メンズのテーラードジャケットをオシャレに着こなす考え方とコーディネート例

更新日 2018/8/30

 

メンズテーラードジャケットの着こなし

 

どうも、コーディネータートモです。

 

春と秋の定番アイテムとして、テーラードジャケットは欠かせなくなってきました。

 

テーラードジャケットは、

 

 

 

  • 清潔感を出しやすい
  • コーディネートが比較的シンプル
  • 大人っぽい雰囲気を手軽に出せる

 

 

 

このようなメリットがありますが、スーツのノリで着こなそうとすると、なんとなくバランスが悪くなり上手くいきません。

 

 

テーラードジャケットの着こなしのバランスを考える基準として、合わせるアイテムが重要になってきます。

 

 

なぜなら、テーラードジャケットは、スーツの上着と違って、街着で着られるように、ほんの少しカジュアルなデザインとなっているからです。

 

 

例えば、ボタンが一つのものであったり、スーツに比べてスタイリッシュになっていたり。

 

 

本来、スタイリッシュなシルエットになれば、きれいめ度が上がりスーツに適していると考えられますが、ビジネスシーンであまりにもスタイリッシュでキメキメというのは向いていませんね。

 

 

その点において、カジュアルという意味です。

 

 

したがって、ややカジュアルなテーラードジャケットに対して、合わせるアイテムをスーツのノリでカッチリさせるとバランスが悪くなるし、私服としてTPOに適さないのです。

 

 

対応策としては、いろんなWEBサイトに掲載されているように、カジュアルアイテムと合わす着こなしが基本となるのですが、オシャレにあまり詳しくない人にとっては、難易度があがるのではないでしょうか?

 

 

例えば、カジュアルなアイテムで合わせればいいと思って、コーディネート例でよく見かけるデニムパンツに白いカジュアルシューズにしてみたら、なんか違う、、、。選んだアイテムが違えど、こういった経験をした人もいるかもしれません。

 

 

これは、テーラードジャケットと選んだカジュアルアイテムのバランスがとれてないからです。

 

 

ほかにも、テーラードジャケットを買ってみたは良いものの、実際に手に取ってみると、どんなアイテムと合わせればいいのか全く分からなくなったって人もいるのではないでしょうか?

 

 

そこでこのページでは、そんな人たちのために、どうすれば、テーラードジャケットをオシャレにかっこよく着こなすことができるのか基本的な考え方とコーディネート例を交えてお話ししていきます。

 

 

 

前提として

 

テーラードジャケットの基本

 

テーラードジャケットって、イギリスからアメリカや日本に伝わったフォーマルシーンで使う正装でありスーツの上着であるというのが本来の姿です。

 

 

それが、欧米で上着だけカジュアルシーンでも使われるようになって、そのトレンドが洋服文化が浅い日本にもやってきて、今のスタイルが出来たわけ。

 

 

コーディネートのカジュアル化が進むにつれて、テーラードジャケット自体もスーツ生地以外の綿や麻素材を使ったものやボタンを1つ外してみたり、装飾がついたデザインのものが出ててきました。

 

 

逆に、正装のスーツもカジュアル化が進んで、今では、テーラードジャケットとあまり変わらないようなデザインが普及してるんだけどね。

 

 

ここで、覚えておいてほしいことは、いくらスーツの上着とテーラードジャケットの境界線がなくなってきたからといって、スーツの上着をテーラードジャケットとして使ってはいけないってこと。

 

 

特に、大手の量販店で買ったスーツに当てはまるよ。

 

 

スーツは、基本的にビジネスシーンで日常的に使うことを目的としているので、動きやすいみたいな機能性重視で誰でも着れるデザインになっているんだ。

 

 

だから、街着として着るには、シルエットの悪さが目立ってしまう。シルエットの悪さが、上下合わさったコーデで済むスーツとして着るならごまかせるけどオシャレ着として使うと目立ってくるのです。

 

 

このページのトップへ

 

 

着こなしの基本

 

テーラードジャケットの着こなしは、はじめに、頭の中で一番フォーマルでシンプルな合わせ方を想像します。

 

 

フォーマルな色というのは、ファッションの場合、目立たない黒系になります。

 

 

だから、テーラードジャケットの色は、黒を想像しましょう。

 

 

次に、インナーですが、カジュアルシーンでは、一番フォーマルに近くてデザイン性がない黒系のカットソーを想像します。VネックかUネックのどちらでも結構です。

 

 

パンツは、細身のブラック。ヒップホップの人たちを観察すると分かるのですが、全体のシルエットが太いほどカジュアル度が高い服装、つまり、フォーマルな雰囲気と逆になるので細身で黒を想像するわけです。

 

 

シューズは、もちろんブラックです。一応、街着として着るので、革靴でも普通のシューズでも構いません。

 

 

そうすると、下の写真のような雰囲気になったのではないでしょうか?

 

テーラードジャケットのコーディネートを考える基本の合わせ方

 

ファッションにそこまで興味がなかったり、無難に大人っぽく、そして清潔感がある雰囲気が出せればそれでいいって人は、このコーデだけでも今までより上手くいくでしょう。

 

 

そして、もう少し、オシャレ感や個性を出したい人は、この基本の形を元に色やアイテムの変更をしながら”コーディネート”をしていくのです。

 

 

では、ほんの少しだけ手を加えてみましょう。

 

黒パンツからデニムパンツ変えたテーラードジャケットのコーディネート

 

写真は、全体の色のバランスをほとんど壊さないように、黒のスキニーパンツから、限りなく黒に近いインディゴ(和色で言えば鉄紺くらい)のデニムパンツに変更しました。

 

シルエットや大人っぽい雰囲気を保ちながら、先ほどより、少しだけカジュアルな雰囲気になったのを感じとられたのではないでしょうか。

 

 

次は、もう少し明るい雰囲気にしてみましょう。

 

基本形から明るいアイテムを合わせたテーラードジャケットのコーディネート

 

トップスを白のカットソー(左)とニットソー(右)に変更しました。白と黒は、正反対の色である分、相性が良いのです。

 

 

そして、今回は、インナーの1点でなく足元も合わせて2点変更箇所を加えました。

 

 

左は、カジュアルシューズですが、黒に近いグレーのシューズを持ってきて、雰囲気を壊さずカジュアル化ができました。

 

 

右は、シューズの色はそのままでパンツをアンクル丈のものにして、くるぶしを見せるようにして、涼しさと清潔感を出しながら、カジュアルな雰囲気に近づけました。

 

 

スーツスタイルでくるぶしを見せるなんてことはできないですよね?こういった方法もカジュアル化する着こなしの一つの方法です。

 

 

このように、テーラードジャケットの着こなしの基本は、基本となるアイテムの組み合わせを想像して、そこからアイテムを少しずつ交換していき、バランスや雰囲気を壊さずカジュアル化させていくことです。

 

この過程を繰り返すことで、ファッションセンスがないと思われてた人でも、段々と上手になっていき、途中過程を省略してパッと見ただけでコーディネートできるようになってくるのです。

 

 

では、次に、あなたが実践的にテーラードジャケットを着こなす技術を身につけられるように、テーラードジャケットの色別に想像する基本形とコーディネート手順の例をお話ししていきますね。

 

 

このページのトップへ

 

 

黒のテーラードジャケットの着こなし

 

先ほどの着こなしの基本で黒のテーラードジャケットを例にとったので、その続きとしてもう少し例を出していきますね。

 

今度は、全体の色をほとんど動かさず、カジュアル感を強くするため、ボーダーカットソーを使ってみました。

 

黒のテーラードジャケットのインナーにボーダーカットソーを合わせた着こなし

 

大人っぽい雰囲気を残したまま、カジュアルな雰囲気を出すので、カチッとした印象がなじまない場でも使えます。

 

テーラードジャケットは、スーツ地のようなものでもいいのですが、さらにカジュアル感を出したいなら、スウェット生地のものと合わせるとアクティブな印象を与えることができます。

 

上の写真は、さらにアクティブな印象を与えるため、ボトムスもスウェットパンツとスポーティーなシューズを使ってみました。

 

 

では、春のような明るい季節用に、もう少しアイテムを変えてみると、、、。

 

ボーダーカットソーと白パンツを合わせた黒のテーラードジャケットの着こなし

 

先ほどの組み合わせからパンツを黒から白へ変更しただけで、グッと明るくなったことを感じ取られたのではないでしょうか?

 

最初に想像していただいた基本コーディネートから随分とかけ離れてきましたね。しかし、雰囲気は壊れていない。

 

黒のテーラードジャケットの着こなしの変化

 

ここまでくると、着こなしのバリエーションも増えてきました。しかし、使っているアイテムは、そう多くないのです。

 

だから、あなたの着回し力も同時に上がってきたというわけです。

 

 

次は、少し変化を加えて、小物を使ってみます。

 

黒のテーラードジャケットにマフラーを使った着こなし

 

マフラー1つ使っただけで、随分とオシャレな雰囲気を出すことができるんですよ。

 

首周りにボリュームを持たすことで小顔に見える視覚的効果もあり、スラっと見えるちょっとした着こなしのテクニックでもあります。

 

首周りにボリュームを持たす方法としては、マフラーのほかにパーカーを使う方法があります。

 

黒のテーラードジャケットにパーカーを合わせた着こなし

 

テーラードジャケットは、少し早いんじゃないかな?って感じてたり、童顔で似合わないって10代の人でも、こんな風に着こなすとオシャレな雰囲気を出すことができますよ。

 

 

最後に、思いっきりカジュアルにコーデチェンジしてみました。

 

黒のテーラードジャケットのカジュアルスタイル

 

カラーバランスは、そこまで崩してないけど、黒・グレー・カーキといった同系色を3色使い、インナーを重ね着させてカーゴパンツを使いました。

 

カジュアル化させても色を統一することで、雰囲気を壊さずにオシャレ度を上げることが可能だということが分かってもらえたのではないでしょうか。

 

 

このページのトップへ

 

 

グレーやチャコールのテーラードジャケットの着こなし

 

グレーやチャコールは、黒より、少しだけ明るい色なので、黒と同じようにコーディネートをすればいい。

 

このように考えると失敗してしまいます!

 

この少しだけ明るいというのが曲者で意外と着こなしの難易度が上がるのです。

 

では、どうすればいいのか?

 

それは、コーデ全体のコンセプトを明るい雰囲気にする!ということを念頭に考えると上手くいきます。

 

では、具体的にお話ししていきますね。

 

着こなしを考える際には、まず基本となるコーディネートを想像するんでしたね?

 

グレーとチャコールのテーラードジャケットの想像の基本は、、。

 

チャコールのテーラードジャケットの着こなしの基本

 

インナーに白のカットソーとパンツは黒、シューズは白にします。

 

これが、最小形態と覚えておいてください。

 

なぜ、黒のテーラードジャケットのようにすべて黒じゃないんだ?と思われるかもしれませんが、単純にサマにならないのと、コンセプトを明るくするということと関係しています。

 

グレーやチャコールは、どうしても中年を想起する色なので、失敗するとオッサンくさくなるんですね。

 

だから、基本形も明るくてベーシックな黒と白を混ぜて考えたほうがうまくいくわけですよ。

 

さらに、テーラードジャケットもグレーではなくチャコールを想像します。

 

それは、グレーより暗い色であるチャコールからグレーへの変更も一つのコーディネートと考えたほうが、着こなしに慣れてない人でも、上手いコーディネートを完成させやすいからです。

 

もちろん、慣れてくると、いきなりグレーを想像してアイテム変更していくことが可能になりますよ。

 

 

では、まず35〜40歳以上の方が年相応に着れる雰囲気にブラッシュアップしてみます。

 

ベージュのニットを合わせたグレーのテーラードジャケットの着こなし

 

白のカットソーをベージュのニットに変更しただけです。

 

ベージュ+チャコールの組み合わせは、大人の落ち着いたパパスタイルの定番カラーです。

 

しかし、それだとオシャレさが足りません。

 

そこで、写真では、ベージュのニットの下から白シャツ襟をのぞかして、黒パンツをロールアップしてトレンド感をだしているのです。

 

この小技を使わなければ、ただの年相応格好となりますが、使ったら各段にオシャレ度があがるんですよ。

 

ちなみに、白シャツは、バンドカラーシャツのような丸くてコンパクトな襟のものを使うと今っぽい雰囲気を出せますよ。

 

 

次は、コンセプトと反するトーンダウンしたアイテムで合わせてみましょう。

 

グレーのテーラードジャケットの着こなし

 

インナーを白から黒に変えてみました。

 

コンセプトは、明るくするはずだったのに、暗くしてどうするんだ?そう思うかもしれませんが、よく見てください。

 

テーラードジャケットをチャコールからグレーに変えています。

 

そして、黒パンツからインディゴのデニムへ変更しました。

 

基本のスタイルからインナーを暗くした分、ジャケットとパンツを少しずつ、明るくしたのです。

 

しかも、テーラードジャケットは、スウェット生地にしてインナーの黒に引っ張られないようにバランスをとっています。

 

これで、グレーのテーラードジャケットを使ってもオッサンくさく見えないですね。

 

 

もう少し、きれいめな雰囲気にしたいなら、グレーのテーラードジャケットは、スーツ地のまま、そして、黒パンツも変えずにインナーを下の写真のように変更する方法もあります。

 

グレーのテーラードジャケットとボーダーニットのコーディネート

 

チャコールからグレーに変えたことにより、かなり明るい雰囲気になるのですが、スウェット生地に比べるときれいめな雰囲気は残るので、インナーを少しだけカジュアル度の強いアイテムにするとバランスがとれます。

 

そこで、線の幅が大きめのボーダーニットを合わせてみました(白い部分が太めになっている)。

 

後、きれいめ感をもう少し出したかったので、白シューズからブラウンに変更(黒だとさすがに重すぎるので)。

 

これで、いい感じにキレカジスタイルができたと思います。

 

 

最後に、全体的にカジュアル度を高めた雰囲気にしてみました。

 

チャコールのテーラードジャケットのカジュアルコーデ

 

グレーのテーラードジャケットは、例のごとくスウェット生地のものに変更。

 

そして、線は細めですが、インナーにボーダーカットソーを持ってきて、パンツは、大胆にインディゴのデニムパンツで合わせました。

 

ボーダーカットソー、デニムパンツ、スウェット生地の3点は、カジュアル度が高いアイテムなので、シューズは白から黒に変更してバランスをとっています。

 

 

このページのトップへ

 

 

ネイビーのテーラードジャケットの着こなし

 

ネイビーのテーラードジャケットは、学生服といったイメージがつきやすいので、そのイメージを払拭した着こなしをするのがポイントです。

 

そうすると、意外にコーディネートの種類が決まってくるので、ネイビーのテーラードジャケットについては、丸暗記でもいけるかもしれません。

 

下の写真は、想像する元となるスタイルです(足元は、アンクル丈でなくてもよい)。

 

ネイビーのテーラードジャケットの基本コーデ

 

ポイントとして、インナーに白シャツを合わせないこと。

 

なぜなら、学生服のイメージが強くなって、子供っぽく見えてしまうからです。

 

ネイビーは、黒と比べて明るく、グレーと比べて若い印象を与えます。

 

黒やグレーが秋でも使えるのに対して、ネイビーは、春に特化したジャケットのカラーと言えるかもしれません。

 

では、春らしい雰囲気を出すため、もう少し明るいアイテムに変更してみましょう。

 

ネイビーのテーラードジャケットを使った春のコーディネート

 

黒パンツからホワイトパンツに変更して明るい雰囲気を出してみました。

 

インナーが白のままだとパンツとダブって、さすがに、おかしくなるのでグレーのVネックやハイネックのカットソーに変更してカラー差を出しました。

 

ずいぶんと、春らしい雰囲気になったのではないでしょうか?

 

 

次は、もう少し着回しのバリエーションをつけるためグレーのインナーの代わりにボーダーカットソーを使ってみました。

 

インナーにボーダーカットソーを着たネイビーのテーラードジャケットの着こなし

 

両方とも白交じりのボーダーですが、白パンツと合わせても違和感がありませんね。

 

これは、ネイビーのジャケットの特性によって、色のバランスが保ててるからです。

 

最後に、大人っぽい雰囲気を残して、学生服のイメージにならないように、カジュアル化させてみましょう。

 

ネイビーのテーラードジャケットのカジュアルコーデ

 

インナーに太めのボーダーニット、そして、パンツを白からカーキへ変更しました。

 

あまりカジュアル色が出てないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ネイビーのテーラードジャケットについては、このあたりにとどめておいたほうが無難だと思います。

 

そして、今回使ったアイテムやカラーバランスがネイビーのテーラードジャケットのほとんどなので、似たような感じで着こなしていけば、失敗することがないでしょう。

 

 

このページのトップへ

 

 

ベージュのテーラードジャケットの着こなし

 

ベージュは、年配色が強い色なのですが、白+黒のアイテムで合わせてやると簡単にサマになります。

 

下がベージュのテーラードジャケットに白+黒のアイテムで合わせた想像の基本形です。

 

ベージュのテーラードジャケットの着こなし

 

白+黒のアイテムで合わせると全く年寄りくさくならないですよね?

 

では、色をそのままで、どんどんアイテムを変えていきます。

 

ベージュのテーラードジャケットに白ニットを合わせた着こなし

 

テーラードジャケットを光沢感が高いものから低いものへ変更して、インナーのカットソーをニットに変えてみました。

 

カラーバランスは、そのままでアイテムを変えただけなのに、ずいぶんと雰囲気が変わりましたね。

 

次に、他のテーラードジャケットの色では難しいシャツをインナーに持ってきます。

 

ベージュのテーラードジャケットとギンガムチェックの着こなし

 

白を基調として線が青と赤のギンガムチェックで合わせてみました。

 

青と赤の格子だとポップ感が強く出るのですが、格子が小さめなギンガムチェックとベージュという年配色がそれを相殺して丁度よいバランスを保ってるんですね。

 

結構、オシャレな雰囲気でてますよね?

 

最後に、ボーダーTシャツと黒のスニーカーを使って、カジュアル化してみました。

 

ベージュのテーラードジャケットを使ったカジュアルコーデ

 

これ以上、カジュアル化するとバランスが悪くなるので、カジュアルスタイルが好きな人でも、このあたりにとどめておくといいでしょう。

 

 

おわりに

 

今回のテーラードジャケットを使ったコーディネートはいかがでしたか?

 

このページを読む前まで、テーラードジャケットを着るとバランスが悪くなったり、なんか似合わないと思っていたあなたもなんとなくイケそうな気分になったかもしれません。

 

テーラードジャケットのコーディネートのポイントは、色によって基本となる着こなしを想像して、それからアイテムや色のバランスを少しずつ変えていく。

 

この原則を使っていけば、ファッションセンスに自信がない人でもうまく合わせることができるので、是非、試してみてください。

 

このページを閲覧されている方は、すでにテーラードジャケットを持っていると思われるのですが、もし、新しいテーラードジャケットが欲しいなと思った方がいたなら『テーラードジャケットの選び方とおすすめ13選!』という記事で自分に合うテーラードジャケットの選び方と価格別、ブランド別におすすめのテーラードジャケットをまとめましたので参考にしていただければ幸いです。

この記事が気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです。