夏でも着れるメンズジャケット!

更新日 2018/7/3

 

夏でも着れるサマージャケットについて学ぼう!

 

どうも、コーディネータートモです。

 

夏は、Tシャツやジーパン又はショートパンツのようなカジュアルで、シンプルなコーディネートになりがちな時期ですね。

 

そこで、夏ジャケットを検討する方もいらっしゃるかもしれませんが、そこにはメリットとデメリットが存在します。

 

 

 

メリット

 

「夏には少ない、きれいめアイテムをコーデできる」

 

「コーデの幅が広がる」

 

 

 

カジュアルアイテムが多くなる夏にきれいめに寄るサマージャケットを使うことによって、周りと差別化することができるし、使えるアイテム点数が増えることから着こなしのボリュームを増やすことができます。

 

逆に、デメリットと言えば、、。

 

 

 

デメリット

 

「暑い」

 

「TPOに合わない場合がある」

 

 

 

真夏にジャケットを着ていると暑いし、昼の外をジャケット着て、歩いていると、オシャレというより暑苦しく見られます。

 

つまり、真夏の場合は、夜かクーラーの効いた室内、パーティー会場のようなドレスアップすべきシーンなどに限られてきますね(紫外線対策というのもあるかもしれませんが)。

 

サマージャケットの選び方

 

選ぶべき夏ジャケットは、吸湿性と通気性が優れたものがベターです。

 

しかし、通気性を考慮するなら麻素材が良いがシワ感のでたカジュアルな外観になりやすい。

 

逆に、吸湿性に特化して綿素材を使うとシワになりづらく、きれいめ感がでるメリットがあるのですが、保温性が高くなり暑い。

 

このようなことから、サマージャケットでは、麻混素材のアイテムが一般的です。

 

 

次に、サマージャケットの形ですが、長袖は、ロールアップするという手もありますが、いくらんでも暑苦しいし、半袖ジャケットは、あまりにもシルエットが崩れるので、オシャレに見えません。

 

実際に、市場でカチッと着こなす用途での半袖ジャケットは、ほとんど出回ってないでしょう(山や海上でのアウトドアに着ていくデザインの半袖ジャケットが多い)。

 

よって、実践的には、7分袖のジャケットを選ぶことがベストだと思います。

 

7分袖のジャケットは、夏だけでなく、温度の変化が激しい春や急に温度が下がる秋の夜まで長く使えるというメリットもあります。

 

このページでは、以上の点を考慮して、リーズナブルなサマージャケットのおすすめをまとめました。

 

 

おすすめのサマージャケット

 

サマージャケットの代名詞と言えば、麻混素材を使った通気性の高いものだが、トモが一番におすすめするのは、麻を一切使わず、特殊ポリエステルを使ったドライ加工のジャケット。

 

この特殊ポリエステル(クールマックス)60%と綿40%を合わせることにより、体感が温度が-3℃となる試験結果がでている。

 

また、麻や麻混ジャケットと比べて、シワになりづらく、柔らかいうえ、外観がきれいめに見えるというメリットがある。

 

おすすめの7分袖テーラードジャケット

 

クールマックス素材ドライ加工7分袖ジャケット ¥8,900(税抜)

 

身幅がキュッと締まったシルエットに見えるが、サイズ感としては、そんなにキツイ感じではなく、身幅の一点を抑えることで、細身なシルエットを演出できる仕様になっている。

 

上下細身のIラインとしても使えるし、ジャケットの面積の多さを利用してYラインシルエットに応用することもできるのだ。

 

写真では、腕周りが太くなっている印象があるが、伸ばして写しているのでそうでもありません。

 

なので、腕が細い人でも前腕を太く見せることができて、ジャケットのメリットであるガッチリした体型に見せることができます。

 

コーディネートは、インナーに、無地のTシャツ、ボトムスに同色のショートパンツやスキニーパンツ、アンクル丈のスラックスと合わせて、セットアップ風のコーデに使ったり、ボーダーカットソーとブルーのスキニージーンズと合わせてもオシャレですよ。

 

ブラックとネイビーがありますが、おすすめは季節感のでるネイビーですね。

 

ちなみに、ブラックやネイビーは、色がダークトーンなので、外観から素材の良し悪しが判断しづらく、無理にブランド品を買う必要がないのです。

 

このサマージャケットの販売サイトへ

 

 

もう一つおすすめなのが、サマージャケットの王道である綿麻素材の7分袖ジャケット。

 

機能性は、もうお伝えした通り、吸湿・通気性ともに優れている。

 

綿麻の7分袖ジャケット

 

7分袖1ボタンテーラードジャケット ¥6,372円(税込)

 

最大限、涼しい夏ジャケットがほしいなら、1番初めに紹介したジャケットがおすすめだが、こちらは、約3,000円ほど安く手に入れることができる。

 

ただ、やはり、ブラックやネイビーの無地だと麻混している分、シワが目立ち、ドレスアップするのに難易度が高くなる。

 

そこで、私がおすすめするのは、ラインナップの中にあるグレンチェックのジャケットだ。

 

(上の写真のベージュもシワが少し寄って丁度良いカジュアルな雰囲気を出せてよいのだが、コーディネートに失敗するとおっさんぽくなるので注意が必要だ。)

 

(もし、コーデするならグレーのスラックスや少し濃いベージュの細身のチノパンでシワが寄らないものと合わせるとうまくいく。)

 

グレンチェックの7分袖ジャケット

 

同色ながら、縦と横に網目の方向性が切り替えられているデザイン性のある色。

 

こういったアイテムは、子供っぽく見えたり、着こなしが難しくなると思われがちだが、遠くから見ると無地に見えるので、全く問題ないのだ。

 

グレンチェックの7分袖ジャケットのコーデ

 

この切り替えで表情があるデザインだと、シワが目立ちにくくなり、安価なノーブランドでもオシャレに見せることができる。

 

さらに、ストレッチが効いていて、着やすいのだが、ストレッチが効いているアイテムは、ブランド品と比べて安っぽく見えがちになるという弱点も切り替えデザインによってカバーされている。

 

こういったデザインジャケットは、夏のシンプルなコーデのアクセントとなり、地味感を払拭することができる。

 

このサマージャケットの販売サイトへ

 

 

以下、通販サイトで人気のサマージャケットを少し追加しておきます。

 

 

軽快に羽織れる!25〜30代必見テーラード

 

ネイビーの7分袖テーラードジャケットとボーダーのカットソーを合わせて着た写真。

 

綿麻ストレッチ7分袖テーラードジャケット

 

夏のジャケットは、下手をしたらかなり暑苦しく見られます。このテーラードジャケットは、そんなジャケットの欠点を徹底的に排除して改良デザインされています。軽量・通気性の良い生地感・シルエットにこだわってサラッと羽織れるように!大人っぽい夏の着こなしを楽しみたい方におすすめのテーラードジャケット♪

 

セレクトショップでかなり高級品?20代必見!

 

5分袖の黒のテーラードジャケットと白のカットソーを合わせて着た写真。

 

裏地デザイン5分袖テーラードジャケット

 

このデザインのジャケットは、セレクトショップではかなり高いが爽やかで女子ウケがいいんですよね。価格が正直高いんで中々着ている人が少ないみたいです。しかし今回、えっこの価格で手に入るなら結構いいんじゃない?という感じで見つけたので掲載しました!

 

大学生に!シャツ感覚で羽織れるオシャレなジャケット!

 

白の7分袖テーラードジャケットのコーデ

 

スラブ鹿の子テーラードジャケット

 

シルエットが絶妙で、芸術性のあるポケットの配置と夏らしい清潔感のあるカラーチョイスがかなりおしゃれ。結構個性が出て、センスがいいコーディネートが完成しそうで女の子ウケも良さそう。トモ的には、大学生の方におしゃれに着こなしてもらいたいジャケットです。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

 

サマージャケットは、夏のコーデの幅が広がる反面、使い方次第で、TPOに外れます。

 

ただ、春や秋も使えるアイテムなので、そのあたりも考えて選べるといいですね。

 

では、また。byトモ

この記事が気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです。