メンズファッション 流行りのコーディネート

アウターのおしゃれなコーディネート方法は?

 

どうも、メンズファッションコーディネータートモです。
冬もいよいよ本番になってきて寒くなってきましたね。今回は、極寒時の防寒対策のみに走ってしまってオシャレを忘れてしまわないようなアウターのコーディネート術を掲載します。

 

今から2,3月くらいまで使えるのでしっかりと学んでセンスを上げましょう。


今まさに流行りの湿式中綿ジャケットを使った着こなし!

 

ジャケットのインナーにカーディガンスタイルコーディネートに使われているアイテム

アウター:湿式PUレザー中綿ジャケット/シャツ:2枚襟シルエットチェックシャツ/ベルト:サークルバックル編みこみレザーベルト

 

絶対にマスターして欲しい基本型!

 

この写真の着こなし方は、今年の冬のアウターの着こなしの基本的なスタイルです。アウターのインナーに、シャツ+カーディガンでその二つに合うボトムスを持ってきます。足元は、防寒対策+おしゃれで流行りor定番のブーツを合わせる形になります。この着こなしを頭に入れておけば、おしゃれに多くの着回しができるのでマスターして下さい。

 

今年また流行りだしたダッフルコートをスタイリッシュに着こなそう!

 

ダッフルコートの着こなし方

可愛い要素が強いダッフルコートを今年流に着こなす方法は?

 

ダッフルコートって可愛くなりすぎるんですよね。まあ、それはそれでいいかもしれませんが、女子モテスタイルにするには、もう一歩だと思います。だから、題名にあるようにスタイリッシュに着こなしたり、ボトムスを少しヴィンテージなデニムにしてみたり。。。要するに、今年のダッフルコートのテーマとして、着こなしのどこかに男らしさを入れて欲しいということです。そうすることによって、流行りを網羅しながら、しっかりと女子ウケがいいスタイルが完成します!

 

大人っぽく程よい上品さを入れる着こなし方は?

 

キルティングジャケットの着こなし

 

アウターにアクセントの入ったものを持ってくる!

 

インナーにニットソーを持ってくるとなぜか上品に見えてしまうんです。他にもニットソーの下に、シャツを持ってきたりすると襟出しでアクセントが付きます。両方合わせると、防寒性にも優れいてるコーディネート術にもなります。アウターとインナーのカラーの相性を考えるのもポイントです。

 

前ボタンを閉じてもインナーを使っておしゃれさを出す!

 

ボタンラインデザインのアウターの着こなし

 

デザイン性の高いアウターは前閉じでも◎

 

アウターのディテールがかなり効いている場合、思い切って前面を閉めて着こなすとおしゃれに見えます。しかも、簡単に。もちろんこれにはアウター選びのセンスがいりますが。。そして、アウターを中心に考えて、インナーやボトムス・シューズをデザインしていけば、全体として上手にコーディネートできてきます。写真は、上手にインナーを使っていますね。こんな感じに着こなせたら女の子からのポイントが高いと思います。

 

インナーにチェックシャツを使うと女子ウケ抜群になるのは何故?

 

Pコートのインナーの合わせ方

 

今年の冬に試してほしい着こなし!

 

Pコートって少しカッチリした印象があるけど、着崩すとおしゃれなアウターに変身するんですね。特に今年は、Pコートに限らず、インナーをチェックシャツで着こなす技を覚えて欲しいです。ちょっとインナーに合わせるものが無いな〜って思った時に、思い出して合わせてみてください。意外に、おしゃれになる場合が多いと思います。

 

大人っぽくも若々しくも着れる着こなし!

 

ルーブヤーン素材のジャケットの着こなし例

 

アウターを落ち着いたとものにすると同じ着こなしでも大人っぽくも若々しくもなれるコーディネートが可能!

 

アウターの下に、カーディガンやニット、さらにその下にシャツで合わせる基本スタイルだが、アウター選びを少しシックな物に変えるとインナーとボトム次第で、若いスタイルも大人っぽいスタイルも可能になる。写真は、一見大人っぽく見えますが、インナーのシャツは、10代が着る感じのものを使用しています。ここを変更すれば、もっと上品なスタイルにすることができるし、ボトムをデニムにして、シューズをスニーカー風に変更して、若いスタイルにすることも可能です。

 

防寒性の高いアイテムはシンプルに着こなせる!

 

湿式ジャケットのシンプルな着こなし例

 

湿式系のジャケットやダウンジャケットは、年々スタイリッシュになっているので、シンプルに着こなしても暖かいしおしゃれなんですね♪

 

インナーを長袖のカットソーなどで、シンプルに着こなしたい方(モコモコするのが嫌いな方など)は、防寒性の高いダウンジャケットなどを選ぶとかっこよく着こなせます。インナーがシンプルなのでデザイン的なアウターを選んだり、小物に気を使うとオシャレ感が出てきます。