【難易度別】テーラードジャケットのおすすめ7色【初心者から中級者向け】

更新日 2019/4/12 作成日 2018/8/30

 

テーラードジャケットのおすすめの色は?

 

この記事は、下記の疑問を持つ男性に向けてに書きました。

 

 

 

  • テーラードジャケットのおすすめの色を知りたい
  • テーラードジャケットの色の違いよってどんな印象に見えるか知りたい

 

 

 

記事を読むことで、自分におすすめなテーラードジャケットを知ることができ、その色のテーラードジャケットを着るとどのような印象を与えるのか理解できます。

 

ファッションコーディネータートモ

トモは、初心者の街着の基本ジャケットはテーラードジャケットから始まると考えていて、テーラードジャケットについての研究をかなりしているので濃い情報をお届けできると思います。

【コーデ難易度低】初心者におすすめの2色

 

テーラードジャケットの色で初心者におすすめは、黒と紺(ダークネイビー)です。

 

理由は、コーディネートが簡単なのとベーシックな色なので周りから浮かないからです。

 

デメリットは、差別化しづらく地味なファッションになりがちなことですね。

 

では、この2色についてどんな印象になるのかお話ししていきますので、テーラードジャケットの色選びの参考にしてくださいね。

 

黒のテーラードジャケット【基本色】

 

黒のテーラードジャケットは、スーツでも黒が多いようにテーラードジャケットの中でも最も多く選ばれてる色です。

 

黒のテーラードジャケットの基本的な着こなし

 

よって、テーラードジャケットの中で最も基本的な色といった位置づけにもなると思います。

 

また、どんなカジュアルなアイテムと合わせてもカチッと感がでた雰囲気になりやすいのが特徴ですね。

 

黒のテーラードジャケットとカジュアルなトップスを合わせた雰囲気

 

だから、TPOに合わせて着ないと少しキメすぎに見られる色でもあるのです。

 

周りから見られる印象としては、ラフなスタイルで大丈夫な職場での服装みたいなビジカジスタイルのような感じですね。

 

スーツが誰にでも似合うように、黒のテーラードジャケットは誰でも無難に合わせることができるし、カジュアルなアイテムと組み合わせてもハズしにくいのでファッション初心者におすすめの色ですよ。

 

ただし、繰り返しになりますが、TPOに合わせて着ていくシーンには気をつけてくださいね。

 

ダークネイビー(紺)のテーラードジャケット

 

明るいネイビーのテーラードジャケットは、学生服といったイメージがつきやすいので、初心者はダークネイビーを選ぶことでそれを回避できます。

 

ダークネイビーのテーラードジャケットのコーデ

 

ダークネイビーは、男性のオシャレ感ではピンとこないかもしれませんが、デートで女性から着てきてほしい色のジャケットなんですね。

 

多分、適度に明るく清潔感がでて大人っぽく見えるといった印象を与えるからでしょう。

 

だから、はじめてのデートとかそういった時に使える色でもあります。

 

また、黒のテーラードジャケットより明るい色であることから春のように暖かい季節に着ることで季節感も出せるんですね。

【コーデ難易度中】少し差別化したい人におすすめ2色

 

次に、黒やネイビーは飽きたって思ってる脱初心者向けにおすすめテーラードジャケットの色をお話しします。

 

おすすめの色はベージュとグレーで、やや明るくてTPO的にも使われやすい色です。

 

ただ、特徴的に癖があるのでコーデの難易度が少し上がります。

 

コーデさえ上手くいけば、黒やネイビーにないオシャレな印象を与えるのでそこを頑張って攻略していきましょう。

 

ベージュのテーラードジャケット

 

ベージュは、濃いベージュと通常のベージュで印象がかなり異なる色です。

 

濃いベージュは、ダッフルコートを想像してもらえれば分かりやすいのですが、カジュアルな印象が増えるので子供っぽい印象になります。

 

ただ、子供っぽく見えるのでおすすめではないという話ではなくて、そのように見える特徴を考慮してコーディネートする必要があるということです。

 

例えば、Y型でしっかりとシルエットに気をつかって、キメ感の出る黒を多く使ってバランスを整える方法もあります。

 

ベージュのテーラードジャケットを使ったコーデ

 

出典:https://wear.jp/coba1026/14121058/

 

逆に、通常のベージュは、大人でも似合いやすい柔らいだ印象を与えるんですね。

 

例えば、白に近いペールトーンのベージュは、年配色に見えるので黒や白といったキメ感が強くなるアイテムと合わせるとオシャレな印象になります。

 

ベージュのテーラードジャケットに白ニットを合わせた着こなし

 

また、濃いベージュでも光沢感の強い素材を選べば、子供っぽい雰囲気が消えて上品に見えます。

 

ベージュのテーラードジャケットの着こなし

 

ベージュは、黒と比べて明るいので白や黒のシンプルなデザインのアイテムと合わせても地味に見えませんね。

 

後は、サイズ感をコントロールしてシルエットに強弱をつけたりしてバリエーションをつければ差別化できますよ。

 

こういう特徴があるので、脱初心者色として好まれやすいんですね。

 

グレーのテーラードジャケット

 

グレーのテーラードジャケットは、枯れたおっさんの印象を与えるので注意が必要です。

 

正直言って顔つきで似合うか似合わないか決まってくるほどです。

 

似合う人の特徴は、白肌なのに濃い顔ですね(海外の人は余裕で似合うわけです)。

 

グレーのテーラードジャケットのコーデ

 

特に、白よりのグレーは、そういった特徴があります。

 

こんな人がいるか分かりませんが、グレーが似合わないけど、どうしてもグレーが着たいって人ならチャコールのように黒に近いグレーを着るといいですよ。

 

チャコールのテーラードジャケットの着こなし

 

また、チェック柄のグレーを使うとカジュアル感がでるので、オッサンっぽさが中和されるので街着ではコーデの難易度が上がりますが挑戦してみる価値はあると思います。

 

チェック柄のグレーのテーラードジャケットのコーデ

 

グレーもビジネススーツで黒の次に着られる色なので、ビジカジ感がでます。

 

似合わな人が無理に着る必要がないと思いますが、黒とはまた違った印象を与えるので面白いですよ。

【難易度高】周りと完全に差別化して目立ちたい人におすすめ3色

 

ここから紹介するテーラードジャケットの色は、多くの人から選ばれないので、きっちりと着こなさないと違和感を与えます。

 

その分、コーディネートがしっかりできれば、周りと差別化できるオシャレな人に見られるといったメリットがありますよ。

 

ワインレッドのテーラードジャケット

 

テーラードジャケットだけでなく大人のオシャレさんが好むのがワインレッドです。

 

ワインレッドのテーラードジャケットのコーデ

 

ワインのような大人っぽく渋い印象を与えて、少し近寄りがたい雰囲気になるのが特徴的ですね。

 

個性的な服装をする芸能人が着ることもあります。

 

季節感は秋ですね。

 

カーキのテーラードジャケット

 

カーキのテーラードジャケットのコーデ

 

カーキと言えばミリタリーを想像すると思うのですが、ちょっとそっちよりの印象を与える場合もあります。

 

季節感は秋で、MA-1とかを着れない場所に行くときに役立つかもしれませんね。

 

この色は、ミリタリー系のファッションがかっこいいと思う人に選ばれますね。

 

 

白のテーラードジャケット

 

そのままガチで着ると派手でお金を持っている印象を与える色です。

 

夏以外の季節で着ると特にそう見えちゃいますね。

 

だから着るときは、そう見えないように他のアイテムと合わせなければオシャレに見られません。

 

白のテーラードジャケットのコーデ

 

夏なら麻系の軽めな素材を使ったテーラードジャケットに涼しそうなカジュアルアイテムを合わせて着るとTPOに合っていて違和感ない印象を与えることができます。

 

以上、テーラードジャケットのおすすめの色でした。

 

 

ファッションアイテムを検索リセット
詳細検索
この記事が気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです。