トレンドのかっこいいモッズコートはどんなの?

トレンドと予算に合わせてモッズコートをビシッと紹介!

かっこいいモッズコート

 

どうも、コーディネータートモです。

 

モッズコートは、秋から流行っているミリタリーブームでチョイスする人がグッと増えてくると思います。また、ステンカラーコートと比べて、ヴィンテージ感がでても大丈夫なアイテムなので、数年間着ることができます。

 

特に、メンズファッションでは、シンプルで保守的なアイテムが多いので、この傾向が強いです。

 

というわけで、今回は、数年着れるおすすめのモッズコートから今年に合わせて着たい人のために激安でなるべく品質の良いものを選びました!

 

トモおすすめのモッズコート

 

黒のファー付モッズコート

 

一番のおすすめは、M-51のミリタリー感をしっかり出しているけど街着に合わせたきれいなシルエットとシンプルデザインなこのモッズコート。

 

サーモライト中綿という保温効果が高くて軽い素材を使っているので、着心地も良い。

 

お堅い会社でなければ、スーツと合わせても様になります。チェスターコートと同じくスーツと相性がいいですからね。特に、ロングタイプは。

 

オリーブのファー付モッズコートの着こなし

 

6万から10万くらいするブランドが出しているモッズコートのように、ナイロンミックスでやや光沢感がある外観なのに、比較的、安価で手に入ります。

 

ブランド:Audience(オーディエンス)

 

NEW! サーモライト中綿 割繊糸スタンドフードモッズコート

 

 

次に、先ほどのアイテムより、ファーがフードになったことにより、ドレス感がアップしてスーツとの相性も良くなったモッズコート。

 

黒のM-51のパーカーモッズコート

 

ウール90%でかなり保湿効果も高く、このページ内では、最高のレベルです。では、なぜ一番のおすすめではないか?というと先ほどコートのほうが、ミリタリーテイストが強いからです。

 

M-51モッズコートのコーデ

 

せっかく、モッズコートを着るのだから、ミリタリー感を楽しみたい!という単純にトモの好みです。散々迷ったあげく、機能性はこっちで、ミリタリーらしさは、上のモッズコートという評価にしました。なので、あなたの好みや使うシーンに合わせて選ぶといいですよ。

 

ブランド:Johnbull(ジョンブル)

 

NEW! ウールM-51パーカーモッズコート

 

 

次に、ゴツい感じのコートは、苦手だけどトレンディーなミリタリーコートがほしい時に使えるのがこれ。

 

ブラックのナイロン素材のモッズコート

 

薄手で軽量ですが、ナイロン素材を使ってるので、風を通しにくくなっています。ポッチャリ体型の人は、こういったものを使うと着太りしません。

 

カーキのモッズコートのコーディネート

 

ボトムスは、細めで合わせるってことは、もうお分かりですね?このモッズコートに限らず、ロングコートは、細身のパンツで合わせるのが正解。

 

スタンドフードでもファーでもないので、首周りにストールやマフラーを巻くと、全体のバランスがとれますよ。

 

ブランド:Upscape Audience(アップスケープオーディエンス)

 

日本製ヴィンテージナイロンオックスモッズコート

 

 

次に、大学生を中心とした学生におすすめのモッズコートを見ていきましょう。

 

大学生向けのモッズコート

 

カジュアルアイテムを選びやすい学生におすすめなのが、着丈がロングコート未満、ジャケット以上のモッズコート。さらに、無難な黒を選ぶとカジュアルなアイテムを多く使っても様になります

 

学生向けのモッズコートの着こなし

 

ファーの荒々しさやすっきりした袖が10代のかっこよさを引き出すようなデザインになっています。ボタンまでしっかりと同色になっていて、抑えるとこはしっかりと押さえているとこも見逃せない。

 

ポリピーチシャーリングモッズコート

 

1万円以下(税抜)の激安モッズコート

激安のモッズコートは、手軽に多く買えるメリットがある分、デメリットもあります。その辺を踏まえて、おすすめのアイテムを紹介していきます。

 

激安モッズコート

 

デザインは、ベーシックで驚くほど安いモッズコート。形は、ものすごくいいです。

 

ただ、表地:綿100%で裏地がポリエステル100%なので、保温性に欠けます。秋や春先ならサッと羽織れるのですが、真冬は、ちょっとキツイと思います。

 

黒のモッズコートのコーデ

 

黒・ワイン・ベージュの3色ですが、全部、ボタンの色が同じなので、ベージュはともかく他の2つの場合、少し安っぽく見えるのが惜しい。

 

まあ、カットソーくらいので値段で購入できる割には、コスパは高いかな。

 

M65ファー付きモッズコート

 

さらに、先ほどのモッズコートより丈が長くなって、ミリタリーテイストが強まったものがあります。

 

ネイビーのファー付き激安モッズコート

 

機能性は、上とほとんど同じ。値段が、少し上がってる分、頑丈にできていて、やや防寒性が高くなっていますが、2万円以上するコートの防寒性には勝てませんが、、。

 

こちらは、ボタンが見えないように工夫してあるようです。ボタンラインの作りで、結構、コストが変わってくるので、この辺の削減は嬉しいです。

 

色の染め具合も合わせて、見た目が安っぽく見えないのがポイント高い。

 

N3Bファー付きモッズコート

 

次は、お兄系のサイトで出ているモッズコート。

 

カーキのパーカーモッズコート

 

スッとしたシルエットと色感は、いいのですが、ダラダラとした紐が気になります。この辺を上手に縛ったりして、着こなして上手く使うといいかもしれません。

 

10代におすすめ。

 

ブランド:REBTRAIT(レブトレイト)

 

フィッシュテールモッズパーカー

 

 

こちらは、やや着丈を短くしたモッズコート。

 

ミリタリーモッズコート

 

アメカジ感が加わった色合いで、ヴィンテージのデニムパンツとよく合います。例のごとく、この値段では、ウールが使えないので、防寒性は、中綿で担保されています。

 

中綿は、ややモコッとしたシルエットになってしまうので、敬遠されます。例えば、ダウンジャケットも毎年シルエットをスタイリッシュにしたものがリリースされています。今年は、あまり売れないみたいですけど、、。

 

まあ、お兄系のコーデなら関係ないです。逆に、そこが定番な感じでギャルウケが良くなるのですが、、。

 

ミリタリーモッズコート

 

カーキのフード付きモッズコート

 

20代前半くらいまでなら、こういった渋谷系のモッズコートを使ってもオッケーだと思います。渋谷系でもブランドを選べば、結構シンプルなデザインのものがあるんですよ。

 

やや、首周りのバランスが悪い感じなので、マフラーを使って調整するといいです。

 

ブランド:CavariA(キャバリア)

 

ツイルフードモッズコート