今年の夏に即戦力になる半袖シャツの着こなし方!

まずは、シャツ×Tシャツのレイヤード5つのテクを押さえる!

白シャツを際立たせるコーデ!

 

白シャツのインナーにボーダーTシャツを着てクロップドパンツを穿いて撮った写真。

 

白シャツ×ボーダーTシャツ

 

白シャツの下に黒×白のボーダーTシャツやカットソーを合わせることによって、白のクリーンさが主張できる。細めのボーダーは、カジュアルっぽく、太めにするときれいめな雰囲気になるよ。今年の流行りでもある着こなし方です。

 

個性的な雰囲気を出すコーデ!

 

黒のバンドカラーシャツに紺のTシャツを合わせてデニムパンツを穿いて撮った写真。

 

バンドカラーシャツ×無地Tシャツ

 

きれいめなバンドカラーシャツとカジュアル要素が強い無地Tを合わせることで、個性的な着こなしができるよ。バンドカラーのシャツは、通販では中々見かけないので、周りと差をつけたい10代、20代前半におすすめ。

 

柄Tシャツの間に白Tを混ぜると落ち着く!

 

ブルーのボタニカル柄シャツのインナーに白の無地Tシャツを着て白のショートパンツを合わせて撮った写真。

 

ボタニカル柄シャツ×白のTシャツ

 

リゾートスタイルに使える総柄シャツですが、悪目立ちしたくない人は、白のTシャツを挟んでおくと余白を作れて落ち着かせることができますよ。今年流行りのボタニカルのほか、カモフラージュや花柄にも使えるテクニック!

 

オタクっぽく見えないチェックシャツの使い方!

 

赤×ネイビー×白のチェック柄シャツの下にプリントTシャツを着て撮った写真。

 

チェック柄シャツ×プリントTシャツ

 

チェックシャツに無地Tシャツを合わせると人によっては、オタクっぽく見られがち。そういう時は、インナーにちょっと派手なプリントTシャツを持ってくると上手くいきますよ。派手な雰囲気は、夏の季節感もでます。

 

シャンブレーシャツは同トーンでまとめるとグット!

 

サックスブルーのシャンブレーシャツの下に黒の無地Tシャツを着てホワイトパンツを穿いて撮った写真。

 

シャンブレーシャツ×同一トーンのTシャツ

 

サックスブルーのシャンブレーには、黒やグレーの無地Tシャツを合わせるみたいに同トーンの組み合わせを使うと大人っぽくて上手くまとまります。インナーに黒を持ってきたときは、パンツに白、インナーがグレーの場合は、パンツを黒のように全体で考えるとさらにいい感じになりますよ。

今年の半袖シャツのコーディネート7選!

定番のアイテムは、色彩感覚を身につけろ!

 

赤×白のチェックシャツと白のショートパンツを穿いて撮った写真。チェックシャツの着こなし

  • 赤×白の半袖チェックシャツ
  • 白のショートパンツ
  • ブラウン×ブラックのシューズ
  • キャメルのレザーブレスレット

 

チェックシャツは、誰もが選びやすいアイテムの一つだが、ここで気をつけたいのが、パンツとの色彩だ!写真は、薄めのチェックシャツなので、相性の良い白パンツを使っている。夏の白パンは、鉄板と言うこともあるが。NG例で言えば、濃い黒のパンツで合わせると上下のバランスがおかしくなるのでおすすめできない。

 

シャツインコーデを一概に否定しない!

 

紺のポロシャツのような半袖シャツとホワイトデニムパンツを合わせて撮った写真。ビジカジシャツの着こなし

  • 紺のカットシャツ
  • 白のデニムパンツ
  • メッシュのベルト(キャメル)
  • ブラウンのクラッチバッグ
  • 黒のスウェードシューズ

 

カジュアルな服装で、シャツをパンツにインするとダサいが、スタイリッシュなビジカジスタイルでインすると様になる!夏は、特に清潔感がでるのでしっかりと使い分けよう!もちろん、ぽっこりお腹だとダサいので普段からのトレーニングは、怠らないように!

 

半袖シャツとショートパンツが一昨年からガッチリ流行!

 

花柄シャツと白のTシャツを着てショート丈のデニムパンツを穿いた写真。花柄シャツの着こなし

  • 半袖の花柄シャツ
  • 白の無地Tシャツ
  • ショートデニムパンツ
  • 白のスニーカー
  • 黒のクラッチバッグ

 

半袖シャツ+ショートパンツは、ほとんどのパターンで楽に合わすことができる!2〜3パターンは、持っておきたいコーデ術!花柄+デニムは、意外と気づかれないが、相性がいい!

 

季節感の出るマリンコーデは、可愛く着こなす!

 

ドット柄の半袖シャツと白のクロップドパンツを合わせて撮った写真。ドット柄シャツの着こなし

  • 小さめのドット柄の半袖シャツ
  • 白のクロップドパンツ
  • リング紐ネックレス
  • 白のスウェードシューズ

 

ドット柄のほか、ヨットやいかりが小さく散りばめられたデザインは、可愛いコーデに使える。ネイビーなど青系や白パンツと合わせると、より季節感が出るよ。マリン系では、他にもマリンボーダーがあるんで、そっちも同じ感覚で着こなすと上手くいく!

 

無地シャツ+無地Tシャツは男らしくなる!

 

黒の半袖シャツとグレーのTシャツを着て白のクロップドパンツを穿いた写真。黒シャツの着こなし

  • ワンポイント入った黒の半袖シャツ
  • グレーの無地Tシャツ
  • 白のクロップドパンツ
  • グレーのスリッポン
  • 黒のシンプルなサングラス

 

お兄系コーデでよくみられるのが、無地シャツ+無地のTシャツ。男らしい雰囲気が簡単にコーデできるよ。ゆるめのクロップドパンツやカジュアルなスニーカーと合わせるとお兄系以外のファッションジャンルに応用できるので、覚えておくと便利。

 

10代は、普通のチェックよりギンガムチェックを!

 

青×白のギンガムチェックシャツと白のTシャツを着てベージュのチノパンを穿いた写真。ギンガムチェックシャツの着こなし

  • 青×白の半袖ギンガムチェックシャツ
  • 白の無地Tシャツ
  • 濃いベージュのシンプルなチノパン
  • ブラウンのマウンテンブーツ
  • 真鍮のリングネックレス

 

ギンガムチェックも、マリン系のシャツと同じように可愛い雰囲気になる。さらに、シンプルなアイテムと合わせてもアクセントになるので、シンプルすぎるって風にはならない。普通のチェックシャツの着こなしを間違えるとオタクっぽいって見られるので、コーデに自信がなければギンガムチェックを使うのもいいでしょう。

 

半袖のデニムシャツは思ったよりムズイ!

 

デニムシャツと英文字のプリントTシャツに花柄ショートパンツを合わせて着た写真。デニムシャツの着こなし

  • ブリーチの半袖デニムシャツ
  • ポップな英文字のプリントTシャツ
  • 花柄のショートパンツ
  • 白の紐シューズ
  • 黒のクラッチバッグ

 

長袖やジャケットのデニムは、わりかし誰でも簡単に着こなすことができるけど、半袖はなぜか難しいので注意が必要。インナーが無地だといまいちなので、プリントTシャツで合わせるのが基本となるよ。パンツは、今年ならショートを選んで、長ズボンなら白パンや柄パンで存在感を出そう。