夏のキレカジ系メンズ服はこんなアイテムを揃えればいい!

更新日:2018/8/18

 

夏のキレカジアイテムはこれだけを揃えておけば大丈夫!

 

どうも、コーディネータートモです。

 

キレカジ系の服装って、清潔感があって大人っぽく女子ウケがいいことから、自分もそんなファッションができたらいいなって思う人も多いんじゃないかと思います。

 

しかし、夏になると着れる服が限られてくるので、どんなメンズ服を選べばいいのか迷うかもしれませんね?

 

そこで、今回は、夏にオシャレなキレカジの服装ができるファッションアイテムをまとめて紹介していきます。

 

その前に、実はキレカジスタイルというのが、よく分からないって人は、コソッと『キレカジ系とはどんなスタイル?疑問がすっきり解決!』という記事を読んでいただけると理解できますよ。

 

 

トップス

 

キレカジ系の夏のトップスの基本は、シンプル無地です。

 

なぜなら、無地系のトップスは、他のアイテムとの合わせ方が楽だし、カジュアルアイテムとの相性が良く、ほとんどハズすことがないからです。

 

初心者さんにとっては意外だと思うのですが、オシャレな人も無地のトップスを取り入れている人が多いんですよ。

 

それでは、トップス別に揃えるべきアイテムを紹介していきましょう。

 

Tシャツ

 

キレカジ系スタイルに使える無地Tシャツで、1枚は持っておくべきアイテムとしてヘインズのTシャツがあります。

 

ヘインズのTシャツ2枚組

 

ヘインズのTシャツ(色4種類)

 

多くのファッションサイトで紹介されている無地Tシャツですが、やはり良品。

 

ほどよい厚さで透け感がほとんどないのに、通気性が悪くないので、1枚でも着れるし、春秋のジャケットのインナーとしても着回しが効く。

 

名の知れたブランドなのに、2枚セットが低価格で手に入るというコスパの良さから、アマゾンでのレビューもかなり高いんですよ。

 

はじめに手に入れておきたい色は、最も着回しが効く白、そして、インナーとして重宝するグレーです。

 

また、コーデによっては、黒や紺も周りと差をつけるアイテムとして使うことができますよ。

 

 

白・グレーのコーデ↓

 

ヘインズの白Tシャツを着てコーディネートした様子

 

ヘインズのグレーのTシャツをコーデした様子

 

着用しているのは、ヘインズのTシャツの中でも名作であるビーフィーシリーズだ。

 

 

 

ところが、ベーシックな無地Tシャツだけだと、飽きがきてしまうかもしれない。

 

そういう時に、シンプルなロゴのプリントTシャツを選ぶのだが、これは好みが分れるし、オシャレに見える着こなしの敷居が高くなるだろう。

 

そこで、同じ無地系アイテムなのだが、ビッグシルエットを使った重ね着コーデを提案したい。

 

ゆったりシルエットということでトレンド感がでるし、重ね着という形で無地1枚の時よりオシャレな感じが増す。

 

注意したいのが、ビッグシルエットになるからといって、いつもよりサイズを大きくしたTシャツを選ぶと、Tシャツの肩が落ちて、だらしなく見えたり、単純にサイズを間違えただけに見えてしまうことだ。

 

それを避けるには、アイテム選びが重要になる。

 

例えば、下のビッグシルエットTシャツは優秀だ。

 

ビッグシルエットTシャツ

 

ドロップショルダービッグTシャツ(色・柄12種類)

 

写真を見た感じで、なんだ普通のポケット付Tシャツじゃん!って思うなかれ。

 

ビッグシルエットという名の通り、肩幅は普通のノンストレッチタイプのTシャツと比べて、5から7cmほど大きいサイズ感だ。

 

先ほどお話しした通り、このサイズ感だと肩部分がだらしなく見えてしまいう。

 

しかし、このTシャツは、肩部分がルーズだけどきれいに見えるドロップショルダーという仕様をとっているのだ↓

 

ドロップショルダーの例

 

この肩のギミックが普通にサイズアップしただけのTシャツとの大きな違いである。

 

 

次に、着丈だが、出回っているビッグシルエットTシャツを見ていくと、ルーズ感を意識したかなり長めのものが多い。

 

そういうものを選ぶと、きれいめ基調とするキレカジ系の印象が壊れやすい。

 

今回紹介しているTシャツの着丈がどうかというと、最近の着丈のトレンドにマッチしたやや長めくらいの感じである(ジャケットの着丈くらい)。

 

これによって、きれいめだけどゆったりした印象を与えて、ベーシックな無地Tシャツと差をつけることができるのだ↓

 

ビッグシルエットTシャツのコーデ

 

そして、この長すぎない着丈を利用すると重ね着スタイルができるので、どの世代でもオシャレ感を出すことができる。

 

 

 

続けて、重ね着というと、夏には暑苦しさを感じるかもしれないが、タンクトップを使えば、夏の終盤から秋にかけて丁度良く着ることができるだろう。

 

では、家にある肌着用のタンクトップでよいのかと言えばノーである。

 

まず、一般的なタンクトップでは、ビッグシルエットTシャツと重ね着できる着丈に届かない場合が多いことと、肌着用であれば、とても貧相なイメージを与えるからである。

 

これでは、せっかくのドロップショルダーTシャツも台無しになるだろう。

 

そこで紹介したいタンクトップがこれ↓

 

重ね着用のタンクトップ

 

重ね着専用ロング丈のタンクトップ

 

1枚で着た写真だと、どうにもいいのか悪いのか判断しづらいだろう。

 

しかし、こういったトレンドの丈よりやや長い着丈のタンクトップはほとんど見かけない。

 

裾部分がラウンドシルエットなので、単純に2枚重ねするシルエットよりキレイに見えます↓

 

タンクトップのラウンドファスナー

 

実際に、重ね着してみると、よく分かります↓

 

タンクトップを使った重ね着スタイル

 

Tシャツもシルエットや重ねて着る方法を取ることで、キレカジ感を損なわずオシャレな雰囲気を出すことができるんですね。

 

 

 

サマーニット

 

次におすすめのトップスは、ニットです。

 

「えっ?ニットって冬に着る服じゃないの?」

 

そんな声が聞こえてきそうですが、レーヨンやナイロン素材を使ったハイゲージと呼ばれる細かい編みこみでできた薄手のニットは、サマーニットと呼ばれ夏でも着ることができます。

 

では、Tシャツでなくサマーニットを選ぶメリットですが、Tシャツと比べて、ややきれいめ寄りになるところにあります。

 

例えば、デニムパンツとTシャツを合わせた格好は、どんなに細身にしても、デニムとサマーニットを合わせた格好の方がきれいめ寄りに見えます。

 

そのロジックがあることで、Tシャツとは別に持っておいても良いアイテムとなるのです。

 

ラインナップが少なめなサマーニットですが、中でもおすすめなのはこれ↓

 

キレカジにおすすめなサマーニット

 

半袖サマーニット(色4種類)

 

ニットの特性上、編み目があるので通気性が良いのとレーヨンとナイロン特有のサラッとした肌触りなので涼しく着れます。

 

夏にニットのイメージがまだまだ浸透していないので、こういうトップスを選ぶ人が少なく、周りと差をつけることができるんですね。

 

シャツ

 

次にシャツですが、キレカジで無地シャツを使うのもいいのですが、初心者が扱いやすい黒のスラックスや細パンツと合わせると、どうもビジネス感が強くなって夏らしくない。

 

そこで、夏らしさと最近の装飾トレンドの要素を含んだストライプシャツがおすすめです↓

 

ストライプマオカラーシャツ

 

ストライプマオカラーシャツ

 

こういったネイビー系のストライプシャツを着ると夏らしい色合いであるし、太すぎず細すぎないピッチ(ストライプの幅)のデザインでビジネス感が一切なくなります。

 

ただ、このシャツは、オーバーサイズに着る仕様で、肩幅広めで着丈が長めなので、初心者が何も知らずに購入すると扱いづらく感じるかもしれません。

 

しかし、着こなしは、『メンズファッション塾の初心者が初めに揃えるアイテム』でお話ししたアイテムと合わせることで簡単にできます。

 

 

まず、初心者が一番初めに手に入れるべき黒の細パンツ(スキニーやテーパード)と合わせて、コートのような着こなしをすれば(Yラインシルエット)、簡単にトレンド感を出すことができます↓

 

ストライプシャツのコーデ例1
出典:https://wear.jp/yuto0427/12875394/

 

また、タックインして、ワイドパンツと合わせてAラインシルエットをつくり、最新のオシャレ感も出すことができますよ↓

 

ストライプシャツのコーデ例2
出典:https://wear.jp/yuto0427/12917566/

 

シルエットについて、良く分からない人は下記の記事をご参考ください。

 

 

おすすめしているストライプシャツは、コーデ写真のものより、薄い色ですが、色が薄いほうが着回しがきくし、大人っぽく見えて誰にでも合いやすいのです。

 

また、半袖ではなく長袖をおすすめしているとこもポイントで、半袖シャツの場合、オシャレに見せるには着こなしのバランスが取りづらく、扱いづらいのです。

 

気温が高いうちは、袖をロールアップして、ショートパンツと合わせることもできるし、秋でも着れるので今からの時期でもおすすめなんですね。

 

 

 

パンツ

 

重複になりますが、黒のスキニーパンツやテーパードスラックスは、『メンズファッション塾の初心者が初めに揃えるアイテム』という記事で初心者が初めに選ぶべきアイテムで良品を紹介しました。

 

それらは、夏のキレカジコーデにも相性が良く合わせることができます。

 

ここではあえて、この2つをハズして、黒パンツの次に選ぶべきパンツを紹介していきましょう。

 

デニム

 

定番アイテムであるデニムパンツは、1枚持っていると便利だということは周知の事実。

 

だが今回は、キレカジ系に適したデニムというのがお題である。

 

デニム自体がカジュアルアイテムで、穿けばかなりカジュアル度が高くなり、キレカジ系のファッションスタイルを考えるならコーデの幅が狭まる。

 

それでもあえて選ぶなら濃色くらいだろう。

 

しかし、夏らしくサックスのような明るい色を選んでも、キレカジファッションがしやすい裏技的なアイテムがある↓

 

サックスのスキニージーンズ

 

スキニージーンズ(色3種類)

 

なぜ、キレカジに使えるかお話しする前に、スキニーはサイズが心配な人もいるだろう。

 

しかし、このジーンズに限定した理由がそこにあって、かなりのサイズ展開が用意されているのだ。

 

まず、スキニーで心配なのは、ウエストのサイズが細すぎることだ。

 

ところが、このスキニージーンズのウエストは、ストレッチで伸びるタイプなので、ほとんどの人に適応するサイズ感なのだ。

 

XSでさえ、74〜86といった幅があるのに、XLまで5段階のサイズが用意されているのにはメーカー努力を惜しんでない証拠だろう。

 

また、もも幅のサイズ感もサイズごとに適したものに設定してあり、多くの人が穿くことができるだろう。

 

通販で購入できるパンツで、これほどサイズ感に気を使ったラインナップは、トモの知る限り、ブランドや大手サイトといえど、そうはない。

 

 

話を元に戻すと、デニムのシルエットが細身になっただけで、IラインとYラインといった着こなしで最も美しいシルエットへ調整しやすくなる。

 

(シルエットについて、良く分からない人は、『3つの基本シルエットを理解する!』でご確認いただけたらと思います。)

 

色んなトップスと合わせてみると分かるのだが本当にしっくりくる。

 

夏では、黒パンツとの合わせずらい黒シャツとも↓

 

半袖黒シャツとサックスのスキニージーンズのコーデ

 

夜のシーンや秋にかけて使える夏ジャケットとの組み合わせも↓

 

夏ジャケットとインディゴのスキニージーンズのコーデ

 

このページで紹介したサマーニットともサマになる↓

 

サマーニットとブラックスキニージーンズのコーデ

 

色選びのポイントは、スキニージーンズであっても、明るい色になるほど若い雰囲気になり、暗い色ほど大人っぽく、そして合わせやすいアイテムとなるので、自分に適したものを選ぶことだ。

 

 

 

イージーパンツ

 

黒のスラックスを手に入れた後は、グレーやネイビーといった色を持っておくと、キレカジスタイルの着回し力が上がります。

 

そして、夏は、多くの人がショートパンツを穿いているので、スラックスを穿けば周りよりオシャレに見られやすい(オシャレは相対的なものなので周りやTPOを気にする必要がある)。

 

ただ、夏という季節柄、通常のスラックスよりもう少し楽なパンツがあると快適に過ごせるだろう。

 

そこで使えるのが、イージーパンツだ。

 

イージーパンツは、ウエストがゴム紐で調整でき太腿がゆったりな特徴があるからだ。

 

しかし、安っぽいイージーパンツを選んでしまうとシワが目立ったりするので、キレカジ感を損なってしまう恐れがある。

 

そこで、おすすめしたいのが下記のイージーパンツ。

 

キレカジ系に合うイージーパンツ

 

ギャバジンストレッチイージーアンクルパンツ(色7種類)

 

サイズに融通がきいて、伸縮性があるうえ、アンクル丈なので涼しく穿き心地がとても良い。

 

外観は、イージーパンツに見えない高級スラックスのような光沢感があり、シルエット的にもトレンドをカバーしている。

 

黒もありますが、写真のキャメル、グレー系、ネイビー系のラインナップもあるのでコーデに合ったイメージのものを選ぶといいでしょう。

 

このページで紹介したトップスと合わせれば簡単にコーデすることができますよ。

 

また、このイージーパンツのラインナップがダークトーンなので、春秋にはセットアップコーデのパンツにも使えて穿き回しも良いのです↓

 

イージーパンツを使ったセットアップコーデ

 

セットアップも視野にいれた色を選ぶと買い増しする必要がなくなります。

 

 

 

 

革靴系のアイテムは、『メンズファッション塾の初心者が初めに揃えるアイテム』で紹介した。

 

そこで紹介している革靴は、夏のキレカジシューズにも使えるものばかりだ。

 

このページでは、その次に挑戦すべきスニーカーを紹介する。

 

スニーカー

 

スニーカーは、トレンドのダッドシューズ(おやじが履くようなダサいシューズ)を選ぶべきところだろうが上級者向けで、まだまだ支持が仰げないだろう。

 

したがって、ややトレンド感のある下記のスニーカーをおすすめする↓

 

白のディアドラのスニーカー

 

ディアドラ ヘリテージシリーズ スニーカー

 

スニーカーの種類は、本当にたくさんあって迷ったのだが、イタリアのスポーツブランドであるディアドラの人気シリーズヘリテージのスニーカーをチョイスした。

 

ややくすみがかった白黒ベースで、シュータンのロゴ部分に緑と赤のラインでアクセントをつけているデザイン。

 

モノトーン系のコーデが多いキレカジスタイルには、真っ白なスニーカーよりこういったくすみがかった白の方が自然と合わすことができる。

 

最近の装飾トレンドも考えて、目立つ先端部分に、ややデザインがかったスニーカーを持ってくることで、コーデが地味にならないようにすることができるのだ。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回紹介したアイテムを使えば、夏後半からのキレカジのベーシックスタイルからトレンドが入ったスタイルまで応用して着こなすことができます。

 

是非、参考にしていただけると嬉しく思います。byトモ

この記事が気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです。