冬から春にかけて使える安いメンズアウターのおすすめは?

更新日:2019/1/3

 

安いメンズアウターのおすすめは?

 

どうも、コーディネータートモです。

 

 

冬から春先にかけて、メンズの安いアウターを探しているが、どこに売っているか分からない初心者さんが多いと聞きました。

 

 

そこで、今回は、通販で5,000円〜10,000円くらいの値段で買えるメンズアウターの中から、なるべく、かっこよく見えて、初心者さんでも扱いやすいものを厳選してまとめました。

 

 

大体20度以下の気温でも着れるアウターとなっているので、本格的な春が来る前までのアイテムを探している人に役に立つと思います。

 

 

ロング丈系のアウター4選!

 

ロングコートは、そのシルエットから、安いアウターの中でも簡単にかっこよく見せることができるので手軽です。

 

 

そこで、初心者さんが買っても後悔しないような、コスパの良いロング丈のアウター(5,000円〜7,000円台で)をまとめました。

 

 

@定番!無地のチェスターコート

 

無地のチェスターコートは、街着用のロングコートの中で最も使いやすく、オシャレに見せられるアイテムです。

 

 

ここ5年以上、毎年、必ず売れることが見込めるので、アパレル屋がある程度のロットで発注できることから、良いものが安く手に入ります。

 

 

通販サイトでも、高級素材と言われるウール混タイプのチェスターコートを5,000円台で、手に入れることができるんですね↓

 

 

安い無地のチェスターコート

 

ウールチェスターコート

 

 

このリンク先のショップでも毎年売られているので、丈の長さやラペルの幅、ボタンの位置など、多くの人が似合いやすいような絶妙なバランスに改良されています。

 

 

黒以外でもグレーのチェスターコートで、きれいめアイテムでシンプルにまとめたり↓

 

 

女子ウケが良いシンプルなチェスターコートのコーデ

 

 

ベージュのチェスターコートをジーパンと合わせて、少しカジュアルな感じにしたり↓

 

 

ベージュのチェスターコートとデニムパンツのカジュアルなコーデ

 

 

基本は、チェスターコートと少し細めなパンツを合わせてやれば、初心者でもハズすことはないので、おすすめなんですね。

 

 

とりあえず、このチェスターコートは、年始のセールで、再入荷なしなので、今年の冬から春先、そして、晩秋で使うアウターを探している人は、チェックしてみてくださいね。

 

 

 

 

Aトレンド!柄のチェスターコート

 

先ほど、無地のチェスターコートは、5年以上トレンドが続いていて、定番アイテムとなっている話をしましたが、皆が着るようになったら、差別化のため、少しずつ違うものを着るのがトレンドを先取りするオシャレさん達です。

 

 

丁度、去年の後半くらいから、トラディショナルな柄の入ったアイテムがノームコアとの差別化で取り入れられるようになりました。

 

 

それは、チェスターコートにも浸透してきて、総柄のチェスターコートがお店の30%くらいの割合で置かれるようになってきました。

 

 

例えば、下のチェスターコートのように、控えめなチェック柄がトレンドです↓

 

 

柄のチェスターコート

 

ニットフリースチェスターコート

 

 

同色でのチェック柄のため、色分けしているものより、子供っぽく見えず、無地の延長として初心者でも着ることができるんですね。

 

 

こういったイギリスの伝統的なアイテムは、大人っぽいけど、装飾感があるので、最近のトレンドとマッチしていて、オシャレさんがよく使っています。

 

 

チェック柄以外でも、杢柄のように自然と色が交じり合ったようなアイテムも同じようなロジックができるので、重宝されてます↓

 

 

杢柄のチェスターコートを使ったコーデ

 

 

最近、服屋に出かけた人は、見かけたかもしれませんが、トラディショナルなアウターのほかに、シンプルなパーカーも多く出回っているんですね。

 

 

これは、きれいめなアウターとバランスをとって合わせるために、すごく使いやすいのがパーカーだからです。

 

 

無地のチェスターコートといった定番アウターを選んでもいいし、こういった柄のチェスターコートで、トレンド感を演出するのもおすすめですよ。

 

 

このチェスターコートも5,000円台で買えるアウターです。

 

 

 

 

Bワイルド感が出る!モッズコート

 

同じロングコートでもメルトンとナイロンのように、全く違う素材で作られたものなら、雰囲気が大きく変わります。

 

 

中でも、モッズコートのように、ミリタリー系のロングコートは、スポーティーな雰囲気を出して、カジュアル感を強めてくれるでしょう。

 

 

今年、安くてオシャレに見えるモッズコートを選ぶなら、シンプルなアイテムが吉です↓

 

 

ファーコート

 

タスランファー付コート

 

 

機能がたくさんついているディテールがミリタリーアイテムのいいところなんですが、そういうアイテムは、高くつくし、着こなしの難易度が上がりますね。

 

 

その点、このタスランファー付コートなら、ミリタリーの形状を維持しながら、ビジネスシーンでも通用するほど、シンプルに洗練されているので、コーデの味付けが簡単なんですよ。

 

 

チェスターコートよりもワイルドな印象になるのが特徴ですね↓

 

 

モッズコートのカジュアルコーデ

 

 

このコートは、撥水加工が施されていて、多少の水をはじく仕様になっているのに、余分なデザインがないため、リーズナブルな価格で手に入れることができます。

 

 

きれいめよりカジュアル派の人は、ミリタリーミックスな雰囲気にすると、大人っぽいカジュアルコーデができますよ。

 

 

 

 

Cスポーツミックス!フードジャケット

 

モッズコートのファーを通常パーカー仕様のデザインにしたものは、ストリート調が強くでるスポーティーな雰囲気を出してくれます。

 

 

先ほどと同じ理論で、シンプルなアイテムなら、値段も安く、コーデの敷居も低い上、初心者さんでも簡単にサマになるコーデができるでしょう。

 

 

今年は、ロングコートでもマキシ丈のように超ロングが流行っているのですが、周りの環境によっては、理解が得られにくい場合があるので、やや丈が長め程度のアイテムがおすすめです↓

 

 

フードジャケット

 

ロング丈フードジャケット

 

 

サイズがフリーしかないのですが、この写真のモデルさんは、身長が183cmあるのに丈が膝の半分くらいまであるので、それ以下の身長の人は、いい感じで長めの丈になるでしょう。

 

 

裾が絞れるようになっていて、タマゴのようなシルエットであることから、着たときに、Iラインに近いすっきりとしたシルエットになります。

 

 

スポーツミックスだけど、シルエットがシャープなので、街着としてオシャレに着ることができるんですね。

 

 

ミドル丈系のアウター4選!

 

短い丈や通常のミドル丈は、ロング丈と比べて、アウター自体で体型隠しができなくなるが、インナーやボトムスが露出するので、その辺をいじることで、オシャレの幅が広がるメリットがあります。

 

 

そこで、ここでは、今年、手に入れておきたい安くてコスパの良いミドル丈のアウターをまとめました。

 

 

@小顔効果!ボリュームフード付コート

 

ロングコートのところで、今年は、パーカーがトレンドだと言うお話をしましたが、ミドル丈のアウターでは、パーカージャケットのようなデザインも出ています↓

 

 

フード付きカルゼコート

 

フードデザインウール混カルゼコート

 

 

これは、単純にシンプルなアウターを目立たせるといったロジックですが、大きめのフードとざっくり開いた首周りのものを選ぶと、小顔効果とインナーを見せる着方ができるというメリットが得られます。

 

 

フードデザインコートを使ったコーディネート

 

 

ハイネックのニットがこんなにバランスよく合うコートは中々ありません。

 

 

初売りで、16,800円が5,000円台になっているだけあって、ウール混で暖かさを担保してくれるし、通常メルトンよりも表情が出るカルゼ織りになって、トレンドにもマッチしています。

 

 

 

 

Aトレンドが再燃焼?のPコート

 

Pコートは、ここ数年トレンドの世界には、出てこなかったアイテムですが、今年は、UKのきれいめファッションミックスなファッションがトレンドだということもあり、復活してきました。

 

 

中でも、重厚感がでるダブルボタンのタイプがトレンドのPコートです↓

 

 

メルトンPコート

 

メルトンPコート

 

 

そういった意味では、数年前に購入したPコートは、デザインが少し古臭い雰囲気になるので、持っているなら買い替えの時でしょう。

 

 

先ほどのカルゼコートと同じように、首周りが開いたデザインが主流なので、インナーとの合わせ方を工夫して着こなすといいですよ↓

 

 

Pコートを使ったトレンドのコーデ

 

 

コーディネートでは、やはり、プルオーバーパーカーが、こういったきれいめアウターと相性が良いので使われています。

 

 

同様に、ニットを使うなら、ハイネックですね。

 

 

ポイントは、サイズ感を街着用に合わせていて、スーツの上から羽織ることが前提のビジネス用のPコートとは、一線を画しているところです。

 

 

同じPコートでもビジネス用と違うので、注意してくださいね。

 

 

 

 

B伝統型のストライプジャケット

 

きれいめ+装飾というのが、今期のテーマなのですが、チェック柄が流行る中、ストライプ柄もNGというわけではありません↓

 

 

ストライプカラージャケット

 

ストライプ柄イタリアンカラージャケット

 

 

ノームコアファッションでは、無地のテーラードジャケットが散々、隆盛を極めたのですが、今期ならトラディショナルなストライプタイプのものを使うことができます。

 

 

無地では、目立ちすぎて、わざとらしさがあったイタリアンカラーも、ストライプ柄なら、程よいデザインになって実践的に使えるものとなってきました。

 

 

ストライプカラージャケットを使ったきれいめコーデ

 

 

だから、白シャツ+黒スキニーといった基本スタイルの上から羽織るだけで、サマになるんですね。

 

 

基本的に、ストライプやチェックといった目立つ柄も、ダークトーンの色で製作されてるので、シンプルなアイテムと相性が良く、かつ、地味感を払拭してくれるんですね。

 

 

人より、ちょっと目立った服を着たいって人は、こういうアウターを選ぶと、オシャレさを維持しながら、周りと差別化できますよ。

 

 

 

 

C防寒性+美シルエットのダウンジャケット

 

最後に、アウターの中で防寒性が最も高いダウンジャケットです。

 

 

ただし、どこでも売っているようなダウンジャケットは、見飽きた人もいると思うので、ややスタイリッシュなアイテムを紹介します↓

 

 

ウール混メルトンダウンジャケット

 

ウール混メルトンダウンジャケット

 

 

中綿のみのジャケットと違って、防寒性を考えると、フェザーが入ったものでないと効果がありません。

 

 

ウールやフェザーが入ったダウンジャケットは、どうしてもコストが高くなるので、このページ唯一の10,000円アイテムです。

 

 

10,000円だせば、防寒性が高い通常デザインのダウンジャケットも買えるのですが、このダウンジャケットは、いい感じにストリートミックスなコーデができますよ↓

 

 

ダウンジャケットを使ったストリートミックスなキレカジコーデ

 

 

ダウンジャケット特有のモコモコ感が抑えられていて、縦に、真っすぐなシルエットなので、スキニーやテーパードパンツと合わせるだけで、Iラインシルエットができます。

 

 

また、写真のようなリュックを合わせると、トップス大・ボトムス小のYラインシルエットができて、シンプルなモノトーンコーデでもサマに見えるのです。

 

 

 

 

以上、この冬春におすすめな安いアウターの紹介でした!

この記事が気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです。