男性が脚が短いのをファッションでカバーするテクニック!

足が短いのをカバーするファッションコーディネート

脚が短い人のメンズファッション

 

どうも、メンズファッションコーディネータートモです。

 

メンズファッション塾6回目の今回は、ファッションコーディネートのちょっとしたテクニックで足が短いのをカバーする方法をお伝えします。

 

脚の短さで悩んでいない人でも胴長短足が多い日本人体型ならスタイルが物凄く良く見えるようになるので是非、取り入れてみてください。

 

 

 

脚を長く見せるための基本

短足の人が脚を長く見せるには、脚の長さをごまかしたり、ぼかすことが重要なポイントになる。脚の長さをぼかす方法は、身体と脚、パンツと靴の境界線をあいまいにすることです。

 

身体と脚の境界線を着こなしでぼかす方法

 

例えば、写真のように

 

ジャケットとカットソーの丈の長さを調整する着こなし1

 

ジャケットとカットソーの丈の長さを調整する着こなし2

 

インナーのカットソーをジャケットの丈より長いものを持ってきます。そうすると、カットソーの中にある身体と脚の境界線が見えなくなり、短いジャケットの部分まで脚があるように錯覚するんですね。

 

人間は、見えないところをいいように想像するようにできてるので効果は絶大。逆に、ジャケットは、着丈の短いものを選んでメリハリをつけるとバランス良くなります。脚が上の方まであるような錯覚がして長く見えるんですね。

 

短足に悩んでいない人でも、日本人の普通体型ならこういったテクニックを使うとスタイルアップしますよ。

 

また、シャツを少しだけ高めに腰巻すると境界線をぼかすことができます。

 

脚と胴体の境界線ぼやかす腰巻コーディネート

 

ジャケットが着れない時期に使える技で、ちょっとだけ高い位置にバランスよく巻くと脚が長くみえます。

 

逆に、シャツをパンツにインして境界線をはっきり出すような着こなしをするとスタイルが良い外国人やモデルはいいのですが、短足な人の場合は、脚が短いのが目立ってしまうので注意したいところです↓

 

シャツをインしたコーディネート

 

これは、脚が長くてスタイルが良い外人さんだからできる遊びが入った着こなしですね。

 

 

脚と足元の境界線をぼかす方法

 

次に、パンツと靴の境界線ですが、基本的に同じ色、もしくは同系色を使います。

 

パンツとシューズを同系色にした脚長コーデ

 

そうすることで、パンツと靴の境界線をぼかすことができて、全体として、脚が長く見えます。

 

初心者の場合は、パンツと靴を同じ色にして、できれば写真のようにソール部分もシューズ本体と同じ色で目立たないものが良いですよ。

 

 

さらに言えば、ソールが太くないほうがいい。ソールが太いほうが、下半身が長くなるので脚が長く見えるのでは?と疑問を持つと思いますが、高いソールだと全体のコーディネートのバランスが不自然になりオシャレ度が落ちるのです。あくまで、着こなしは、全体のバランスが自然に見えたほうがよく見えるんですね。

 

前にもお話ししましたが、こういう理由もあってトモは、シークレットブーツをあまり推奨していません。どうしても、ソール部分が目立って全体のバランスが悪く見えてしまうからです。

 

 

手っ取り早く脚長に見せたいならこのアイテムを抑える!

 

脚を長く見せるには、視覚効果やカラーテクニックだけでは、どうしても限界があって、アイテム選びそのものを気を付ける必要があるんだ。

 

逆に、アイテム選びが成功していれば、多少、テクニックが追い付かなくても脚が短く見えるなんてことにはならない。

 

脚を長く見せるアイテムは、下半身が主で、スキニーパンツかテーパードパンツ、そして同系色のシューズ類。

 

これらを揃えておけば、究極トップスがショボくてもなんとかなるよ。

 

下の写真は、トモなんだが、ダサいパーカーでも下半身にスキニーパンツと同系色のブーツを持って来たら脚が長く見えたんだ↓

 

チノパンと黒パンツの脚の長さの見え方の違い

 

 

パンツは、脚がそんなに太くない人なら是非スキニーパンツを使うといいよ。

 

腰回りや太ももが大きい人でもテーパードパンツを使うと細長く見せることができるんだ。さらに、伸縮性の強いストレッチ加工のものを選ぶと非常に動きやすく楽ですよ。

 

 

前にもお伝えしたけど、初心者がはじめに持っておくと便利で、すごくきれいなシルエットがでるスキニーパンツあるよ↓

 

黒のスキニーパンツ

 

テーパードスキニーパンツ(黒)

 

特に、収縮色である黒は、脚が細長く見えるのでおすすめです。
安価なのにきれいなラインがでますよ。

 

トモも購入しました↓

 

黒のスキニーパンツのレビュー

 

 

ただ、ぽっちゃり体型の人は、サイズ的に無理がある場合もあるので、テーパードパンツがおすすめ。

 

テーパードパンツは、腰回りはゆったりで、足先端に行くほど細くなり、下半身を逆三角形に見せることができるので、脚が長く見えるのです。

 

テーパードパンツのおすすめはこれ↓

 

テーパードパンツを使った脚長コーデ

 

美脚日本製ストレッチチノパン

 

スキニー・ストレート・テーパードの3種類あるので、間違えないように。

 

 

パンツが黒がおすすめなら必然的に足元も黒系のアイテムになる。

 

黒のレザーシューズ

 

レザーのバブーシューズ

 

オーソドックスなレザーシューズ。どんなパンツとも
合わせやすく主張しすぎないのでおすすめ。

 

 

黒のブーツ

 

編み上げレースアップショートブーツ

 

ブーツならこういうの。シンプルで使いやすく足元の存在を消してくれる。

 

 

黒のドレープブーツ

 

ドレープショートブーツ

 

ノーレースでドレープならさらにいい。こういうのは、今のトレンド。

 

 

上下のカラーの合わせ方

 

トップスに明るい色を使うと人の目線が上に上がりそうですが、胴の部分の面積が大きく見えるので、避けたほうがいいです。

 

明るい色のトップス

 

↑これを短足の人がやると、さらに短く見えます。

 

 

おすすめの色は、モノトーン。パンツとトップスの組み合わせのカラーは、パンツを濃く、トップスは、パンツと同じ、もしくは、薄い色にします。

 

境界線をぼかすテクニックを使って、この配色をすると自然なバランスになって、脚が短いのが目立たなくなるよ。

 

さらに、首元をレイヤード(重ね着)にすることで目線を腰の境界線から上に上げることができるんだ↓

 

ニットとシャツのレイヤードスタイル

 

例えば、ジャケットは、カットソーを二重にしたり、ニット+シャツ、カーディガン+シャツの組み合わせなど色々あるよ。

 

首元は、人の視線を集める場所なので、効果が高いんですよ。

 

こういう肩掛けコーデも効果あり↓

 

ニットを肩かけしたスタイル

 

 

第6回メンズファッション塾のまとめ

 

足が短いという悩みがある人が、着こなしで気をつけたいポイントは、

  • 身体と脚の境界線を曖昧にする
  • パンツと靴の境界線を曖昧にする
  • カラーバランスを気をつける
  • 重ね着を使って視線を上に集める

 

いかがでしたか?コンプレックス解消編は、今回で終了となります。次回からは、初心者が買い物をする時のポイントを講義していきたいと思います。というわけで、第7回目の講義内容は、通販で服を買う時のポイントを解説します。

 

前回のページ 第5回:ガリガリで細すぎな人はどうすればよいのか?

 

次回のページ 第7回:通販で服を買う時のポイントとメリット・デメリット