春夏版!30代男性のトレンドコーディネート11選!

30代メンズのジャケットコーディネート

 

どうも、コーディネータートモです。

 

今回は、コスパ重視で安いけどかっこよく見えるジャケットを使った
30代向けのコーディネートについて11パターンをまとめてみました。

 

着こなしに使っているアイテムは、雑誌に載っているような
高いものではなく普通の人が無理せず手に入れれるような
リーズナブルなアイテムを使っています。

 

普段使いのアイテムをシンプルなもので固める!

 

30代のショールカラージャケットのコーデ

 

6分袖のテーラードジャケットを使った着こなし

 

30代になると、なるべくガチャッとしたコーディネートを避けたほうがいい。

 

ガチャッとすればするほど、子供っぽく見えるからだ。
初心者なら、なおさら気を付けたほうがいい。

 

凝ったデザインのものを見かけるが、物によっては子供っぽく見える。

 

確実に、ハズさないのは、無地アイテムを使うこと。

 

カラーを使い分けるだけで雰囲気は変わる!

 

30代の1ボタンテーラードジャケットのコーデ

 

1ボタンのテーラードジャケットを使った着こなし

 

シンプルなコーディネートも写真のように、
黒×グレーのようなモノトーンでまとめれば、
上品でカチッとした雰囲気になる。

 

また、ネイビー×サックスのように、明るい色でまとめれば、春夏の季節感が出る。

 

ガチャッとしたデザインで着こなすのではなく、
色でコーディネートを考えるのも一つの手だ。

 

カチッと感を色で抑えるとテーラードが使いやすくなる!

 

30代の長袖テーラードジャケットのコーデ

 

綿麻のテーラードジャケットを使った着こなし

 

テーラードジャケットは、かっこよく見える反面、
キメすぎてしまう可能性があるアイテム。

 

特に、シャツとの組み合わせは、スーツっぽく見えがちなので注意したい。

 

黒×白の場合は、その傾向が強くなるので、
写真のように、ビジネスシーンでは使わないような
色の組み合わせにしてみると、街着としてオシャレに着れる。

 

モノトーンコーデで差を付ける着こなし!

 

30代の7分袖テーラードジャケットを使ったコーデ

 

7分袖パイルテーラードジャケットを使った着こなし

 

同じ黒×グレーのジャケットの組み合わせでも、
ショールカラーという襟の形を選んだり、インナーのカットソーを
杢柄にすることによって、見た目がずいぶん変わる。

 

モノトーンコーデがカチッとしすぎて、なんか上手くいかないって時に
こういった着こなしをしてみるといい。

 

大人っぽさを残しつつ、適度にファッションを楽しむことができる。

 

ラフなアイテムでも余計なデザインがなければ映える!

 

黒の7分袖テーラードジャケットのコーデ

 

綿麻の7分袖テーラードジャケットを使った着こなし

 

シャツ×ジャケットも写真のように、ラフに着れるようなアイテムで
組み合わせるとカチッとしすぎずデートにも使いやすい。

 

ただ、シャツにトリコロールとかチェックのような
余計なデザインが入っていると子供っぽく見えがちなので
注意が必要。

 

ジャケットの色を季節感を出して白にする場合は、インナーに
ボーダーのカットソーを持ってきてもオシャレ。

 

トレンドのミリタリーミックス!

 

MA-1ジャケットを使った30代のコーデ

 

MA-1ジャケットを使った着こなし

 

去年の秋ごろから流行ったミリタリーを軽く混ぜてもおもしろい。

 

街着の文化は、あくまでもミックスの文化。
カジュアル×きれいめとかミリタリー×きれいめ、ストリート×モードなど。

 

違和感なく、混ぜれるようになると上級者のコーデとなる。

 

半端丈のパンツを使ったジャケットスタイル!

 

グレーの7分袖テーラードジャケットを使った30代のコーデ

 

7分袖のテーラードジャケットを使った着こなし

 

気温が上がると、ジャケットスタイルは、暑苦しく見えるときもある。

 

どうしても、ジャケットを利用したい時は、
フルレングス以外のパンツを使うとすっきりする。

 

写真の7分丈以外でも8,9分のものを上手く使うと
大人っぽく見えるよ。

 

トレンドのジョガーパンツを使ったスタイル!

 

30代の夏ジャケットをコーデ

 

夏ジャケットを使った着こなし

 

先ほど、ジャケットスタイルと8,9分丈のパンツと合わせると、
すっきりすると語ったが、ジョガーパンツも流行りなんで、
取り入れてもいい。

 

腰回りがゆったりで下に向けて細くなるので、
楽に穿けて、きれいなシルエットが作れる。

 

腹辺りが気になりだした30代の人でも、
スタイルアップして見えるのが大きなメリットだ。

 

本革ジャケットを使った定番スタイル!

 

ライダースジャケットを使った30代のコーディネート

 

シングルレザージャケットを使った着こなし

 

レザージャケット×シャツを使った定番の組み合わせ。

 

デニムパンツと合わせることで、バイカースタイルに
カジュアルをミックスとした街着となる。

 

定番スタイルだけあって、理にかなっている。

 

素材は、本革・PUレザーのどちらでもいいが、
ファッションの基本は、見た目重視なので、
素材にとらわれ過ぎる必要もない。

 

ホワイトパンツは中級者以上向け!

 

デニムジャケットを使った30代のコーディネート

 

デニムジャケットを使った着こなし

 

人の視覚は、重いものが下、という常識に囚われている。
当然、色に軽い重たいがあるのだが、白は、軽い色。

 

ホワイトパンツは、その辺を知って着こなしを考えると
大きくハズすことはないが、初心者がはじめに選ぶのには、
少し難しい。

 

白が軽いから、本来、不自然なんだなって知っていれば、
トップスは、黒のような重たすぎる色を避けたりして、
コーディネートを工夫することができる。

 

ワイドパンツと合わせるのも一つの手!

 

30代のレザージャケットのコーデ

 

8パターンのレザージャケットの着こなし

 

黒のレザージャケットに、カチッとしたパンツを
合わせるとバイカーに近い雰囲気がでてしまう。

 

なので、パンツを他の系統で合わせるのが基本だが、
中でもカジュアルアイテムとの相性が良い。

 

去年までは、足が細く見えるようなパンツが
トレンドだったけど、今年は、ワイドパンツも
チラホラ見かけます。

 

といっても、極端なのは、オシャレ道からハズれるので、
写真のような、ほどほどなアイテムにしておくのが無難でしょう。

ファッションアイテムを検索リセット
詳細検索
この記事が気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです。