メンズファッションの基本!センスなしでオシャレになれる?

このページを読めばメンズファッションの基本を習得できるぜ!

 

どうも、メンズファッションコーディネータートモです。

 

今回から始まるメンズファッション塾の初回の講義です。

 

全9回ありますが、最後までよろしくお願いします!

 

第一回目では、見た目を気にする必要性を嫌というほど実感してもらうのと、意外と簡単にオシャレってできるんだなっていう感触を得てもらうために、ファッションの基本(アイテムバランス・色・シルエット)的なことをお話ししていきます。

 

 

突然ですが、あなたは、、「ファッションセンスを上げてオシャレになりたい!」

 

そう期待してこのページへ訪問されたと思う、、。

 

そんなあなたの出鼻をくじくようで申し訳ないのですが、

 

 

オシャレには、ファッションセンスなんて必要ないよん!

 

 

こう言うと

 

 

 

「はあ?ファッションセンスがなくてどうやってオシャレになれるんだよ!?」

 

「大体、上手くいってるやつってこういうこと言うんだよな」

 

「なんだ!そのふざけた物言いは!!フジコフジコ」

 

「そんなことより、今日の飯は何を食らうかな ズルッ」

 

 

 

 

そんな阿鼻叫喚が聞こえてくるかもしれませんが、本当です。

 

 

初心者が手っ取り早くオシャレになる唯一無二の方法は、

 

  1. 絶対にカッコよくなるという心構えをしっかりする
  2. 簡単にオシャレになれる根拠に確信を持つ
  3. 具体的なファッション理論を学ぶ
  4. 楽しみながら実践を繰り返す

 

この4つをクリアすることで最速でオシャレになることができます!

 

しかも、これらは、すぐにでも実行することができるのです!

 

人って、上手く行きだすと楽しくなってくるものですから、これを機会に服って楽しいなって感じるようになっていただけたらトモも嬉しいです。

 

あっ!後、当サイト(メンプラ)を読む!ってこともあります!(願望):なんならファンになってくれてもいいですよ!⇒空き缶が飛んできそう。

 

冗談はさておき、早速、ファッションセンスに関係なくオシャレになれる簡単な方法についてお話ししていきましょう!!

 

スポンサードリンク

メンズスタイルの広告

 

 

 

今すぐ自分の外見への認識を変えなきゃヤバイ理由

 

もはや常識とも言えるのですが、始めて人に会う時に必ずチェックされるのが”見た目”です。

 

ファッション雑誌やTV番組、そして恋愛書籍なんかでも、うんざりするほど報道・執筆されていますね。

 

女性も男は顔じゃないとか言いながら結局、イケメンや雰囲気イケメンに左右されてる傾向が実際にあります(特にお若い方)。

 

ところが、これを分かってるつもりで分かってない男性が驚くほど多いんですよね。

 

「俺、ファッションに興味ないからっ」

 

「人を見た目で判断するなんてけしからん!プンスカ!」

 

なーんて言っている人ほど、よく当てはまります。⇒これ!めちゃ損してるから!

 

 

俺達は、驚くほど見た目に左右されている!?

 

女の子は、年をとるほど”この人かっこいい!”ってだけで判断するのではなく、
我々男性のステータスを測ったり、性格を分析しようしてきます。

 

見た目で内面まで知ろうとするんですね。

 

女の子の目には、ドラゴンボールに出てくる戦闘力を測るスカウターがついていると
思ってください(笑)。

 

が!しかし!?

 

洗練された女性ほど、見た目の重要性も知っていたり、可愛い女性ほど、かっこいい男(顔だけでなくオシャレさも)との経験値が高くなるので、内面を見る前に、この男の外見から内面も大したことはないだろう!と判断する傾向にあります。

 

一般的に、女性の人生って出会う男性によって左右されたり、転機になったりすることが多いので、本能だけでなく環境的にも男性を見る力が養われているという論理に納得いくでしょう。

 

特に、初対面ほど、男性を警戒する傾向があるので、一番初めに入ってくる見た目や仕草が人柄を判断する大きな材料となるのです。

 

逆に、初対面で相手に好印象を与えることができれば、2回目、3回目に少々ヘマをやらかしても、大目に見てくれることが多いのですよ。

 

これは、心理学の初頭効果といい、科学的にも証明されていることです。

 

 

女性にモテるうんぬんでなくとも、ビジネスをしている男性ならスーツをピシッと決めたオシャレな人とヨレヨレのスーツをだらしなく着ている営業マンならどちらが信頼できるでしょうか?

 

スーツでも見た目に違いが出る

 

たとえ、実際の実力が逆だったとしても第一印象だけで好印象を受けるのはピシッとしたほうではないでしょうか?

 

っていうか、ヨレヨレのスーツを着てる人を馬鹿にしちゃいますよね(ここは、偽善はなしで!おいら、ウシジマくん張りにダークヒーロー目指してますからっ)。

 

 

しつこくいうと、ホームレスの格好をしている人と普通の格好をしている人は、どちらが裕福な暮らしをしていると思いますか?

 

ホームレスが実は、どこかの大企業の社長が化けていた!というのは、漫画かどっきり企画の中だけでしょう。

 

ビジネスシーンの初頭効果なんかは、初めて会った人と自分との格(ランク)の判断までしてしまうので、やっぱり服装の大切さが分かります(だからみんなスーツなんだよね)。

 

さらに、生涯年収まで大きく変わってくるなんていう実証データがあるっていうから実に驚きだ!

 

湯浅博士流で言うと、「実に面白い!」

 

 

女性との話に戻しますと、男性諸君もちゃっかり女の子の外見をチェックしちゃってますよね。

 

っていうか、男の方が見た目重視じゃね?(服装がいまいちでも顔とスタイルがよければOKって人多そう、うっふーん好きよ?なんて言われたらOKしちゃうのは俺だけか!?)

 

男性は、女性の服装だけではなく顔やスタイルを重視してみる傾向があるので、女性の場合は、ファッションセンスを上げるだけでは見た目の良さをカバーしづらいというデメリットがあります。

 

まあ、メイクというものがありますが、、あれは反則ですよね、、?

 

一言でまとめると、もはや、服装を気にしない人は大損しています!⇒このくらいのマインドで丁度いいかも。

 

大大損(だいおおぞん)時代突入だ!

 

 

実は、男性のほうが女性よりモテやすい!?

 

人は、なんの理由もなく、服装や高級シーンで、場違い感を持っちゃうんですよね。あっ!初頭効果の逆か!?

 

ところが、自分の見た目に自信ができれば、初デートだろうが、高級レストランに行こうが、レベルの高いコンパやパーティーが苦手だった人が、気後れしないようになります(まさに無双状態や)。

 

ビビる必要が全くないですからね。これは、やってみれば分かるのですが本当にビビらなくなります。

 

さらに、服装をオシャレに見せることは、初対面で好感度を上げる方法として、下手にコミュニケーション能力を上げたりするよりずっと簡単です。

 

ファッションは、家でしっかりと準備をしてしまえば完了(成功)するが、コミュニケーションは、家でしっかり練習しても、いざ人の前に立つと想定外の状況によって失敗してしまうことが多々ある!からね。

 

ところが、都合がいいことに、見た目に自信がでて、堂々とするようになるとコミュニケーションにも集中できて上手くいくようになるんだ!

 

そして!

 

女性からモテる要素として、服装による雰囲気や自信のある堂々とした態度は大きなプラスポイントになるので、今までより確実にモテやすくなるのです。

 

ということは、モテの大部分が顔と体メインで決まる女性と比べて、男性の方が努力で賄える部分が大きいことから有利だと言えますね。

 

結果、男性のほうが、女性よりモテやすさを上げやすいのです!

 

そして、声高々に言いますが、

 

服装は、ファッションセンスがなくても、ちょっとした理論を知るだけでカバーできます!

 

ファッションを意識してオシャレに見られるようにする!これをやらない理由はありません。

 

以上、先ほどの人は見た目で左右するの逆の論理で、あなたのマインドコントロールをしました!(良い意味でね 笑)

 

第一印象を見た目で損している人がたくさんいると思いますが、今すぐ行動することによって、周りの目も次第に変わっていくので、人生の楽しみも増えるのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク

メンズファッションプラスの広告

ファッションセンスに踊らされて初心者が必ず失敗すること!

 

「よぉーし!やる気が出てきた!」

 

「はよ、手っ取り早くオシャレになる方法を教えろや!」

 

燃えてきましたね!では、早速!

 

 

 

 

ペテン師A「初めは、雑誌のコーディネートを真似するという流れが上達の近道だぜ ぐへへ」

 

ペテン師B「雑誌を見ても良く分からない?じゃあ、自分のいいなと思うコーディネートをとりあえず全部真似しても大丈夫だぜ! ひっひっひ」

 

周りの人間(ドリームキラー)「おしゃれなんか、おまえさんに向いてないよ!俺らと一緒にゲームという名の深淵のデジタル世界のアバターで格好つけようぜ♪ おいでおいで」

 

 

あなた「、、、、、、、、、、、。???やっぱ、やめとこうかな」

 

 

 

 

これが初心者がはまる罠です!

 

 

雑誌は、かっこいいデザインのアイテムが多いけど高すぎるブランドものが多くて、あっこれ欲しい!と思っても手が出しづらいので実践しづらいんですよね!

 

 

こんな感じの服を買おう!と思って、いざお店に出かけても、雑誌に載っているような服と中々、出会うことができないのが現状(時間もかかるし)。

 

 

ちなみに、ここで付け加えておくと、高いもの=オシャレは非常に怖い間違いです。

 

 

例えば、高そうな服で塗り固められてる人のセンスってなんか微妙だなあって思ったことがありませんか?その感覚が大事です。

 

WEARなんかに投稿しているオシャレさんなんかも、要点を抑えながら安い服をコーデに取り入れているのです。

 

服の話で、何々のブランドがうんたらかんたらで、こう話すのは単純にそいつの見栄であり、ブランド服があなたをオシャレにするのではなく、どの服をどのように合わせるか?というコーディネート(着こなし)がオシャレを決める重要な要素なんですよ!

 

 

服が高ければオシャレだ!とは限らないことを覚えておきましょう。

 

 

話を元に戻しますと、大体、雑誌ってモデルだからかっこよく着こなせてるだけで、実際外で着たらやばくね?ってコーディネートも多いよね(もちろん、初心者なのでそう思うだけで、ちゃんとしたロジックで着ているオシャレさんが多いですが)。

 

そうこうしている間に、ファッション初心者は、また今度探そう〜みたいな感じで萎えてしまうんですね。

 

そうすると成長しなくなってファッションなんて面倒だし、だるいし、適当でいいや〜ってことになります。

 

ひょっとしたらあなたもそんな経験があるかもしれませんね。

 

だから雑誌は、流行りの情報(今はこんな流れなんだなって感じ)を手に入れたりするのに留めておくと良いですよ(服を着こなすのにトレンドの流れに逆らうのは、人から評価されるという相対論で考えると不利だから⇒詳しくは後述しますね)。

 

もし、読むなら1冊だけ(購入するなら経済的にもね)。

 

自分の年代に近いものとか好きな服でコーディネートされたスナップが載ってるものを選ぶといいです。

 

もし、どんな雑誌を読めばいいのか分からない人は、下記の記事が参考になります。

 

 

ここで、覚えておきたいのは、初めは、ブランドにとらわれることなく、服の合わせ方の基本(しかも、ベーシックなものから)を学び、雑誌やこのサイトで少しずつトレンドを足していくのが、周りよりワンランク上のオシャレさんになることができる方法だということ!そして、初心者は、大概ここからはじめないので、すべてが????で終わる!この罠に引っかからないようにね!

 

 

流行り(トレンド)や定番ってやっぱ大事?

 

次に大事になってくることは、流行りに敏感になりすぎず、定番アイテムを良く知っておくことからスタートすることです(先ほど、チラっとお話ししましたよね)。

 

定番アイテムというものは、いつの時代にもマッチした人気のアイテムであり、”ハズしにくいファッションスタイル”を手に入れやすいからです。

 

流行りのアイテムは、そのときに流行っている人気のデザインなので、選ぶならあくでまで自分に合ったものを少しずつ取り入れていくことが、周りの評価がついてくる方法です。

 

 

トレンドファッションについて、大半の人が勘違いしているのが、流行りとはすでに飽和した状態だと思っていることです。

 

トレンドファッションとは、コレクションや雑誌で発表はされているけど、実際にやってる人が少なく周りと差別化できるファッションなので、すべて流行ファッションで固めると、周りの人の環境によっては、理解されない場合も多いものです。

 

友達環境によっては、ファッションロジックを知らずに、流行りだけに飛びついていると”アイツ、ただのミーハー野郎だな”って陰で言われてる可能性もあります。

 

よって、流行に囚われすぎずに、ベーシックファッションを覚えて、プラスアルファでトレンドスタイルを味付けしていくことを心がけるといいですよ。⇒どうでもいいけど、当サイト”メンズファッションプラスアルファの由来ね!”

 

 

逆に、トレンドは、最近のファッションの流れなので、大きくハズれているというのも問題があることを認識しておきましょう。

 

あくまで、トレンドに沿った定番スタイルを知り、そこに最新トレンドを少しプラスすることから始めるという意味なので、曲解しないようにしてくださいね。

 

 

定番とか流行とか言う前に、そもそもコーディネートってのがよく分からないって人は、下記の記事で基礎から学ぶことができます。

 

オシャレになるには?初心者男がはじめに覚える3つのこと

 

最近のファッション業界は、もの溢れの時代となり、多種多様なアイテムで溢れかえっています。

 

疲れるけど我々は、その多種多様なアイテムの中から自分に合ったものを選ぶ必要があるんですね。

 

ブランドの数なんて、どんだけあるんだよって感じだね(涙)

 

 

そこで惑わされるのが”ファッションセンス”という謎のセンスです。

 

 

初心者にとって実態がよく分からないワードでもありますね。

 

そこで、ファッションセンスという言葉に頼らず、アイテム選びをするのには、どうすればいいのか、もう少し具体的にお話ししていきますね。

 

 

まずは、前提知識からお話ししてきます。

 

日本人は、欧米人に比べて胴長短足な体型や童顔が多くて、一般市民の洋服を着ている期間が70年くらいしかありません。

 

トモなんか、その中でも特にスタイルが悪いし、、。これは、関係ないか、、。

 

なので、洋服を着ている期間が段違いに長くて、顔が大人っぽい欧米人のスナップをそのまま真似しても上手くいきづらいんだよね。

 

足なげーし。ブーブー

 

例えば、下の写真なんか日本人で似合うのは、竹中直人さんくらいですね↓

 

欧米人のおしゃれなコーディネート
出典:http://street-fashion-snap.com/post/148023248522/

 

メンズノンノとかでこういうコーディネートみかけませんか?

 

 

真似できぬ↓パート2

 

海外の年配の方のファッション
出典:http://street-fashion-snap.com/post/171159109557/

 

真似できぬ↓パート3

 

海外のストリートファッション
出典:http://street-fashion-snap.com/post/168498989791/

 

 

ところが、街で着ている人の服装を見るとほとんどの人がカジュアル一色。

 

特に、アメカジの影響を受けてるっていうか、アメカジアイテムを多用しているだけのファッションが多い↓

 

カジュアルファッション

 

これを否定する気はありませんが、このやり方でオシャレに見られようとすると非常に高いファッションセンス&ロジックがいるんですね。

 

「あっ!俺、なんとくなくこういうスタイルしてたなあ〜」なんて思い当たる人もいるんじゃないでしょうか?

 

初心者が簡単にオシャレに見られる方法は、ファッションジャンルにとらわれず、ベーシックスタイルをミックスして着ることです。

 

違うジャンルの服をミックスさせる。これが本来のファッションの文化や基本でもあります。

 

こんな話をしていると、難しそうだなあって思うかもしれませんが、実はそんなに難しいことではなく、我々も無意識のうちにそうしてる部分があるんですよ?

 

例えば、スポーツ系やミリタリー系とかいって、そのジャンル一式で街に出たらどうなると思いますか?

 

背番号つけて今からサッカーでもしに行くの?とか全身迷彩服で戦場に行くの?みたいになります。

 

街着の場合、1系統で合わせることの方が、なんとなくおかしいのかな?と思っていただけたでしょうか?

 

 

@ファッションアイテムをジャンル別に区別する!

 

次に、ファッションアイテムに対する見た目の印象ですが、カジュアル服は、ゆったりとしていて柄のついたアイテムが多く、子供っぽい印象になり、きれいめ服は、スタイリッシュで、モノトーン系のアイテムが多く、清潔感や大人っぽい印象を与えます。

 

この理論から言うと、街で多く見かけるカジュアル一色のファッションですが、童顔な日本人が着ているとどう見えますか?

 

はい!非常に子供っぽく見えます。

 

今度、街に出かけたり、近所のショッピングモールで、なにげなく観察してみると実感できますよ。

 

 

きれいめアイテムを多めに合わせれば、大人っぽい雰囲気が入ってくるのですが、半々で混ぜると日本人の童顔の印象が強いので、子供っぽさが抜けません。

 

 

目安として、大体きれいめ7、カジュアル3くらいの割合にすると大人っぽくてオシャレな雰囲気になります。↓

 

バランスがとれたオシャレなキレカジスタイル
出典:https://wear.jp/genji/11043953/

 

大人っぽくてバランスがとれたキレカジスタイル
出典:https://wear.jp/wear10034/10966259/

 

このように、日本人の体型や顔立ちを考えると似合う服が絞られてくるのです。

 

 

 

ファッションアイテムの単純な割り振り例(素材などによって多少変わってくる)

 

カジュアル寄り

  • ダッフルコート
  • デニムジャケット
  • 柄シャツ
  • デニムパンツ
  • チノパン
  • デザインパンツ
  • スニーカー

 

きれいめ寄り

  • ロングコート
  • テーラードジャケット
  • 無地シャツ
  • スキニーパンツ
  • テーパードパンツ
  • 革靴

 

※この辺は、感覚的に分かりそうですが、スーツ寄りなアイテムがきれいめで、その逆がカジュアルアイテムだと最初は思ってください。

 

 

 

カジュアルときれいめのバランスを取りながら服を合わせるだけで、なんも意識せずに服を合わせてる人達と差がつくんですよ!

 

しかし、これらを理解したからといって、「よしっ!分かった!今からきれいめな服多めでカジュアルちょっとにして街を闊歩してくるぜ!」なんて早とちりをしてはいけませんよ?

 

いくらセンスがいらないからといってもさすがに、これだけで初心者がオシャレにはなれませんので、、。

 

ちなみに、こういう服は、あなたが25歳以上なら『スプートニクス』、それ以下の年齢なら『D colleciton』というサイトで手に入れることができます。

 

コーディネート一覧ページを見て、大体の服の雰囲気だけでも確認しておいてくださいな。

 

 

A服の色や柄の使い方の基礎を習得する!

 

色の使い方は、先ほどのカジュアルときれいめのバランスの話にも関連してきます。

 

まず、基本として覚えておいてほしいのが、

 

 

 

  • 派手、白やペールトン以外の明るい色=カジュアル=子供っぽさが増す
  • モノトーン、暗い色、白、ペールトーン=きれいめ=大人っぽさが増す
  • 柄が多い=カジュアル
  • 無地=きれいめ

 

 

 

これらのことです。

 

例えば、

 

大人っぽいコーデ↓

 

モノトーン系の服を使った大人っぽいコーディネート

 

若々しく見えるコーデ↓

 

明るい色を使った子供っぽいコーディネート

 

つまり、明るい色や派手な柄を使えば子供っぽさ&若さがでるし、暗い色メインなら落ち着いた印象や清潔感を与えるのが基本的なイメージとして覚えておきましょう。

 

初心者は、はじめのうちは、モノトーン(黒、グレー、白)アイテムから手を出していき、面積が小さい部分(服を重ね着して少し見える部分など)や小物(ブレスレットなど)で他の色や柄を取り入れるようにすると、全体のカラーバランスがとりやすいので、簡単にオシャレに見られやすくなりますよ。

 

その次の段階として、季節感に合う色を同系色でまとめていくという方法があります。

 

例えば、春夏なんかは、いつも黒系の服だと少し暑苦しいなと思えてくる時もありますよね?

 

そういう時は、季節色であるネイビー系のアイテムでまとめてやるとオシャレに見えます↓(先ほどの若々しく見えるスタイルもネイビー系でしたね)。

 

ネイビー系のファッションアイテムでまとめたスタイル
出典:http://store.united-arrows.co.jp/shop/by/styling/20180620_290522.html

 

どうでしょうか?オシャレですよね?

 

まとめると、初心者はモノトーン系のベーシックアイテムから服を集めて、オシャレに見せるには、モノトーン(2色)×他の1色ぐらいのバランスに心がけると上手くいきやすい!

 

 

B基本の3つのシルエットを意識する!

 

なんだよ!服を着るときに、シルエットなんか気にしたことないぞって言う人も多いかもしれませんね。

 

そうです。シルエットを気にしない人が多ので、差がつくのですよ。ムフフ、、。

 

実は、ファッションの基本で忘れられるのがシルエット。

 

モデルさんがどんな服を着てもサマになるような記事やテレビ番組を見ると、うらやましく思えてきませんか?

 

でも、あれってなんでだろう?

 

ピンときた人もいるかもしれませんね。

 

そうです!モデルさんは、圧倒的にスタイルがいいのです!だから、どんな服を着てもサマになりやすい!つまり似合う!くそー!!

 

しかし!案ずることはない!シルエットに気を付けるだけで、モデルさんまでとはいかないが、あなたもスタイルが良く見えるようになるのだ!

 

もし、本当にスタイルがよく見えるとしたら、シルエットで超重要だと思いませんか?

 

 

では、早速ですが!

 

基本的にシルエットは3つあります!

  1. トップスとボトムスの両方が細身
  2. トップスはボリュームを出してボトムスは細身
  3. トップスをピチっとさせてボトムスを太く

 

この3つのシルエットが分かりやすいように、超シンプルなアイテムだけを使って解説してきますね。

 

1.トップスとボトムスの両方が細身

 

Iラインシルエットの例

 

シンプルで簡単なので、初心者がはじめに覚えてもらうシルエットです。

 

アルファベットのIのような線にみえることから、Iラインシルエットとも呼ばれていますよ。

 

トモの場合は、体のラインが太いので、トップスが収縮色であるダークトーンのカーキのTシャツを使いましたが、普通体型〜細身体型の人ならシャツなどの羽織り物をつかってもIラインシルエットを作ることができますよ。

 

自分の体型よりも、若干背が高いように見えるスタイルアップのメリットがあります。

 

2.トップスはボリュームを出してボトムスは細身

 

Yラインシルエットの例

 

同じようにアルファベットのYのように見えることからYラインシルエットと呼ばれています。

 

全体のバランスが良く見えて、太め体型、細め体系のコンプレックスをも解消するきれいなシルエットになるメリットがあります。

 

使うアイテムの数が多くなる冬なんかは、ロングコートを上手に使って、Yラインシルエットを作ると、どんな人でもサマになりやすいですよ。

 

3.トップスをピチっとさせてボトムスを太く

 

Aラインシルエットの例

 

Aラインシルエットと呼ばれていて、最近、流行りのワイドパンツを使って作る着こなしが多いです。

 

バランスの取り方や周囲からの評価を得るのに、少し敷居が高いシルエットなんで、初めのうちは、初心者は、IからYラインから挑戦してみるといいでしょう。

 

これらのシルエットを意識して服を合わせるようにすると、今までと全然違った雰囲気を作ることができるのです。

 

スポンサードリンク

ディーコレクションの広告

 

 

第一回メンズファッション塾のまとめとこれからの指針

 

いかがでしたでしょうか?今回1回目ということで、かなり気合を入れてノウハウを執筆していきました!

 

もう一度、このページの復習をすると

 

  • 人と会うときは、第一印象がすごく大事
  • 初心者がオシャレになるのにファッションセンスはいらない!
  • オシャレはセンスより論理!
  • 服は、きれいめ7:カジュアル3で合わせる
  • 服の色は、暗めな色メイン+自由なカラー1色まで。
  • シルエットを意識した服の合わせ方をする!

 

ファッション初心者にとっては、目から鱗の内容ではなかったでしょうか?

 

しかし、ファッションは、理論だけ覚えても効果は薄く、実際にどんなアイテムが良いか知らなければ、オシャレに近づくことができません。

 

そこで、次回の第2回講義では、今回基本を覚えた初心者がまず揃えておきたいアイテムについて解説していきましょう。

 

ここで、どんなファッションアイテムを選べばいいのか分からない人でも、ベーシックスタイルと呼ばれるハズすことない無難なスタイルを学ぶことができます。

 

また、同時に、ファッションアイテムを選ぶ前に知っておくべきこと、やってはいけないことについてお話ししてきますね。

 

 

第1回の講義は、以上となります。お疲れさまでした!byトモ

この記事が気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです。