【コーデしやすい】かっこいいメンズファッションブランド12選【最速でオシャレに見せやすい銘柄を選びました】

更新日:2019/5/28 最終更新日:2019/8/23

 

ファッションコーディネーターが選んだかっこいいメンズブランド

 

この記事は、下記の悩みを持つかっこいいブランドを探している男性向けに書きました。

 

 

 

  • 周りと差別化できるようなかっこいいブランドが知りたい
  • 高品質でコーディネートしやすい服のブランドを教えてほしい
  • 単純に有名ブランドを並べてるだけのWEB記事を見飽きた

 

 

 

記事を読むことで、服のコーディネートがしやすく高品質なブランドを知ることができます。

 

 

ファッションコーディネータートモ

トモは、通販サイトの服だけでなく実際に足を運んでブランド服の視察や購入をしているので、信頼できる記事が出来上がったと思います。

 

今回選んだブランドの基準は、ハイブランドを含む中堅ブランド以上で着こなしの理解ができそうな服が置いてある銘柄です。

 

よって、GU・ZARA・グローバルワークなどのファストファッションは、ここでは省いてあります。

 

ただし、そういったファストファッションや通販サイトオリジナルブランドを否定しているわけではありません。

 

ファストファッションブランドは、使い方によって低予算でオシャレに見せることが簡単にできるからです。

 

そういったブランドも含めて知りたい人は、ブランド紹介の後に年齢別におすすめな通販サイトとブランドへのリンクを貼っておきましたので、そちらをご参考ください。

 

 

また、かっこいいの定義は、人によって変わってくると思うのですが、トモが服を選ぶとき優先しているのは、完成されたコーディネートがどうなのか?というファッション実利主義が元になっています。

 

だから、単体のデザインがかっこいいとかではなくて、コーディネートした時にかっこよくオシャレに見せやすいかどうかを一番の基準として選びました。

 

 

前提条件として、セレクトブランドの知識について知っておいた方がブランド服選びの役に立つと思うので少しお話しします。

 

セレクトブランドは、最新のデザイナーズブランドを仕入れて店舗や通販サイトに揃えています。

 

セレクトされるデザイナーズブランドは、そのセレクトブランドの色によって変わってくるのですが、セレクトブランド自体もオリジナルレーベルとして自社ブランドを販売しています。

 

語弊を恐れずに言うなら、元々トレンドに疎いセレクトブランドのオリジナルレーベルは、デザイナーズブランドの売れ筋や傾向のデータから出されたデザインが多くなっています。

 

よって、セレクトブランドのオリジナルレーベルは、デザイナーズブランドよりやや価格が安くなっていて、品質も落ちるというデメリットがあります。

 

ただし、揃えてあるデザイナーズブランドには手が届かないけど、そのブランドのデザインが好きな人は、品質が落ちるけど傾向が似ているオリジナルレーベルを選ぶメリットがあると思います。

 

この辺は、賛否両論あるのですが、知識として覚えておくとブランドで買い物するときに役に立つと思いますのでお話ししました。

 

では、順番にトモがかっこいいと思うブランドを紹介していきますね。

【ちょっとその前に】最近のデザインが超かっこいい服のブランド

 

スリックのイメージ

最近ハマっているのがSLICK(スリック)っていうブランドです。

 

昔は、好きじゃないデザインが多かったんですが、最近のはかなりかっこいい!特に2019AWからは、トレンド+大人っぽいデザイン+周りと被らないデザインが合わさっているようなアイテムが多くリリースされていて興奮しています。

 

スリックは、2002年SSからブライトという会社が立ち上げたブランドですが、セレクトショップのスプートニクスのバイヤーが厳選して仕入れをしているので、そこをチェックしてみるといいですよ。おすすめは新しいもの順です。

 

トモ厳選SLICKのアイテム一覧

1.UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)

 

ユナイテッドアローズのブランドのイメージ

ユナイテッドアローズは、オリジナルレーベルであるMONKEY TINE(モンキータイム)やアメリカクラシックのオリジナルブランドであるSTEVEN ALAN(スティーブンアラン)などを取りそろえたセレクトブランドです。

 

ショップをのぞいた時は、是非この2つのブランドも意識して確認してみてください。

 

生地の感触や細かいシルエット、色合いを中心に見ていくと違いが分かりますよ。

 

モンキータイムは、派手柄もありますが色合いが良いので悪目立ちせずに着ることができてトモの好きなブランドの一つです。

 

モンキータイムのシャツを着たトモのコーデ

 

オリジナルレーベルとしては、モンキータイムやユナイテッドアローズのほかBEAUTY&YOUTH(ビューティー&ユース)やgreen label relaxing (グリーンレーベルリラクシング)があります。

 

ビューティー&ユースのカットソーを着てみました。

 

ビューティーアンドユースのカットソーを着たコーデ

 

こういう色のカットソーって安い通販サイトでも置いてあるのですが、やや深みのある色合いが気に入りました。

 

ビューティー&ユースの方が、デザイナーズブランドの雰囲気に近くて、グリーンレーベルは、ややトレンドが入った手に取りやすいカジュアルウェアってイメージですね。

 

 

2.URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)

 

アーバンリサーチのブランドイメージ

アーバンリサーチは、多岐にわたるオリジナルレーベルを持ったセレクトブランドです。例えば、Sonny Label(サニーレーベル)やDOORS(ドアーズ)などレディースを含めると18ブランドもあるので自分で調べると混乱するかもしれません(メンズは少ないので大丈夫かな)。

 

オリジナルレーベルは、ロープライスですが、たまに??って感じのデザインやシルエットのものも混ざっているのでオリジナルブランドだということを意識して選ぶといいですよ。

 

もちろん、良いデザインも混ざっているので、やや眼力が必要になるかもしれません。

 

アーバンリサーチのニットカットソーを着てみましたが、軽くて通気性が良いのに透けないし色合いが良かったですよ。

 

アーバンリサーチのニットシャツを着たトモのコーデ

 

また、Graphpaper(グラスホッパー)といった他のセレクトショップとのコラボアイテムも置いてあります。

 

そして、カナダのNEEDLES(ニードルズ)やカリフォルニアのロッククライマーメーカーから始まったGramicci(グラミチ)、そしてファブリックブランドのトーマスメイソンといった機能性、生地の品質に富んだブランドをセレクトしているのが特徴ですね。

 

グラミチのジーパンが柔らかくて穿き心地が抜群というのは有名すぎる話です。

 

グラミチのジーンズを使ったトモのコーデ

 

言い忘れましたが、セレクトショップでは、そのブランドに合う靴ブランドも用意されている場合が多いので、シューズ専門ショップだけではなく、服合わせの時に店員さんに合う靴やサンダルを用意してもらうといいですよ。

 

通販サイトで買う場合は、合いそうな靴がないか同時にチェックしておくといいと思います。

 

 

3.HARE(ハレ)

 

ハレのブランドイメージ

ハレは、レイジブルーやグローバルワーク同様、アパレル企業のアダストリアが運営するオリジナルブランドです。

 

きれいめ系の服が多いのですが、その時々のトレンドを取り入れながら、シルエットやデザインを変化させてる感じですね。

 

価格帯が中堅クラスなのに、まあまあ品質が良く、痒い所に手が届くようなアイテムがカテゴリーごとにピンポイントで置いてあるので、ついつい多く買ってしまいます。

 

シャツとネックレスは、ハレのアイテムですが、程よい光沢感と肌触りの良さが気に入りました。

 

ハレの服を着たトモのコーディネート

 

ネックレスは、3,000円台の真鍮ですがデザインが良くてコーデにぴったりです。

 

 

4.BEAMS(ビームス)

 

ビームスブランドのイメージ

ビームスは、セレクトブランドですが、オリジナルレーベルは、服以外の雑貨やレディースを合わせると30ラインあるので、もはやオリジナルブランドのようなイメージがあるかもしれませんね。

 

ビームス、ビームスプラス、ビームスT、ビームスエフ、ピルグリムサーフサプライ、そして小物系のインターギャラリービームスなどたくさんあります。

 

中でもオシャレ服を探している人がチェックしておきたいのは、原色系デザインとトレンド服が混じったビームスとちょっとこなれた大人っぽい服が揃っているビームスライト、高品質でデザイナーブランド顔負けのアイテムが揃うPilgrim Surf+Supply(ピルグリム サーフ+サプライ)、Brilla per il gusto(ブリッラペルイルグスト)あたりです。

 

元々アメカジブランドをインポートして始まったセレクトブランドなので、ややアメカジデザインが残っているような気がします。

 

数が多くてややこしすぎるので、服に合うデザインかどうかチェックするのと、はじめは品質が分からなければ価格を見て判断するといいですよ。

 

特に店舗では慣れてないと即買いしがちですが、失敗しやすいのでよく吟味してからにしましょう。

 

 

5.JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)

 

ジャーナルスタンダードのブランドイメージ

ジャーナルスタンダードは、エディフィスなどのブランドを運営しているベイクルーズのオリジナルブランドです。

 

ジャーナルスタンダードのオリジナルブランドもたくさんありますが、おすすめは、ジャーナルスタンダードとジャーナルスタンダード レリュームです(特にレリュームはいいですよ)。

 

光沢感があってシルエットがきれいなアイテムが揃っているのに、価格を見ると意外とそんなに高くないところも魅力です。

 

本場のアメカジをコンセプトにしているブランドですが、最近のきれいめトレンドのせいか、アメカジの雰囲気が正直よく分からない感じですがアイテムはトモ好みです。

 

 

6.Lui’s(ルイス)

 

ルイスのブランドイメージ

ルイスは、パルが運営するオリジナルブランドの一つです。モードな雰囲気をトレンドに落とし込んだような質の高いアイテムが揃っているブランドですよ。

 

ワードローブをコンセプトにしていますが、最近では、トレンドの影響が大きくオーバーサイズのデザイナーズブランドのようなデザインの服が多いですね。

 

ノーカラージャケットを見てもらえれば分かるのですが、価格の割りにとてもきれいな襟のラインがトモのお気に入りです。

 

 

7.ADAM ET ROPE’(アダムエロペ)

 

アダムエロペのブランドイメージ

アダムエロペは、JUNグループが運営するオリジナルブランドで、インポートブランドを同時に扱っているセレクトブランドです。

 

きれいめ・細い線・トレンドのシルエットを出した美しい服が揃っているブランドです。

 

洋服では、海外の人と比べてデメリットが多い日本人の体型と顔立ちですが、その弱点を埋めてくれるような美しいシルエットの服がアダムエロペには多いと勝手に思ってます。

 

アダムエロペのシューズを履いてコーデしてみました。

 

アダムエロペのシューズを使ったトモのコーデ

 

少しレディース調な感じもしますが、そういったユニセックスなデザインも多いですよ。

 

 

8.MHL(エムエイチエル)

 

MHLのブランドのイメージ

MHLは、デザイナーのマーガレットハウエルさんが手掛けるブランドで、糸の素材となる原料や色合いなどに非常にこだわっていて、ブランドテーマがウォッシャブルであり10年使えるアイテムが揃っている良質なブランドです。

 

デザインは、定番に少しトレンドを交えた形で30代、40代がオシャレに着れる服ですが、本当に服好きな若い人からも支持されているんですね。

 

良い意味でトレンドに流されず、毎年大きくデザインが変わらないのも大人の男性におすすめな理由です。

 

 

9.ABAHOUSE(アバハウス)

 

アバハウスのブランドイメージ

アバハウスは、日本のアバハウスインターナショナルが立ち上げたオリジナルブランドです。

 

服は、大人のオシャレカジュアルに寄与するフレンチテイストがメインです。

 

きれいめ調が多く、デザインが控えめでシンプルなのが多いので服に合わせやすいですよ。

 

価格もそんなに高額ではなく、オシャレなビジカジとしてもおすすめですね。

 

 

10.kolor(カラー)

 

カラーのブランドイメージ

カラーは、街着と非日常着のギリギリなラインを攻めてる阿部潤一さんがデザイナーのブランドで、周りと差別化できる服が多いですね。

 

ファッション初心者にはトップス系アイテムの難易度が高いと思うのですがパンツはおすすめです。

 

特に、テーパードパンツは高額になりますが、シルエット、素材、穿き心地がとても良くて、数年穿いても色褪せないような丈夫なパンツではまってしまいます。

 

世界観が深く、熱烈なファンが多いブランドなんですね。

 

 

11.mirabella homme(ミラベラオム)

 

ミラベラオムのブランドイメージ

ミラベラオムは、世界のトップクラスのデザイナーズブランドをそろえた集英社が運営するセレクトショップです。

 

エルメスやラコステのアートディレクターを務めたデザイナーのクリストフ ルメールも加わり、UOMOの雑誌に載っているハイブランドを検索することができます。

 

40代以上の男性が狙うハイブランドとして利用してもらいたいですね。

 

 

12.RAINMAKER(レインメーカー)

 

レインメーカーのブランドイメージ

レインメーカーは、デザイナーの渡部宏一さんが手掛ける京都のブランドです。英国のデザインを日本人に合うようにカスタマイズされてリリースしている服が多く、機能性、品質など最高峰のアイテムが揃っています。

 

特に、テーラードジャケットやコート系アイテムの美しいシルエットと縫製は目を見張るものがあり、高額ですが店舗で服を手に取って感じてもらいたいほど良いものが揃っています。

 

以上、コーディネーターがおすすめのかっこいいブランドでした。

 

なお、年代によってもおすすめの通販サイトやブランドが変わってくると思うし、これから好きなブランドを見つけたい人なら一つの指針が欲しいのではないかと思います。

 

下記の記事では、おおよその年代ごとにおすすめの通販サイトとブランドをまとめておきましたのでご参考いただければと思います。

 

 

人気記事メンズファッション通販ランキング【コーディネーターのおすすめ】

 

ファッションアイテムを検索リセット
詳細検索
この記事が気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです。

関連記事

年代別!メンズTシャツのブランドおすすめ19選

Tシャツのメンズブランド メンズTシャツのブランドから最近のトレンドや定番コーデに合わせやすいおすすめのものをユース・大人・全世代の年代別にまとめました。各ブランドのTシャツがどういう特徴があるのか理解できて、ブランドに関する実践的知識が高まります。

≫続きを読む

ポロシャツのブランド一覧!

ポロシャツのブランド一覧 アバクロ、モンクレール、ラルフローレンなどポロシャツのメンズブランドの中でかっこいい物を厳選して一覧にしました!

≫続きを読む

ジーンズ メンズブランドランキング!

ジーンズランキング 20代、30代、40代の男性に人気でおしゃれなデニム(ジーパン)ブランドやメーカーを質がいい順ランキングで一覧に!

≫続きを読む

アクセサリーブランド

アクセサリーのブランド 10代、20代、30代、40代男性向けで人気のかっこいいシルバーアクセサリー(ネックレス、ブレスレット、リング)のブランド(メーカー)を一覧にして紹介!

≫続きを読む

iPhoneケースのメンズブランドはこれだけある!

ワンランク上のiPhoneケースブランド 多くの人に人気でおしゃれなアイフォンカバー(5、5s、6、6s、SE)の男性用ブランドを一覧にしてみました!ストリート、リーバイスやホリスター、アバクロなどのアメカジ、ポールスミスなどのハイブランドからユニセックスなものまで掲載!

≫続きを読む