今年流行りでメンズのニット/セーターは?

コスパが良くトレンドに沿ったニット・セーターを解説!

おすすめのメンズニット

 

どうも、コーディネータートモです。

 

今年の秋冬のトレンドは、ニットやセーター使い。非常に流行ってて、ブランドクラスのニットならそれだけで結構温かいのでアウターの売れ出しが遅れているという話も聞きます。

 

ニットの選び方ですが、トレンドとしては、クルーネックやタートルネックですが、Vネックを選んではいけなかったり、着ていて時代遅れだってことはありません。

 

また、シャツの上に重ね着ぎする用に薄手のものもありますが、基本、伸縮性があるので、サイズがキツキツでなければ普通のニットやセーターでも大丈夫です。この辺は、好みの問題と言えるので見た目を重視して、その次に着心地の善し悪しを判断しながら好き嫌いを知っていくと実践力がついていきますよ。

 

トモおすすめのニットセーター!

 

私も手に入れましたが、コストパフォーマンスが良いニットと言われれば、こちらのアイテム。

 

白のVネックニットとタートルネック

 

Vネックニットは、ジャケットのインナーに、タートルネックは、チェスターコートと合わせて使っています。

 

品質としては、綿100%なので、熱伝統率が低く、まあまあ保温性があります。冷えた室内で着たらポカポカしてくる感じでした。この価格帯では、最高レベルだと思います。

 

同素材でブランドを選んだ場合、2倍くらいの値がついてましたからね。編み込みニットのカシミアクラスは、10倍くらいするので手が出せません。

 

白ニットの着こなし

 

デメリットは、身長180cmのモデルさんがMを着ていて着丈がベルトに隠れるくらいだったので、168cmのトモは、着丈が長くなることを期待して、脚の境界線をぼかすため、同じMを買ったんですが、モデルさんと同じくらいように、ベルトが隠れるくらいの着丈でした。胴長短足が露呈した瞬間でもありました(泣)。

 

余裕をだして、着丈の長さを確認しなかった罰です(笑)。

 

180cmのモデルさんと同じ胴の長さだったのですが、写真を見ると袖がややゆったりしています。実際、私もややゆったりした感じでした。袖の長さは重要なので、もうちょっとだけ、短くてもいいかなと思いましたね。

 

この辺が、量販店のデメリットでもありますが、値段からしてもかなり良いものを買ったと思います。基本、ジャケットやコートの下に着るので、問題ありませんが、、。

 

長袖Vネックorタートルネック綿100%リブニット

 

このニットとほとんど同じデザインで、1,000円くらい安いアイテムもありますが、アクリルをメインに使った素材なので、丈夫ですが、やや毛玉ができやすいです。

 

大事に使うか、とりあえず1シーズンだけって人は、手にとってもいいんじゃないでしょうか?

 

激安ニット

 

ストライプの凹凸が細くてデザインを主張しすぎないので、形的には、結構いいですよ。

 

リブ編みタートルネックニット

 


さらに、スタイリッシュだけど先ほど紹介した綿100%より、キュッと締まってない印象を持つニットセーター。すっきりしてるけど、柔らかい印象を与えます。

 

定番のメンズニット

 

コスパは、先ほど解説したのと同じです。これは、はっきり言って、デザインの好みやどんなアイテムと合わせるか好みによります。定番のデザインなので、来年も間違いなく使えるでしょう。言い忘れましたが、綿100%だとニット特有のチクチクもないのがメリットの一つです。

 

柔らかい雰囲気のニットの着こなし

 

綿100のケーブル編みニットセーター

 

 

次に、私が購入したニットと同じ品質だけど1,000円ほど安い綿100%のニット。

 

おすすめのメンズニット

 

では、なぜこれを選ばなかったのか?それは、写真では分かりにくいですが、Vネックが少し尖りすぎと感じたからです。30代を過ぎたらこういった尖った感じより、やや丸みを帯びたデザインのほうが様になるんですね。。

 

逆に、10代、20代の人でVネックのニットを探している人には、コスパがめちゃ高いしおすすめ。腰回りのシルエットもキュッとしまって若者向けになっています。凹凸感も行き過ぎてない感じで問題ありません。

 

Vネックのリブが太いので、ややカジュアルが入ったきれいめとのミックスアイテムなので、両者のバランスを取る時、そこを考慮してくださいね。意味が分からない人は、メンズファッション塾でカジュアルときれいめのバランスについて語っています。

 

杢デザイン太Vネック綿ニットソー

 

 

カットソー感覚で着れるニット!

ニットを自宅で洗濯するとどうしても縮んでしまうデメリットがありますよね。これは、高級ブランド、安価なアイテム変わりはありません。

 

そのデメリットを埋めるためのアイテムとして、ウォッシャブルニットというものもあります。

 

Vネックニット

 

ニット特有の着心地ではなく、さらっと着れるカットソーに近い感覚で、トレンドの一つになっています。普通のカットソーと似たようなシルエットや着心地なのに、なんでニットアイテムを選ぶ必要があるの?って思うかもしれませんね。

 

ニットソーとカットソーの違い

 

カットソーとの違いは、見た目に上品さがでること。これが一番の違いです。黒パンツに白のカットソーと黒パンツに白のウォッシャブルニット。あきらかに、見た目に違いが生まれます。前者は、暖かい季節、後者は、肌寒い季節みたいなイメージも変わります。

 

それではなぜ、このウォッシャブルニットがおすすめなのかというと、綿より保温性が高いウールを使って、アクリルを混ぜることにより光沢感を出しているからです。この光沢感って大事で、出しすぎると安っぽく見える反面、程よいと高級感がでるんですね。その感じが、値段に反比例して良いからです。コストパフォーマンス全開です。

 

通常のニットとどちらにするかは、好みの問題ですね。両者、イメージが全く変わるので、同時に持っていてもおかしくありません。

 

Vネックウォッシャブルニット

 

 

逆に、若者が大人っぽくなりすぎるスタイルだと嫌だ!って時は、光沢感がないラフなアイテムを選ぶのもありです。

 

薄手で激安のメンズニット

 

このカットソーデザインだとウール素材をふんだんに使ってもコストが掛らないのか安いアイテムがでています。アクリルミックスする必要がないので、余計製造コストがかからないのかもしれせんね。先ほどのアイテムより1,000円ほど安いです。

 

インナーにシャツを仕込むスタイルも様になります。

 

ジェットランドウールニット

 

 

さらに、シンプルなモノトーンコーデに飽きてきて、ビギナーから中級コーデに挑戦したい人は、こういったモノトーンやダークトーンのボーダーニットを使うと遊ぶことができます。

 

ボーダーニット

 

このアイテムは、アクリル100%ですが、細かい網目でカシミアを意識した肌触りをしているのでおすすめ。大人がきていても様になり、子供っぽく見えないものをコンセプトに選びました。

 

カシミヤタッチクルーネックボーダーニットソー

 

 

その他、激安で手に入るアクリルニットのおすすめ!

 

ネイビーのVネックニットとホワイトパンツを合わせて着た写真。

 

Vネックのニットは、Uネックに比べて、”男らしい上品さ”を出したい時に使えます。例えば、ショップコートやダッフルコートの下に重ね着テクニックを使わず、そのまま着るだけでスタイリッシュでクールな雰囲気になるんですね。Uネックの場合は、シャツをインするのが基本で、セレブ系の上品さがでます。

 

1枚でサッとシンプルに着たい時は、Vネックがおすすめ。シンプルで当たり障りのないアイテムです。

 

ケーブル編みVネックセーター

 

最後に、大人っぽい見た目で安いニット。

 

激安で大人っぽいニット

 

凹凸のデザインが、上品で品質はともかく1シーズンで着るつもりならこういうのもありですね。クルーネックのほかにも、Vネック、無地のほかに、ボーダー柄もあります。

 

総ケーブル編み無地ボーダー クルーVネックニット

ニットに関するおすすめ記事

サマーニット

サマーニット 10代、20代、30代男性向けの夏に着れる今年流行りのリネンなど半袖/5分袖のニットやニットソーをコーディネータートモが厳選!

≫続きを読む