冬の流行りのメンズファッションの着こなし方は?

今年の傾向に沿った冬の着こなしの基本は?

冬のメンズファッション

 

どうも、コーディネータートモです。

 

今回は、今年の冬のトレンドを抑えた着こなし方を中心に解説していきます。

 

量販店でも昨年までの着丈が短いブームが終わり、今年からは、ロングコート系のアイテムが中心にトレンドとなってます。

 

もちろん、ジャケットやシャツなどの程よい丈のものや敢えて短くするものもありますが、基本的に、ロングコートを使って、コーディネートしていくとハズすことはありません。

 

ロングコートと言うと背が高い人しか似合わないもので、自分には、関係ないと思うかもしれませんが、全然そんなことはありません。

 

40、50を過ぎたサラリーマンのおっちゃん体型でもロングコートにスーツを合わせるとなぜか締まりますよね?

 

実は、胴長短足な日本人体型にとって、ロングコートは、神アイテムの一つです。今年は、これを知らない人と差がつくので、着こなし方をしっかり覚えておきましょう。

 

ロングコートとの合わせ方として、1点注意することは、必ず、細身のパンツや細く見えるパンツで合わせることです。そうすることで、基本シルエットであるトップが太く、ボトムスが細くなり、全体として、スタイルアップします。この場合、コートが細いアイテムでも、丈が長いので、必然的にトップにボリュームが増えるので、気にしなくて大丈夫です。

 

ロングコートの選び方

 

今年の冬に流行のコート

 

今年のロングコートのトレンドは、主に、チェスター・ステンカラー・モッズコートです。もちろん、他のアイテムを使ってもいいのですが、この3つの傾向に沿った素材・シルエット・カラーを選ぶと今年っぽくなります。

 

基本的に、メンズファッションの変遷は、ゆったりとベーシックなものを中心に保守的な感じで動いているので、この辺を押さえておけば、1〜2年で着れなくなるってことはないので安心を。

 

コートについては、下の記事の前半部分にまとめておきましたので、もう少し詳しく知りたかったり、具体的にどんなコートを選べばよいのか?興味がある人は参考にしてください。

 

関連記事:今年のアウターをどんなのを選べばよい?

 

インナーの合わせ方

 

今年の冬に人気のニット

 

さて、ロングコートを使った着こなしが今年のトレンドということですが、合わせるインナーのポイントを解説します。

 

基本的に、チェスターコートみたいに、襟がないアウターの場合は、タートルネックやストール・マフラーを使って合わせると小顔効果も期待でき、全体的にバランスのとれた着こなしができます。

 

逆に、ステンカラーのように襟があるものやモッズコートのようにフード付きのものは、すでに小顔効果が得られるので、Vネックのニットを使ってすっきりさせるということがベーシックな着方になります。

 

ニット系のアイテムは、すごく流行っていて、アウターの売れ行きが遅くなってるくらいですから、今年はマストアイテムと言えるでしょう。

 

また、上級者向けですが、ニットに下からボーダーカットソーを出したり、デニムジャケットと合わせてカジュアルバランスを整えることができます。これは、完全にカジュアルときれいめのバランスを理解した人ならやってもいいコーデで、敷居が高いと思います。

 

初心者は、まず、ベーシックなスタイルで合わせましょう。

 

関連記事:安価なのに上品に見えるトレンドを意識したニット

 

パンツの合わせ方

 

冬のトレンドの細身のパンツ

 

パンツは、スキニーパンツや体型が崩れてきた方ですと、テーパードパンツを使うとすっきりしたシルエットで合わすことができます。両方とも、ストレッチタイプを使うとグッと穿き心地が良くなります。
また、慣れてきたら、どうしてもカチッとしすぎるロングコートに細身のデニムパンツを使うこともできます。デニムパンツは、初心者ほど光沢感のあるダークトーンのものがおすすめです。

 

ロングコートとスラックスを合わせるときれいめ感が全面にですぎて、カジュアルでバランスを取るのが難しくなるので、上級者向けの着こなしとなります。この場合、小物でバランスを取ればいいのですが、オシャレに見せるのは結構大変。

 

言い忘れましたが、他にも、上級コーデですが、スウェット系のアイテムをミックスさせるトレンドがあります。例えば、きれいめなトップスのボトムスにスウェットパンツを合わせるという感じ。

 

これは、よっぽど上手にやらないと、ただ、だらしないだけになったり、世間的にどうなの?ってイメージもあるので、初心者にはおすすめできません。

 

今まさにトレンドデザインのスキニーとテーパードパンツをまとめておきました。

 

関連記事:
スキニーパンツ / テーパードパンツ

 

靴の合わせ方

 

冬のシューズ

 

基本的に、春や夏シーズンと変わりません。パンツと同じトーンや近いトーンの色を選んで合わせるといいでしょう。

 

選び方のことは、メンズファッション塾のアイテムの選び方で解説した通り、靴単品で選ぶのではなく、コーデ全体を意識して選ぶことが大切です。

 

今年のトレンドとしては、紐がないノーレースのブーツがトレンドですが、高級ブランドくらいまでしか普及していないのか、例外なく、高値です。

 

トモが初心者さんにどうか?と思い購入した安価なブーツは、レースアップですが、ある程度、質が良く、ソールと本体が同色でパンツとの親和性が高いのでおすすめです。こちらもレビューをまとめておいたので、興味がある人はどうぞ。

 

関連記事:サイドジップマウンテンブーツのレビュー

 

小物は必要か?

 

冬のトレンドのバッグ

 

小物は、正直、持っても持たなくてもどっちでも良いのですが、カジュアルときれいめのバランスを取るのに、非常に役に立つアイテムです。

 

特に、今年は、ロングコートがトレンドなので、全体的にカッチリなりがち。そういった場合に、コントロールすることができます。

 

小物の基本として、大きいものはカジュアル、小さいものはきれいめ。さらに、シンプルなものはきれいめ、ガチャッとしたデザインはカジュアル。そして、革系のアイテムはきれいめで、ナイロン系がカジュアル。ポップなものがカジュアルで、モノトーンになるほどきれいめ度が上がります。

 

例として、全体がきれいめすぎになった場合、大きめのダークトーンのリュックを使ったり、ちょっとカジュアル寄りかなって時は、ダークトーンのハットをかぶったりして、調整していきます。

 

今年は、きれいめ寄りになりがちなので、カジュアルな小物を取り入れることが多いと思いますが、、。

 

もし、きれいめとカジュアルのバランスをもうこれ以上調整したくないって時は、クラッチバッグを使うと便利ですよ。クラッチバッグも今年のトレンドです。バブル時代のおっさんが持ってたようなセカンドバッグでなくシンプルでスタイリッシュなものに変化してるので、嫌なイメージもほとんどなくなってきました。

 

また、ストールやマフラーを使うと小顔効果が演出できて、ロングコートをよりオシャレに着ることができます。ストールやマフラーについて、巻き方や着こなし、おすすめをまとめたので参考までに。

 

関連記事:トレンドに沿ったストールやマフラーはどんなの?

 

冬のコーディネートのまとめ

全部が、全部トレンド通りにアイテムを探していると、かなりお金を消費してしまいます。ロングコートをメインにポイントを押さえたインナーやパンツを選んでも充分オシャレになれます。

 

当サイトでは、安価なアイテムの中からポイントを押さえたアイテムを紹介してますので、興味がありましたらアイテム選びのご参考に。