【メンズ向け】半袖シャツの合わせ方の基本と実際にコーディネート例を出してオシャレに見えるポイントを解説

更新日:2019/6/21

 

半袖シャツの基本とメンズのコーデ

 

この記事は、下記の悩みを持つ男性向けに書きました。

 

 

 

  • 半袖シャツのコーディネートの基本が知りたい
  • コーディネート例が見たい
  • 着回しのアドバイスが欲しい

 

 

 

記事を読むことで、半袖シャツのコーデの基本を覚えて、実際のコーディネートを見ることができるので、自分が着るときにハズさなくなります。

 

ファッションコーディネータートモ

記事の内容は、トモがインスタやWEAR(@coordinatortomo)で半袖シャツのコーディネートを載せるときに考えてる方法をまとめたので実践的になっています。

 

コーディネートの基本とポイント

 

私が半袖シャツを使うときに、NGとしているのは、ショートパンツと合わせることです。

 

ショートパンツと合わせると半袖・短パンといった小学生みたいなイメージになって、コーデの難易度が格段と上がります。

 

半袖シャツとショートパンツを合わせたコーデ

 

もちろん、半袖シャツ+ショートパンツの組み合わせでオシャレっぽい雰囲気でコーデを発表する人もいますが、個人的にはパッと見る写真なので誤魔化されているだけで、よーく見ると何かおかしい感じがして懐疑的です。

 

そして私は、短足に見える7分丈のパンツを穿かないので、半袖シャツと合わせるパンツは、フルレングスか9分丈を選んでいます。

 

元々、半袖シャツは、袖周りが太いタイプだと腕が細く見えて貧相に見えたり、クールビズのイメージがあるので、着てるだけでオッサンというイメージが先行してしまうデメリットがあります。

 

しかし、最近では、ビッグシルエットが主流になっているので、なんとなくバランスが悪い点とピシッと着るクールビズのイメージを払拭してくれるようになり、トレンドとなっています。

 

それでも、ビッグシルエットが主流となったとはいえ、半袖シャツはあくまでも半袖シャツなので、ショートパンツや7分丈パンツとは合わせないほうがいいでしょう。

 

トップスとボトムスの色の組み合わせ

 

色の組み合わせは、普通のコーデと同じイメージで、基本は、モノトーン+1色で、これを守っていればはずすことはありません。

 

例外として、柄シャツのデザインによっては、多くの色を使っていても合わせやすいものもあります。

 

そして、パンツが黒パンツなら、まずハズすことがないでしょう。

 

もちろん、ベージュのチノパンやインディゴデニム、カーキのカーゴパンツなどとも合わせることができますが、半袖である分、カジュアルな雰囲気が強いので、それらのようなカジュアルなパンツを持ってくる時は、半袖シャツのデザインや靴などに気をつかって子供っぽく見えないように合わせないとオシャレに見えません。

 

全体のシルエット

 

半袖シャツを使ってスタイルアップさせたい場合は、基本のI型かA型シルエットを意識するといいでしょう。

 

I型シルエット↓

 

半袖ストライプシャツを使ったI型シルエットのコーデ

 

A型シルエット↓

 

総柄半袖シャツとワイドパンツを合わせたA型シルエットのコーデ

 

半袖シャツは、ビッグシルエットを使ってもY型に見えるほどボリュームを出しづらいので、スキニーかワイドパンツを使ってIかAを作る感じです。

 

合わせる小物

 

半袖シャツは、袖が短いので手首に何もつけてないと、とても地味に見えてしまいます。

 

とりあえず、腕時計は必須で、必要とあればブレスレットもつけるといいですよ。

 

また、ボタンを開けて着る場合は、首周りが目立つのでネックレスをつけるか検討してみます。

 

これらの小物は、単純につければいいのではなくて、服装が地味だなって思ったときに少しずつつけるようにします。

 

半袖シャツのコーデを柄シャツなどで派手な雰囲気にしたのに、アクセサリーまでたくさんつけていると、子供っぽく見えてしまうからです。

コーディネート例

 

ここでは、先ほどの基本と基本では語りづらい実践面での半袖シャツの合わせ方のポイントを実際のコーディネート例を出しながら解説していきますね。

 

モノトーン+1色

 

ベージュの無地半袖シャツを使ったコーデ

 

白Tシャツ+黒スキニーパンツ+黒革靴といった当サイトで基本とするコーデの上からベージュの無地半袖シャツを羽織っただけのコーデです。

 

モノトーン(白+黒)+ベージュしか使っていない基本通りの色の使い方ですね。

 

シルエットは、I型です。

 

前ボタンを開いているのでネックレスを使い、鏡に映ってるので反対になってますが、左手首に腕時計をしています。

 

半袖シャツがビッグシルエットなので、クールビズのイメージはないし、比較的バランスがとりやすいんですね。

 

半袖柄シャツコーデ

 

半袖3色ストライプ柄シャツを使ったコーデ

 

ビッグシルエットを前提とすると、柄シャツコーデをオシャレに見せるコツは、一様に柄シャツのデザインによります。

 

つまり、アイテム選びの段階で決まっているんですね。

 

後は、モノトーンアイテムとシンプルに合わせるだけ。

 

それ以上、飾り気をつけようとすると、ちんどん屋に見えてしまいます。

 

柄シャツは、多色を使っている場合は、ダークトーンの近似色が使われているものを選ぶこと。

 

花柄やリーフなども基本的に選び方が同じで、ここは少しセンスがいるかもしれませんが、幼稚な柄というより芸術的な柄であることを意識して選ぶとコーデの面では失敗しないと思います。

 

モノトーンコーデ

 

黒の半袖シャツを使ったコーデ

 

こちらは、Tシャツ+黒スキニー+黒白スニーカーの上から黒シャツを羽織ったコーデです。

 

トップス×ボトムスが黒×黒だったので、スニーカーでカジュアルダウンしました。

 

また、色がモノトーンだけなので、腕時計・ブレスレット・ネックレス・ハットをプラス。

 

黒のハットを使うと、ちょっと泥棒っぽい印象になってしまったのかなと反省。

 

髪染めをしている人なんかは、ハットをとったこのスタイルがサマになると思います。

 

ちょっと難しい合わせ方

 

無地のベージュ半袖シャツとグレーのチェックパンツを合わせたコーデ

 

先ほどの無地ベージュシャツを使ってのコーデですが、グレーの薄いチェックパンツに変えました。

 

グレーとベージュが比較的近い色であることを利用して、インナーのTシャツはコーデを引き締めるために黒に変更。

 

I型シルエットでスタイルアップは多少するのですが、腰位置が分かりやすいのと、足首の境界線も誤魔化せてないので、ドクターマーチンのサンダルで自然に底上げして短足を誤魔化しています。

 

タックインコーデ

 

半袖ストライプシャツを使ったタックインコーデ

 

タックインコーデのコツは、脚部分と胴体部分のバランスを2:1くらいのバランスに見せること。

 

そして、腰位置をぼやかすためインした裾をふわっと出すことです。

 

そして、サラリーマンのタックインコーデに見えないように、ビジネスシーンでは使わない明るい色でやや太めなストライプシャツを使用。

 

タックイン自体が、正装シーンでする着こなし方なので、半袖シャツやサンダルといったカジュアル混じりのアイテムをドレスアップさせることができますよ。

 

デニムシャツを使ったセットアップ風コーデ

 

デニムシャツとスラックスのメンズコーデ

 

黒に近いインディゴの半袖シャツだったので、黒のスラックスと合わせてセットアップのような雰囲気でコーデしました。

 

インナーは、白でもいいのですが、シンプルなコーデに飽きたら写真のようなボーダーを使って地味感を払拭させることができます。

 

ハットは、半袖デニムシャツと同じインディゴだったので被ってみました。

 

 

以上で、半袖シャツのコーディネートの解説は終わりです。

 

人気記事メンズファッション通販ランキング【コーディネーターのおすすめ】

ファッションアイテムを検索リセット
詳細検索
この記事が気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです。