのシルエットの違い

 

テーパードシルエットであれば、おしりからストンと斜めに落ちた形になるので、デカケツの体型カバーができるのです↓

 

ディーコレクションで買った黒のテーパードパンツをコーデした

 

トモの場合は、テーパードを穿くと、やや腰回りが広がって見えるのが嫌なので、ジャケットやコートのような着丈が長いアウターを着るときに穿くといった感じで使い分けています。

 

大抵、インスタなんかのファッションのインフルエンサーには、体型の悩みが少なく、どんな着こなしでもサマになる人が多いんで、こういった理論を実践して見せてる人は少なかったんではないでしょうか?

 

この2枚のパンツは、シルエット以外の値段や素材のパフォーマンスは同じなので、この辺を吟味して、どちらか1本は持っておくと、初心者でもオシャレに見える確率が格段にあがるのです。

 

 

 

初心者が勘違いしやすい靴のかっこよさの定義

 

女の人って足元をチェックするって聞いたし、靴は派手なものがいいなっ!

 

おいっトモっ!なんかいいものないか?そんな声が聞こえてきそうだけど、、。

 

ちょ、ちょっと待ってください。

 

確かに、足元は女性が良くチェックする部分でもある。

 

しかし、派手な色、柄や装飾が入ったものを最初に選ぶとコーデが難しくなるんだ!

 

こう力説すると、、、

 

 

 

「最新のファッション誌を見たらナイキの派手なテクノシューズを使ってたぞ!」

 

とか

 

「今はダッドシューズのようなダサかっこいいのを履けばいいって聞いたぞ!」

 

 

 

そういう声が聞こえるかもしれませんが、ファッションのロジックに疎い初心者が真似すると痛い目に合う例なのです。

 

なぜなら、足元が目立つ分、オシャレに見せるには、コーディネートのバランスを取る作業がでてくるからだ。

 

そうすると、初心者であるあなたのファッションロジックが問われることになる!

 

つまり、目立たせ方によってはダサくみえる(すいません)。

 

だから、初心者のうちは、足元の存在を消してしまうのが正解!

 

えっ?存在を消す?まさか、裸足?

 

いや、そうではないけど、できるだけ目立たなくさせるということ。

 

そのためには、パンツと靴の境界線を消すことを考える必要がある。

 

足の境界線を隠すことで、脚長効果も得られるというメリットもあるしっ。

 

そして、体型のバランスを整えるために、目立つ厚底は避けてできるだけシンプルでパンツと同色のものを選ぶのがポイントなんだ。

 

そうすることであっという間に靴の存在感がなくなるよ。

 

ポイントは、秋冬ならハイカットを選んでパンツの裾をクシュクシュしないこと。

 

そうするとパンツと靴の感じがめっちゃオシャレになる。

 

もちろん、色々と例外はあるけど、はじめはそこを意識するとファッションの世界に入りやすいんだ。

 

 

そして、何を買っていいか分からない人にとって、入ってくるファッション情報は、疑心暗鬼で靴に3万円も4万円もかけられない人がほとんだろう。

 

しかし、人から褒められるようなものがほしい、、、。

 

それに、答えたのがこのSPU(スプ)というブランドのブーツ↓

 

ブライトレザーハイカットブーツ

 

ブライト本革ブーツ(日本製)

 

このブーツは、ソール(靴の外側の底部分)とアッパー(本体部分)が同色でソールが薄くコーディネートのバランスが取りやすい。

 

デザインがシンプルなので、足元の存在感が消え、きれいな脚のラインの一部となると同時に、ふと見られたときに本革の高級感を漂わすことができる。

 

よくある安っぽいフェイクレザーにはない艶感が足元をチェックされたときにも合格点をもらえるのですね。

 

艶のあるレザーブーツの場合は、フェイクレザーだと安っぽく見えるので注意する必要があるのです。

 

そして、最初に選ぶべき色は黒!

 

この靴のラインナップを見ると、ブラウンもあるが、そちらは中級者向けで、ホワイトパンツやベージュのチノパンなんかに挑戦するときに使える。

 

このように、靴だけのデザインでみるとブラウンとかキャメルを選びがちだが、そこが落とし穴。

 

実際に、アパレル業界には、初心者が選ぶ靴の色は、ブラウンとかキャメルのような色が圧倒的に多いというデータがあります。

 

これは、シューズに色がつくことで、奥行きや重厚感がはっきりするので、デザインがかっこよく見えるからです。

 

ここで重要なのは、服や靴選びは、コーデ全体で考える必要があること!⇒覚えてましたか?

 

だから、初心者は、このブーツの黒を買っておいたらまず間違いがありません!

 

嬉しいことに、黒は、中々選ばれにくいので、そこまで在庫不足が心配なかったんだよねえ。ウシシシシ、、。

 

ちなみに、レザー調のブーツをすすめたのは、パンツで決まるきれいめの5〜6の割合に1〜2割を靴で足したかったから。

 

これで、きれいめ7が完成する。

 

トップスがラフなTシャツであっても、普段着からオシャレ着に変わるよ!

 

 

 

そして、季節的にブーツが履けない時期もあるが、そのときにおすすめなのがスリッポン。

 

トモが推奨している初心者が揃えるべきアイテムは、基本的にモノトーンが多い(段階順に明るめなコーデも紹介していくが)ので、暖かい季節になると重く感じることがあるだろう。

 

そういったときに、ベーシックでモノトーンアイテムを崩さずとも、涼しい雰囲気を出すのが、手首や足首を出すコーデです(スキッパーシャツというデザインのトップスなので首周りもやや開いてます)↓

 

手首・足首を出した涼しいコーディネート

 

足首を出すには、パンツをロールアップさせる方法と、スリッポンのように足の甲が見えるアイテムを使う方法があります。

 

トモの場合は、脚が短いので、あまりロールアップすると短足が目立つのことから、足の甲が見える方法を主にとっています。

 

このやり方だと、足首を出すのに抵抗がある初心者さんでもきれいな足回りをつくることができますよ。

 

 

スリッポンでおすすめですが、さすがに激安ショップでは、安っぽく見えるものが多く、今回紹介しているスキニーやテーパードパンツに合う良品が見つからなかったので、ブランドも含めて考えたところ、やはり、トモが愛用しているブランド、アダムエロペのスリッポンが良いという結論に至りました↓

 

アダムエロペの黒のスリッポン

 

レザースリッポン(ADAM ET ROPE’)

 

アダムエロペは、大手アパレルブランドのJUNが立ち上げたブランドで、インポートものを扱ってたんですが、最近では、オリジナルブランドも出すようになって、セレクトやデザインのセンスがオシャレを目指す日本人にマッチしていることで、ファッション上級者からも支持を受けてるブランドです。

 

アダムエロペのスリッポンは、フォルムが下品にならない程度にシャープなので、脚が延長しているように見えて、足元をキレイに見せてくれます。

 

フォルムがシャープなのに、横幅が広めで甲高な日本人向けのサイズ感が魅力的。

 

スリッポンは、長距離歩くには適さないのですが、アダムエロペのスリッポンは、足元の負担が少ないのが特徴的で、そこが、フォルムとともにお金をかける価値があるシューズなんですね。

 

履ける季節ですが、寒くない時期ならいつでも履いてOKなので、量販店に比べて少々値はいきますが、コスパはかなり良いと思っています。

 

先ほどのブーツは、冬、こちらのスリッポンは、春夏秋まで全部の季節と使い分けて穿くことができますよ。

 

ただ、サイズ展開に乏しいというデメリットもあり、サイズが26,27みたいなきっちりしたものしかないのです。

 

トモは、足のサイズが26.5cmですが、試しに27cmを注文してみると、思った通りの27cmで少し大きくて、紐がない分、スッポスッポでした。

 

そこで、登場するのが、知る人ぞ知るこのアイテム↓

 

少し大きいサイズの靴のつま先にいれて調整できるクッション

 

つま先らくらくクッション

 

このクッションは、つま先に入れることで、+0.5cmの差を埋めることができる便利アイテムです。

 

これを使えば、サイズのラインナップが少ない靴でも選ぶことができますよ。

 

 

そして、もう一つスリッポンを買うときに注意が必要ですが、靴下の存在!

 

通常の靴下だと、パンツとスリッポンの間に靴下が見えて、計算なしで履くと、とたんダサくみえる。

 

もし、あなたがインビジブルソックスという丈なしのソックスを持っていないようなら、合わせて揃えておくといいですよ。

 

インビジブルソックスは、丈がないので、シリコンなどの留め部分がしっかりしてないと、すぐに脱げてしまいます。

 

安くてしっかりしたインビジブルソックスのおすすめ↓

 

3点セットのインビジブルソックス

 

シームレス綿混浅履き3Pフットカバー

 

 

アダムエロペのスリッポンは、初心者が決して手を出さないようなシンプルなデザインですが、履いて服と合わせなければその良さが分りません。

 

 

 

今紹介したアイテムは、両方とも革アイテムなので、もう一つスニーカーを挙げておく。

 

スニーカーも黒のアイテムを選べば正解なのだが、せっかくスニーカーを選ぶのに、単純に黒というのも芸がない。

 

そこで、黒ベースで白混じりのスニーカーがおすすめだ↓

 

コンバースの黒のスニーカー

 

コンバース オールスター キャンバススニーカー

 

「なんだよ、今さらコンバースかよ」

 

そんな声も聞こえてきそうですが、誰もが知っているコンバーススニーカーだが、最低限のデザインと黒ベースの白混じりの配色は、初心者にとって非常に使い勝手が良い。

 

黒パンツとのつなぎにもなるし、スニーカー感もでるので、トップスがきれいめ過ぎになってしまっても、あえてスニーカーでハズすこともできる。

 

TPO的にも、少しキメすぎかなって思ったときに、スリッポンやブーツをやめて、このスニーカーに変更すればいい。

 

是非、スニーカーのデザインだけで判断するのではなく、コーディネート全体でアイテム選びをしてほしい。

 

 

初心者が選ぶべき靴については、以上となる。

トップスの選び方

 

ボトムスが固まったら次はトップス!

 

トップスとは、上半身に着る服だよ。

 

初心者が始めに選ぶべきトップスは、ベーシックなデザインであるとともに、着回し力が高いものです。

 

それでは、見ていきましょう。

 

 

初めて手に入れるシャツには注意が必要!

 

シャツで初めに持っておきたいのは、白色のシャツです。

 

これも、ベーシックアイテムで初心者が着ていてオシャレに見せることができるのです。

 

また、ジャケットやニットのインナーに重ね着できるアイテムとして着回し力も高いのも初心者におすすめな理由なんですね。

 

 

ところが、白シャツを選ぶにあたって注意しないと、黒パンツと合わせた時に、学ランのような雰囲気になってしまいます。

 

ここで、初めて買う白シャツの選び方の注意点を挙げていきますね。

 

まず、生地ですが、オックスという光沢感があまりない生地を選びます。

 

オックス生地とは逆にブロード生地がありますが、こちらは、光沢感がきれいにでるので、ファッションを覚えたての初心者が選びがちなんですが、黒パンツと合わせるにあたって、学ランのような雰囲気になってしまうからです。

 

さらに、ブロード生地の上からテーラードジャケットを羽織れば、もはやスーツになってしまって、街着としてはTPOに反するのですね(ということで、スーツの下に着ているYシャツを使うのもNGですよ?)。

 

だから、白シャツの中でもややカジュアルが混ざったオックス生地を選ぶと初めに手に入れた他のアイテムと合わせやすくなります。

 

 

そして、襟ですが、シャツには、

 

 

 

  • レギュラーカラー
  • ボタンダウン
  • バンドカラー
  • ノーカラー
  • イタリアンカラー

 

 

 

などがありますが、ボタンダウンを選ぶと、ニットの下から襟をのぞかせて着るときにきれいに襟を出すことができます。

 

そして、これらの条件にマッチしている白シャツでアップスケープオーディエンスというブランドが出している良品があります↓

 

オックスフォードボタンダウンシャツ

 

オックスフォードボタンダウンシャツ

 

この白シャツは、着丈が平均より5cmほど短いので、1枚で合わせてもバランスが取りやすく重宝しています↓

 

スプで買ったオックスシャツを着こなした様子

 

 

Tシャツは4つの条件を満たしたものを選びましょう!

 

Tシャツは、初心者が使いやすアイテムの中でも数少ないカジュアルアイテムです。

 

失敗しないようにするには、1枚で着てもジャケットのインナーに合わせてもサマになるものを選ぶことです。

 

そのようなTシャツを選ぶために、気を付けるポイントは、、、

 

 

 

  1. 透けないこと
  2. シルエット
  3. 気温にあった通気性
  4. 着回し力が高いか

 

 

 

この4点です。

 

Tシャツが透ければ、肌着のイメージを与えるので、よろしくないし、シルエットが肌に密着するようなタイプは、体型がくっきりでるので扱いづらい。

 

さらに、Tシャツというものは、気を付けていても汗がにじみやすい使い方をするアイテムですね。

 

だから、ある程度の通気性や吸水性があるものを選ぶ必要があります。

 

最後に、着回し力が高いものですが、初心者が周りと差をつけようとして選ぶプリントTシャツは、大抵ダサいものが多い。

 

プリントされている時点で、ファッションのロジックが複雑になるので、合わせ方の難易度が上がるからだ。

 

だから初めは、無地Tシャツから手にするといいよ。

 

これらの条件を満たしたTシャツにヘインズというブランドのビーフィーシリーズの無地Tシャツがある↓

 

購入したヘインズのTシャツ

 

ヘインズのTシャツ(BEEFY)

 

多くのファッションブログで語られている基本中の基本の無地Tシャツ。

 

ヘインズのTシャツのビーフィーは、2枚セットで2,000円ちょいで買えて、透け感がほとんどないのに、ある程度通気性があるし、洗濯で伸びにくく、ヨレずらい高パフォーマンスなアイテムだ。

 

首周りがVネックや深いUネックだと、肌着感やトゲトゲしさがでるので、似合うのは若者に限定しがちだが、このくらいのクルーネックなら他のアイテムとの相性もいいし、デート着としての基準をクリアしている。

 

グレー2枚、白2枚持っておくと便利だけど、それだけ買う余裕がない人は、他のアイテムに合わせやすい白を先に買っておくと便利だよ。

 

1枚で着ることができるし、テーラードジャケットのインナーに合わせることもできる。

 

白↓

 

ヘインズの白Tシャツを着てコーディネートした

 

グレー↓

 

ヘインズのグレーのTシャツのコーデ

 

テーラードジャケットやデニムジャケットのインナーに合わせてスラッとさせることができますよ↓

 

テーラードジャケットとヘインズのTシャツを合わせたコーデ

 

デニムジャケットとヘインズのTシャツを合わせたコーデ

 

 

 

ニットは編み目と重ね着できるかがポイント!

 

ニットは、カジュアルアイテム!そう思う人もいるかもしれませんが、実はきれいめなアイテムです。

 

元々、スーツの下に防寒着として使うものなんですね。

 

そのニットですが、初心者は、編み込みが目立つローゲージと呼ばれるものより、ハイゲージと呼ばれる細かい編み目のニットを選んだほうが合わせやすいです。

 

なぜなら、ニットの表情がTシャツやカットソーに近い着こなしになるからです。

 

また、シャツと重ね着できるように、首周りはほどよいクルーネックになってるものが良いでしょう。

 

おすすめなのは、スリックというブランドのニットです↓

 

初心者におすすめなニット

 

ダブルフェイスクルーネックニット

 

重ね着しやすくシンプルでシルエットがきれいに出るので、初心者でも扱いやすいニットです。

 

また、裏地と表地の素材を使い分けて作られているので、ロングシーズン使える仕様となっているんですよ。

アウターの選び方

 

どんな服を買ったらいいか分からない人が、初めに持っておくべきアウターは、ジャケットとコートです。

 

今まで紹介してきたアイテムと組み合わせれば、何パターンかの春秋冬コーデができるようになります。

 

では、順番に紹介していきましょう。

 

ジャケットはまずこれを揃えろ!

 

一番初めに手に入れるべきジャケットは、日本人男性のほとんどが似合い、きれいめで大人っぽいアイテムであるテーラードジャケット!

 

これを持っておけば手持ちのアイテムと簡単に合わせられるんだ。

 

テーラードジャケットの選び方は、簡単だけど注意点がある。

 

まず、スーツの上着で代用しないこと。

 

なぜなら、ビジネス用のスーツは、移動がしやすく毎日着れることをメインにデザインしていてシルエットの良さを重視してないから。

 

私服で着るとシルエットの悪さが露呈しちゃうよ。よっぽど高いのは別だけど、、ね。

 

 

次に、初心者は、カーディガンに使われるような柔らかい素材を使ったカジュアルなテーラードジャケットを買ってはいけない。

 

なぜなら、コーディネート全体のカジュアルバランスが増えて着こなしが一気に難しくなるから。

 

はじめは、きれいめでシルエットのスタイリッシュなものを選ぶのが王道!

 

それでおすすめは、VIBGYOR(ビブジョー)というブランドのテーラードジャケットです↓

 

ビブジョーの黒のテーラードジャケット

 

日本製1ボタンテーラードジャケット

 

同素材のテーラードジャケットと重さを比べると、すごく軽く、シワがつかない高パフォーマンスなアイテムです。

 

同じ素材を使っていても、生地の織り方で品質が全く変わってくるのです。

 

いくら安いテーラードジャケットがあるからといって、手を出すと届いた時にシワが目立ったり、初めて買う人には分からないかもしれませんが、重さや肌触りなどの着心地も違ってきます。

 

着心地は、見た目には影響しませんが、着心地が良くない服は、出かける際に、なんとなく避けてしまうもの。

 

そうすると、せっかく買ったジャケットをあまり使わなくなり、結果、使わなくなったものを買ったということでコスパも下がるのです。

 

 

サイズ感ですが、このテーラードジャケットは、本来、ショート丈でスタイリッシュに着るように設計されてましたが、トモの場合は、やや太めな体型なので、サイズアップして、ちょうどいい着丈にして着ています↓

 

スプで購入したビブジョーの黒のテーラードジャケットをボタンを留めて着た

 

スプで購入したビブジョーの黒のテーラードジャケットを前開きで着た

 

セットアップ風にコーディネートしていますが、地味に感じる人もいるかもしれませんね。

 

慣れてきたら、テーラードジャケットとパンツをネイビーやグレー、ブラウンベージュなんかに変えてセットアップすることもできるんですよ。

 

これは、あくまでも基本のベーシックスタイルなのです。

 

 

そして、セットアップ以外でも少しずつ着崩してコーデすることもできます↓

 

テーラードジャケットをジーンズで着崩してコーデした
出典:http://street-fashion-snap.com/post/168885397775/

 

パンツをきれいめなジーンズに変えて着崩していますね。

 

これは、欧米諸国の人と比べて体型にコンプレックスのある日本人も真似できる着こなし方です。

 

洋服文化が進んだ海外の人もテーラードジャケットは定番アイテムとして使ってるし、日本人なら誰でも似合うアイテムというわけですね。

 

というわけで、一番初めに手に入れるべきアイテムは、テーラードジャケットです。

 

 

コートはロングから入ろう!

 

どんな体型でも似合うコートは、Yラインシルエットが作れるロングコートです。

 

第一回の講義でシルエットについて、お話ししたのを覚えてますでしょうか?

 

メンズファッションにおいて、シルエットを意識した服の着方は、非常に重要です。

 

もし、忘れてしまった方やはじめてこのページに訪れた方は、下記の記事で解説していますので、ご参考ください。

 

 

ロングコートは、体を包み込むアイテムなので、背の高低関係なく、又は、体型の太い細い関係なく、きれいなシルエットを作ることが可能です。

 

例えば、シンプルなTシャツの上から羽織っただけで、太めな体型のトモでもサマになります↓

 

コートと黒パンツを合わせたコーディネート

 

逆に、短い丈のコートは、ジャケットのように着こなせばいいのですが、ジャケットと同じ着まわし方であることと、ロングコートのメリットを捨てることになるので、非常に勿体ないんですね。

 

初心者さんからの質問で、「俺は背が低いからロングコートは似合わないんじゃないんだろうか?」とよく聞くのですが、そんなことはありません。

 

なぜなら、男性より平均身長が低い女の人がスタイリッシュにロングコートを着こなしているシーンを見かけるではありませんか。

 

コーディネートのバランスが取れれば、誰でもきれいに着こなせるのがロングコートであり、バランスが取りやすいのもロングコートなのです。

 

そして、ロングコートをバランスよく着こなすコツは、もうこのページで散々解説してきたボトムスを細身にすること!

 

これで、誰でもきれいなYラインシルエットが完成するのです。

 

 

そして、初心者におすすめなロングコートは、ナノユニバースのチェスターコートです↓

 

ナノユニバースのチェスターコート

 

ストレッチチェスターコート

 

チェスターコートは、ここ数年のロングセラーコートなので、ブランド側も安心して作ることができるし、あらかじめ生産ラインを確保しておくことができます。

 

そうすると、トレンド初期の頃と比べて、低価格で高品質なチェスターコートが市場に出回ることになるのです。

 

だから、今、チェスターコートを名のあるブランドの中から選べば、まず、ハズすことはないでしょう。

 

中でもナノユニーバスの新作チェスターコートは、シンプルできれいなシルエットなので、誰が選んでも似合うのです。

 

販売元で、サイズ確認が分かりづらかったので、ここにサイズ表を載せておきますね↓

 

ナノユニバースのチェスターコートのサイズ表

 

 

アウターは、これで終了です。

 

 

アクセサリーで地味な印象を吹き飛ばせ!

 

今まで紹介してきたアイテムは、すべてベーシックアイテムと呼ばれるもので、ノームコアというスタイルがトレンドだった時に好んで着る人が多かった。

 

では、もう廃れたかと言えば、そうでもなく定番スタイルに変わりつつある。

 

ただし、シンプルすぎな組み合わせには、何かもの足りなさを感じるだろう。

 

特に、夏場など半袖の時は、どうしても目線が先端の手首に集まるので、コーディネートが寂しく見られがちになる。

 

そこで、使えるのが装飾品だ。

 

ブレスレット、腕時計、帽子、サングラス、ネックレス、そして時には、アンクレットを使ってもいい。

 

コーデを格上げするネックレスとブレスレット

 

トモがおすすめするアクセサリーブランドは、Genriだ。

 

日本発のアクセサリーブランド。

 

小ぶりでシンプルなデザインが多く、コーディネートの邪魔をせずに、いい感じに地味感を払拭してくれるのだ。

 

サイズ感としては、こんなもの↓

 

メンズ服が何を選べばいいか分からない!を今日中に解決!

 

コーデの邪魔をせずに、いい感じに地味感を失くしてくれるので、世代を問わずつけることができるのです。

 

トモが使ってるのは、3連ブレスレットです↓

 

ゲンリの3連ブレスレット

 

ゲンリのデザインなら初心者が自分の好きなデザインを選んでも、ハズすことはないでしょう。

 

 

腕時計って必要?

 

そして、腕時計についてですが、その性質上、アクセサリーと違って、つける理由があるアイテムである分、ブレスレットより自然にコーデに馴染んでくれます。

 

腕時計の中でも、上品で大人っぽく、なおかつ、高級ブランド時計ほどの価格がしないもので、ダニエルウェリントンがあります。

 

ダニウェルウェリントンは、2011年にスウェーデンで発祥した比較的新しいブランドで、クラシカルだけどロレックスなどに比べてかなり安く買え、世界中で支持されています。

 

無駄なデザインがなく徹底的にシンプルなデザインを貫いているところなど圧巻だと思う。

 

その分、偽物もめちゃくちゃ多く出回っていて、並行輸入でかなり安く取り扱っているところもありますが、すぐに壊れてしまったとか保証がないなどのトラブルが絶えません。

 

私のおすすめは、しっかりブランドと契約している日本正規総輸入販売店から購入することで、そういったリスクを避けることができます。

 

トモもそこから購入しました↓

 

トモが購入した黒のダニエルウェリントンの腕時計

 

腕時計の円盤の色ですが、白は持ってるので、今回は高級感を演出できるような黒にしました。

 

また、革ベルトではなく、新作のナイロンテープで街着用の服にマッチするような計算で選びました。

 

これという腕時計を持っていない人やビジネス用と兼用したい方は、クラシックシリーズの白の円盤で黒の革ベルトを選ぶといいですよ。

 

ダニエルウェリントンの正規品なら、値段はそんなに高くないのに、それなりの格があるブランドなので(偽物が多く作られるほど人気)、つけていることで馬鹿にされることは、まずありません。

 

 

 

第二回メンズファッション塾のまとめ

 

どんな服を買っていいのか分からない人がまずすべきことは?

  • 初心者はキレカジ系からスタートするといい
  • オシャレに見せるには、着こなし力が大きなウエイトを占める
  • 始めに買うべきアイテムが分からないならベーシックアイテムから

 

ファッション基礎編は今回で終了となります。

 

次回からは、自分の体型によって着こなしを変えるコンプレックス解消編になります。

 

第3回の講義は、背が低いのをカバーする着こなし方についてお話していきます。

 

体型カバーについては、自分に関係あるページのみを読み進めても大丈夫ですよ。

 

 

前回のページ 第1回:なぜおしゃれにする必要があるのか?

この記事が気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです。