白のメンズのライダースジャケット!

おすすめの白のライダースジャケットと着こなし術!

メンズの白のライダースジャケット

 

どうも、コーディネータートモです。今回は、春先からロングシーズン使える白のライダースジャケットを紹介します。

 

黒のライダースジャケットは、定番ですが、今、白ってかなり人気でホワイトだけ再販している店があったり、不意打ちで用意できないショップもあるみたいですよ。

 

だから、今在庫があるうちにチェックしておく方が良いと思って掲載しました。

 

今回紹介する白のライダースジャケットは、品質が良くてリーズナブルなRochell(ロシェル)ブランドをはじめとした5着のアイテム。

 

だから、安く買えるし彼女や女友達からウケが良くなると思います。

 

ロシェルの白のダブルボタンライダースジャケット

 

roshell(ロシェル) PUダブルライダースジャケット

 

最近の流行の形をしっかりと取り入れて、シルエットがばっちりです。

 

だから、誰にでも合いやすいのでバイカーだけでなく、街でも着れるファッションアイテムとなっています。

 

今年の春のライトアウターとしても馴染みやすいんではないでしょうか。ほんのりとムラ加工がしてあるのも周りと差が付きそうです。

 

白のカモ柄のライダースジャケット

 

総柄PUスタンドライダースジャケット

 

ブランド:some might say(サムマイトセイ)

 

このライダースジャケットは、カモ柄ミックスで、バイカーというより街着に特化したアイテムです。下品にならない程度のうっすらとしたカモ柄がポイントで、派手すぎず着ることができます。

 

うっすらカモ柄は、パンツなんかでも使われているデザインで最近のトレンドです。上手く合わせればめっちゃオシャレに見えるんですよ。

 

白のシングルライダースジャケットの着こなし

 

シングルのライダースジャケットは、比較的着こなしが簡単で、大人っぽく合わせたいならダークトーンのアイテムと合わせれば街に出掛けていってもオシャレに見えます。

 

メルトン素材の白ライダースジャケット

 

フェイクフードメルトンライダースジャケット

 

街着用と言えば、コート素材で使うメルトンを使ったライダースジャケットもあります。レザーと比べて、カジュアル感がでるので、あまりカッチリしすぎない雰囲気にしたい人におすすめ。

 

メルトン素材の白のライダースジャケットの着こなし

 

メルトン素材を使うとカジュアル度が高くなるので、ボトムスはなるべくダークトーンのアイテムを持ってきます。写真は、デニムパンツをチョイスしていますが、インディゴなどではなくシックなカラーのパンツを使ってますよね。

 

ファー付きのライダースブルゾン

 

ライダースブルゾン

 

高校生や大学生におすすめなのが、このライダースブルゾン。ファスナーラインや袖から見えるシルバーのファーがコーディネートのバランスを整えてくれるので、簡単にかっこよく着れます。

 

白でファー付きのライダースジャケットのコーデ

 

コーディネートは、そんなに難しく考える必要がなく、インナーにカットソーや薄めのニットを持ってきて、パンツをダークトーンのものにすればOK!写真は、カモ柄ですが、色が暗いのでしっくりきてるのです。

 

ボア付きのライダースジャケット

 

フェイクムートンダブルライダースジャケット

 

最後にアメカジ色の強いボアがついたライダースジャケットです。防寒性が高いですが、コーディネートがやや難しい。

 

ボア付きで白のライダースジャケットのコーディネート

 

ヴィンテージのデニムパンツとエンジニアブーツのような鉄板的な合わせ方や濃いめのジーンズと黒のチャッカブーツでまとめる着こなしをするとおしゃれに見えますよ。

 

白のライダースジャケットの着こなしの基本は?

 

コーディネート スナップ シングルライダースジャケットの合わせ方

 

写真のように、シックなブラックのパンツと合わせて、インナーにプリントTシャツでアクセントを付けて定番のスタイルにする方法があります。

 

デニムパンツも合わせることができますが、インディゴで黒っぽいものをチョイスするとコーデしやすいと思います。

 

インナーは、ライダースより少し長めにするのが着こなしのポイント!脚と腰の境界線をあやふやにして脚長に見せる効果があります。でもはみ出しすぎるとバランスが悪くなるので気を付けてください。

 

足元は、寒い時期になるとブーツ、他にもラバーソールなどをチョイスしてもいいかもしれません。また、黒っぽいきれいめなシューズを持ってくるのもありですよ。