背が低い男性必見!ファッションで背を高く見せる方法

チビの俺がスタイルアップさせてるコーディネート術

 

どうも、メンズファッションコーディネータートモです。

 

初対面で初めにチェックされるのは、顔・服装・背丈・髪型ですが、第一印象がマジで大事だということは、第1回講義「メンズファッションの基本」でお話ししてきました。

 

この中でも背が低いと、、、

 

 

 

  • 子供っぽく見られる
  • 初めて会った人になめられる
  • 恋愛対象からハズされる
  • なんとなく馬鹿にされる

 

 

 

このような悔しいデメリットを感じる場面が多々あるのではないでしょうか?

 

そこで、メンズファッション塾、第3回目では、第一印象で目をつけられやすい背が低いという不条理なコンプレックスを目立たなくさせるために、どういうファッションスタイルをすれば良いのか?その方法について、お話ししていきます。

 

戦後、日本の平均身長が上がってきた!こんな話を聞くと憂鬱になる我々背が低い男の明るい未来に向けて常に情報をアップデートしていくぜっ!

 

「身長170cm以上の男がいい!」なんて言ってる女なんて!、、、まあ、この愚痴の続きは別のとこで(汗)

 

スポンサードリンク

メンズファッションプラスの広告

 

 

 

 

俺ら背が低い男が意識すべき4つの基本

 

現状、いろんな情報を見ても抽象的な内容が多いので、実践論として、背を高く見せるために、どんな点に気をつけて服を選べばいいのか、さっぱり分からないという人がほとんどだと思います。

 

そこで、トモがファッションコーディネーターの威信をかけて抽象論を3つにまとめてみました。

 

これを聞いて頭のごちゃごちゃをとってくれ!

 

@服合わせのバランスを気をつけると低身長が目立ちにくい!

 

まずは、いきなり名言から。

 

実は、背が低い男性がはじめに考えることは、背を高く見せることより、コーディネート全体のバランスを考えることが重要なのだ。

 

なぜなら、バランスがとれたオシャレなファッションは、そちらに目が行くので背が低いことをごまかすことができるというわけでな。

 

そういうと、

 

「俺、そういうごまかしテクニック嫌いなんだよな!」

 

「おまえ、単純に背を高く見せるファッションを知らないんだろうが!?」

 

こんな風に思う人もいるかもしれませんが、自分の体型が完ぺきな人なんて、この世にいないし、そもそも、どの体型が完ぺきな体型か基準なんてないですよ?

 

だから、ファッションの世界では、体型をごまかしたり、よく見せて理想に近づけようとする行動が当たり前のことなんだ。

 

これは、多くのファッションに疎い人達が勘違いしている点ですが事実です。

 

例えば↓

 

バランスよく服を合わせてる女性のファッション

 

このモデルさんは、160cmないですが、背が小さいように見えませんよね?

 

むしろ、モデルというイメージから写真で見るかぎり高身長ではないか?そう思ってしまう人もいるでしょう。

 

このように、女の人は、非常にバランスがとれたコーディネートが上手な人が多く、背が低いという雰囲気が分かりづらいのです。

 

ロングコートなんかをきれいに着ている女の人って自分と同じくらいの身長でも背が高く見えませんか?要するにそういうこと。

 

余談になるかもしれませんが、背が低い人って、短いコートを選ぶ傾向にあるのですが、背が低い人ほど勇気を持ってロングコートを選ぶとバランスのとれた着こなしができます。

 

「そんなもん、似合うわけねーだろー。」

 

「それより画像のモデルと付き合いてえなあ、、ズルッ」

 

そう思う人もいるかもしれませんが、ロングコートは、それだけで7割はシルエットがきれいなバランスのとれた着こなしになります。

 

もしも、合わないと思う人は、パンツをスキニーかテーパードで合わせてみてください。

 

ここで、第一回講義を聞いた人なら、ピンとくるかもしれませんね。

 

そうです、私が変なオジ・・・いや、トップス太めでボトムスが細めのYラインシルエットを使ってるんですね。

 

Yラインシルエットの解説

 

全体的にボリュームが増えるので、思った以上にバランスがよくなり大きく見える視覚効果が得られます。

 

計算が必要なゆるめのTシャツで合わせるより、違和感なく丈が長いコートなら、着こなしの難易度も低くくなるのです。

 

黒のコートのきれいなお姉さんって少し近寄りがたくありませんか?

 

実際は、そんなに背が高くないのに、大きく見えて威圧感がでるという理由もあるんですね。

 

1つ目は、バランスよく服をコーディネートすること!これを頭に入れておきましょう!

 

先ほどからでてくるYラインシルエットとは、服装がきれいに見える服の着こなしの方法の一つです。

 

これについて、良く分からないって人は、下記の記事をご参考ください。

 

 

 

A背が低い自分を相手の頭から消し去る方法

 

そして、次は、ミスディレクションを使うこと!

 

黒子のバスケを見てない人は、「こいつ、頭湧いてるのか?」って思うかもしれませんが、要するに相手の意識を背の低さに向けさせないことだな。

 

背が低い芸能人のファッションスタイルを見てもらえば分かるのですが、プロのコーディネーターが衣装合わせしたり、自分で合わせたと言ってる人でもセンスのいい服装をしてる人が多いので、服装自体に目が行き背が低いことなんて気にしないことがほとんどでしょう。

 

もちろん、TV画面が分かりにくくしているということもありますが、それこそ視線を背丈に集中させない具体例になります。

 

 

実践では、シャツや帽子・小物といったアイテムに個性を出して全体的に自分に合った独創的なファッションをする方法があります。

 

個性的なファッションスタイル

 

これは、背丈の高い低いより個性的なファッションに相手の視線や意識を向けさせて好印象を与える作戦です。

 

背が低い芸能人は、個性的なファッションスタイルをとっている人が多いので参考になりますよ。竹中直人さんのファッションスタイルなんて典型例です。

 

ただ、ファッション初心者が個性に走るのは少し危険なので(むしろ、チンドン屋ってあだ名がつくかもしれないな)、初めのうちはコーディネートが完成したらもうワンポイントどこかにアクセントを入れることはできないか?ということを考えるようにしましょう。

 

その中でもし、挑戦するとしたら帽子かストールみたな小物がおすすめです。

 

モノトーン系の帽子やストールなら初心者でも敷居が低いし、目線が上に上がるので少しでも高く見せることができます。

 

夏なら、ブレスレットやネックレスを上手に合わせて、そこへ視線が集まるようにして、ミスディレクションを成功させてください。

 

2つ目は、相手の意識を背の低さに向けさせないこと!でした。

 

 

B子供っぽさを消すことで大きく見られる!

 

そしてもう一つ!背が低い=子供っぽい印象が強くなるので、カジュアルアイテムを少なめにして、きれいめアイテムを多めに混ぜた着こなしをする方法があります。

 

それを実践するだけで、大人っぽい=大きなイメージが相手の頭に入るので、子供っぽく見られていたときより、相手から一目置かれやすくなるよ(身長の話題になったときに、あれっ、あの人そんなに小さかったけ?って思いだされるくらいになる)。

 

背が低いだけで、軽く見られたことあるよなー(涙)痛いほどわかるぜ、その気持ち(泣)

 

 

カジュアルときれいめアイテムについては、たくさんあるけど、少し例を挙げておくので、大体のイメージを掴んでおいてほしい。

 

カジュアル寄りなアイテムとは

 

 

 

例)

 

  • デニム系アイテム
  • ツイル素材系のチノパン
  • プリントTシャツ
  • スニーカー
  • キャンバス地のトートバッグ
  • ワイドパンツ
  • リュック

 

イメージ⇒柄、広い幅、ザラザラ

 

 

 

きれいめ寄りなアイテムとは

 

 

 

例)

 

  • テーラードジャケット
  • ロングコート(無地)
  • 無地Tシャツ
  • 黒の細パンツ(細く見えても可)
  • 革靴
  • レザーバッグ(トート、クラッチ)

 

イメージ⇒無地、狭い幅、ツルツル(光沢感)

 

 

 

きれいめが多い服装は、こんなイメージです↓

 

きれいめが多めなキレカジコーデ

 

Cサイズへの誤解

 

ちなみに、サイズ感についてよく、きっちりサイズに合ったものを選びなさい!みたいなアドバイスを良く耳にしますね。

 

これは、ルーズシルエットというのがNGではなくて、バランスの取れていないオーバーサイズを着ることがNGという意味です。

 

ルーズシルエットにする場合、例えば、Yラインならしっかりボトムスを細く作って、トップスの裾で腰位置を隠すくらいに抑えたものにするなど、全体のバランスを考えてコーディネートすればよいのです。

 

ようするに本質は、子供っぽく見せないことなので、同じトップスを太めにするといっても中学1年生の時に、3年生までに背が伸びるから大きめな学生服を選んだような着こなしだとNGだということですね。

 

子供っぽく見える服と大人っぽく見える服、そして、日本人の体型で一番オシャレに見えるアイテムの選び方については、下記の詳しく語っています。

 

 

このように、背が低い人でも、メンズファッションの基本と背が低い体型のデメリットを克服する方法を知れば、オシャレの幅を広げることができます。

 

通販サイトでは、『スプートニクス』というサイトをチェックするとIラインやYラインを駆使したきれいめ多めなカジュアルミックスのコーディネートが分かるので真似するといいよ!

 

 

ここまでのまとめ

 

背が低い人のファッションの基本は、相手に背が低いという事実から目線やイメージを逸らさせることから始めるといい!そして、背が低いからこういうファッションスタイルは無理だ!とあきらめるのは早い!すべては、バランス!本質は、子供っぽく見せないこと。

 

 

スポンサードリンク

メンズスタイルの広告

 

 

色づかいで大きく見せられるってホンマかいな

 

背が低い人が知っておきたい基本が理解できたら、もう一つ、色彩のテクニックを覚えておいてほしい。

 

面倒だと思うが、基本とこれを覚えておけば、もう終わりに近いから頑張ってほしい。

 

では、いく。

 

 

基本的に、コーディネートを同じ色でまとめると、目の錯覚で実際の身長よりも高く見えます。

 

トップスとボトムスとかパンツとシューズなどね。

 

だからといって上下を全く同じ色にすると地味になりやすいので、今度は、おしゃれさが損なわれてしまいそうですね。

 

この場合、色の配分を同系色にするということを意識するだけでOKです。

 

 

では、ここで、同色系アイテムの使い方について、イメージトレーニングをしてみましょう。

 

まずは、文字だけで解説するのでイメージしてみてください。

 

そのあとに、下の画像を見るようにします。

 

 

 

例1)

 

トップス:白のロングカットソー

 

ボトムス:黒の細パンツ×黒のスリッポン

 

白と黒は、色の明るさの差が激しいので(コントラストが大きい)、重ね着として、少し長めな裾でグレーのノースリーブトップスをインナーに着て、裾からグレーが見えるようにすると腰位置をごまかして、全体が統一して見えるようになります。

 

 

 

答えの一つ(ファッションの答えはいつも一つとは限らないぞ)は、こんな感じになります↓

 

背が低い人がするとよいコーデ例1

 

モノトーンだけのコーデは、地味になりがちですが、こうやって、工夫しながら差し色を混ぜてみると低身長の着回し力も上がるよね!

 

おっと、もう一つ行くぜ。これが最後のダッシュだ!

 

 

 

例2)

 

トップス:杢グレーのカットソー

 

ボトムス:ベージュのテーパードチノパン

 

まず、背が低い人が気をつかいたいアイテムは、ボーダー柄やそれに付随するもの。

 

どちらかというと、ストライプシャツの方が縦長に見えて体型カバーとして推奨されるのですが、注意点を守ればボーダーが使えないことはありません(オシャレの幅を自分で狭めない)。

 

ボーダー柄は、横幅が大きく見えるので、太っている人には、おすすめしませんが、背が低い人が着たらNGだということはありません。

 

ただ、ボーダー柄の線が太いとカジュアル感がでて、子供っぽく見えるので、細線のボーダーを選ぶようにするといい。

 

その点、杢グレーは、なんとなく細い横模様なデザインなので使えるアイテムです。

 

そして、ボトムスですが、ベージュのチノパンには、ブラウンの革靴が超正解アイテムで、子供っぽく見せたくない低身長の人にもすごく当てはまります。

 

チノパン自体が、間違った使い方をすると、オッサン臭くなるので、脚が細く見えるテーパードシルエット+革靴を選ぶと上手くいくのです(あえて初めはスニーカーを選ばないことから始めるといいですよ)。

 

最後に、カットソー1枚では地味感が強いので、白シャツなんかを羽織ってやるとサマになります。

 

 

 

答え↓

 

背が低い人がするとよいコーデ例2

 

ちなみに、ベージュのチノパンとブラウンの革靴は、肌色に近いので、アンクル丈を使うこともできますよ。

 

背が低い人は、アンクル丈のパンツがオシャレだなって思っても足が短く見えることに躊躇して挑戦しづらいですよね?

 

こういう使い方で足首を見せれば、同系色を担保できるので、これを知っているだけで、また、ファッションの幅が広がることになります。

 

 

 

初心者のうちは、靴が黒や茶色の単色ではシンプルに見えすぎるからといって、他の色が入ったものを選ぶことは避けたほうがいいです。

 

下記のページで、脚が長く見える方法について解説していますが、パンツと靴を同系色にして、脚を長く見せた方が、体型がバランスよくなるので、背が低く見られないのです。

 

 

ちなみに、一番はじめは、パンツと靴を同系色(似たような色)でなく同じ色にしたほうが上手くいきます。

 

特に黒がおすすめですね。

 

なぜなら、初心者でもトップスと合わせやすいし、人は色が濃いほど重く感じる傾向があって、重いものは下であることが感覚的に自然と判断します。

 

同系色のパンツと靴を選ぶ

 

だから、ボトムスに黒色を持ってくると全体的にバランスのとれた着こなしができるんですね。

 

もし、黒をすでに持っていたり、飽きた人ならトップスより重い色=濃い色を基準にコーディネートするとバランスが取れます。

 

が、しかし、そうすると、セレブがやってるホワイトパンツを使った着こなしが危ういと気付いたかもしれませんね。

 

ボトムスが、トップスより軽い色になっているからな。

 

これらは、応用編なので、他のページでお話ししていきますが、ホワイトパンツを使ってもコーディネートのバランスをとる方法はあるののですが。。

 

ヒントを言うと、低身長のファッションのコツは、着こなしのバランスを取ることでしたね。

 

 

あと、22歳以下の話ですが、お兄系のブラックコーデと言われているものなんかは、スタイルアップのことも考えていて、理にかなっているんですね。

 

それも含めてお兄系は、初心者でも簡単にかっこよくなれる傾向にあります。

 

特に、『ジギーズショップ』のロシェルというブランドは、ファッション初心者向けで、かっこよくしやすいので、長らくネットや雑誌で話題になっていますよ。

 

 

背が低い人のマストバイアイテム

 

ここでは、背が低い人が体型カバーのために持っておきたいおすすめアイテムを紹介していきます。

 

名付けて”低身長 THE マストバイアイテム!”

 

160cm台の低身長なオイラが重宝しているのは、やっぱ、黒のスキニーパンツ!

 

トモのスキニーパンツを穿いたコーデ1

 

(バッグとブレスレット、腕時計でミスディレクション中 この場合はiPhoneも目立つね!)(部屋の散らかり具合もミスディレクションな)

 

トモのスキニーパンツを穿いたコーデ2
(襟がないので、上の写真より縮んで見えます。こういう時は、ストールやハットを使って目線を上に誘導すると縮んで見えません。)

 

トップスのアイテムは色々ありますが、まず低身長は、ボトムスを細くしたほうが全体のバランスをとるのに簡単なんですね。

 

しかも、黒は収縮色&ストレッチが効いているので、デブなトモでも細く見せやすい。

 

細い人は、もっと足がきれいに見せられるので、トモより余裕でサマになるよ。

 

しかも、このディーコレクションというブランドの『黒スキニーパンツ』は、通販なのに、XSからXLまでサイズが揃っているし、裾直しも頼むことができる。

 

メーカーが何度も脚が長く見えるシルエットとサイズ感、そして、ストレッチ仕様などの穿き心地を改良してできた良品です。

 

 

ちなみに、夏なら黒のスリッポンもおすすめですな。

 

トモが履いてるのは、『アダムエロペのスリッポン』(売り切れのため代替品)。

 

黒スキニーパンツをロールアップしたときに、きれいな足回りを演出くれるのと、スリッポンの中ではかなり履き心地が良いので、重宝してるぜ。

 

 

ちなみに、背が低い+ガリガリ体型で悩んでいる人は、黒のスキニーパンツを手にするのに気が引けてる人もいるかもしれません。

 

そういう人は、まず『超貧弱な体型をカバーするファッションテクニック』というページでロジックを学ぶことによって、黒細パンツの有用性が理解できますよ。

 

 

シークレットシューズはあまりおすすめできないが

 

えっ!シークレットシューズって背が高くなる必須のアイテムじゃねーかっ(怒)との声が聞こえてきそうですが、シークレットシューズを使うとどうしてもソールが目立ってしまって着こなしのバランスが悪くなります。

 

例えば、下の写真は、ソールの薄いスリッポンを履いたコーデ↓

 

普通の靴を履いたコーデ

 

そして、11cm背がアップするシークレットブーツを履いたコーデです↓

 

11cm背がアップするシークレットブーツを履いたコーデ

 

確かに、脚が長くなるのですが、なんとなくバランスが悪くなってしまいます。

 

それに、11cmアップするものとなると、靴の内部は、昔のギャルが履いていた厚底サンダルくらいの高さ、且つ、ヒール靴のように超斜めになっているので、常に超背伸びをした状態で、ものすごく歩きづらいのです。

 

靴擦れ必至で、小走り程度でもできません。

 

これでは、デートシーンなどで、女性に危機が迫った時、守ることができません。

 

 

ただ、どうしても背が低すぎて困っていて少しだけ伸ばしたいって言う人はソールが目立たず余計な装飾やアクセントの入ってないものを選ぶといいですよ。

 

下のシークレットブーツは、シークレットインソールのような内部とソールをやや高めにした両方で少しずつ高さを調整しているので、ソールが目立ちにくく、歩きづらくないのが特徴で、コーデのバランスが取りやすくなっています。

 

背が低い人におすすめのシークレットブーツ

 

本革シークレットシューズ

 

このシークレットブーツなら、内部的にややかかとが上がるだけで、歩きやすし、コーデのバランスがあまり崩れませんでした↓

 

おすすめのシークレットブーツを履いてコーデした

 

このブーツは、販売ページにも書いてある通り、いつも履いてる靴より0.5cmほど小さいサイズで丁度いいサイズ感となっています。

 

トモは、テストのため、いつも通りのサイズで購入しましたが、本当に少し大きい感じでした。

 

だから、0.5cm小さいサイズを選ぶのが正解です。

 

 

そして、シークレットインソールも数千円で購入できるのですが、靴自体が甲高なものでないかぎり、どうしても窮屈になってしまいます。

 

後、女の人のヒールのように、つま先立ちしている状態なので、多分、1回履いたら嫌になってしまうんじゃないですかねえ。

 

昔、身長164cmの弟が買って使ってみたけど、履き心地の悪さにブチ切れて1回しか使わなかったみたいだし(笑)

 

広告のC調言葉に騙されてはならぬぞ。

 

 

 

んで、このシークレットシューズなら、一回しか会わない人やミスディレクションが使えないコーディネートの場合とか、どうしても格好つけたい場面なんかでバシッと使える!

 

このブーツは、アマゾンで取り扱っていたのですが、シークレットブーツの中では、最高峰のアイテムと言えるのに、値段がそこまでしないところに魅力を感じます。

 

ちなみに、数千円で背が高くなるシークレットブーツもありますが、通常、ソールが高いのが外からバレバレなので、バランスが悪くなってクソダサくなる可能性があるので気を付けてくださいな。

 

 

 

NEW!身長155cm〜165cmの人におすすめの通販サイト

 

ここまでお話ししてきたノウハウの最も重要な点は、バランスよく服をコーディネートすることでした。

 

 

これは、オシャレな人から服飾系で働く人ならだれでも同じことを言います。

 

 

ところが、身長155cm〜165cmの人にとって、服選び際に丁度いいサイズのものが見つかりにくいことではないでしょうか?

 

 

メンズのSサイズでも着丈や袖丈が長い場合がありますよね?

 

 

オシャレさんなら、レギンスなんかを、あえてレディースで穿く人もいますが、普通の人にとっては、敷居が高いし、ファッションアイテムすべてをカバーできるものではありませんね。

 

 

レディースのジャケットなんか、さすがに着られないし。

 

 

現在、店舗でも通販でもメンズ用のXSが販売されているお店はほとんどありません。

 

 

なぜなら、通常サイズに比べてニーズが少ないことにより、今までは、商売にならなかったからです。

 

 

ところが、ネット通販で服を買うことが普通になってきたことから、年商800万〜1200万円という小さい規模での商売も成り立ってくるようになりました(通販のアパレル屋なら年商10〜20億くらいで普通)。

 

 

そこで、最近、マスコミなどでもじわじわと来てる小さい服のメンズブランドのRetropics.(レトロピクス)!

 

 

背が低い男性の弱点である子供っぽく見える雰囲気を改良するベーシックカジュアルを中心に大人っぽいデザインの服がラインナップしています。

 

 

店長さんも背が低い(164cm)という悩みがあることから、通常のお店と違って、単純にXSを置いているだけでなく、男性らしく肩幅はそのままに着丈や袖丈を155cm〜165cmの男性に合わせたサイズ感のものを揃えています。

 

 

小規模の商売であることと品質重視なことを合わせて、やや高めのブランド価格になっていますが、一定数に大きなニーズがあり、一人で大量に買っていく人も多いです。

 

 

レトロピクスとこのページのノウハウを活かせば、オシャレで大人っぽく体型カバーした雰囲気のコーディネートができますよ。

 

 

 

 

 

第3回メンズファッション塾のまとめ

 

背が低い人の着こなし方のポイント

  • 基本的にコーディネートのバランスを重視する
  • 上下のトーンを合わせる
  • 初級のうちは小物で目線をずらす
  • 黒スキニーを持っておく
  • シークレットブーツ選びは慎重に

 

次回の第4回ファッション塾では、ぽっちゃりの体型カバー術!スマートに見せるテクニックを掲載しますのでお楽しみに。

 

体型カバーについては、自分に関係あるページのみを読み進めても大丈夫ですよ。

 

 

前回のページ 第2回:ファッションアイテムの選び方

この記事が気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです。