【メンズ用】ニットに合うアウター7選!【コートとジャケット】

最終更新日:2019/11/13 公開日:2018/11/24

 

ニットに合うメンズアウターの紹介

 

ファッションコーディネータートモ

どうも、コーディネータートモです(´ω`)ノ 

 

ニットは、ストリートからきれいめに移り変わる今年のトレンドに使えるアイテムで防寒性も高く、去年は、アウターの売れ始めが遅れたほどの影響力を持ったアイテムでした。

 

だけど、さすがに真冬にニットだけというわけにいかず、ニットに合うアウターを探す人も多くなると思います。

 

しかし、カジュアル、アメカジ志向が強い日本人は、ニットに合うアウター選びに苦戦しているかもしれないね。

 

そこで、今回は、ニットの上から羽織ると今時のかっこいいスタイルができるアウター(コートとジャケット)を例にあげながら順番にアドバイス的な記事を書いてみました。

 

ニットに合うコート4選!

 

ニットの起源は、ビジネスシーンでの防寒を担保するために作られたトップスです。

 

だから、基本的に、同じ起源をもつ、ロングコートとの相性が良いのです。

 

ここでは、通常のロングコートの中でもニットに合うアウターを着こなしの解説をしながら、まとめました。

 

@チェスターコート(安くても良いものがある)

 

チェスターコートとニットのコーディネート

 

テーラードジャケットの着丈を長くしたデザインであるチェスターコートは、フォーマルなシーンで使われていたアイテムなので、同じフォーマルシーンで使うことが原型となっているニットとの相性は良いんだ。

 

ところで、ニットの上に着る上着を探している人は、自分の持っているニットにチェスターコートが合うかどうかということを考えがちだが、実は、考え方が逆になっていることに気付いてほしい。

 

すなわち、あなたにとってのチェスターコートに合うニットはどれか?ということを考えたほうがいい。

 

なぜなら、ニットの形を大きく分けると、Vネック、クルーネック、ハイネックの3つになるし、あなたの体型が細め、太め、ガッチリかによって、似合う似合わないが変わってくるのだ。

 

チェスターコートの特徴は、ロング丈であることと、胸周りが大きく開いたラペルです。

 

チェスターコートの胸元のデザイン

 

この特徴は、重心が下に行きやすいので、細め体型の人に似合いやすく、太めやカッチリ体型、また、顔が大きい人だと、似合わないまではいかないのですが、スタイルアップさせるため(かっこよく見せるため)には、少し工夫が必要です。

 

まず、細め体型の人は、どのタイプのニットを選んでもサマになるので、問題ありません。

 

そして、太め、ガッチリ、顔が大きい人は、重心が下に見えると、少しだけ(ロングコート自体がスタイルアップに見せるアイテムなので少しだけ)、スタイルが悪く見えるので、ハイネックやマフラーを使って重心を高くしたほうが似合いやすくなるのです。

 

下は、チェスターコートにクルーネックのニットを合わせたコーデで、細身の人や顔が小さい人に似あうシンプルな合わせ方です。

 

チェスターコートにクルーネックニットを合わせたコーデ

 

顔が大きい悩みがある人や太め、ガッチリ、背が低い人は、上記のニットに、マフラーを加えたり、下の2枚の写真のように、ハイネックを選んでみたり、クルーネックの下からシャツ襟を出すコーデをするとバランスが良くなります。

 

チェスターコートにハイネックニットを合わせたコーデ

 

チェスターコートにシャツをインしたクルーネックニットを合わせたコーデ

 

また、チェスターコートは、ニットの編み目が荒いハイゲージと編み目が細かいローゲージのどちらでも合わせることができるメリットがあります。

 

ちなみに、背が高くてスタイルが良い写真のようなモデルさんは、なんでも似合います(涙)。

 

以上のことから、とりあえず、ニットのアウターとして、チェスターコートははずさないことがお分かりいただけたと思います。

 

では、今から買うなら、どのようなチェスターコートを選べばいいのでしょうか?

 

チェスターコートは、トレンドが5年以上続いているので、生産ラインが安定していることから、安くて質の良いものが手に入るようになってるのが現状です。

 

シンプルなものなら、1万円以下のチェスターコートでも十分良いものがあるので、それを選ぶのがベターと言えるでしょう↓

 

ニットに合うおすすめのチェスターコート

 

ウールチェスターコート

 

このチェスターコートは、学生から社会人まで着れるベーシックなデザインで、送料と税込みで1万円以下で手に入る良品です(今はユニクロでもロングコートが1万円を超えますからね)。

 

なんといっても今年向けに、丈が少し長めでややオーバーサイズでリラックス感がでるようになっているので、チェスターコートの買い替えに向いています。

 

品質は、見た目が高級感と重厚感がでるように、しかし、実際着たら重くなりすぎないようなメルトンウールをこだわって選んだもの。

 

また、チェスターコートには、3ボタンが多いけど2ボタンにしてるので、Vゾーンが広くなり、ややカジュアルな印象を与えて、ビジネスっぽく見えないようになっているので誰が着てもサマに見えやすいんですね。

 

もう一つ、チェスターコートを選ぶときの注意点として、肩回りの窮屈さがありますが、ウエストのくびれを高い位置に持ってくることで、肩回りをゆったりとさせつつ、きれいなシルエットが出るように作られているので、ノンストレスでかっこよく着ることができるのですよ。

 

こういった特徴のロングコートは、細めのパンツと合わせたらスタイルアップして見えるので、かっこよく見えるのですね。

 

生産ラインが安定してきた今の時期だからこそ、1万円以下でこういった高パフォーマンスのチェスターコートが手に入りやすくなったのです。

 

 

Aステンカラーコート(ビジネスっぽく見えないもの)

 

ステンカラーコートの特徴は、超簡単に言うと、襟がオーソドックスなレギュラー襟になっていることです。

 

ステンカラーコートの襟の特徴

 

レギュラー襟なので、チェスターコートと違い、はじめから顔周りに比較するものがあり、小顔効果がでて重心が上に向き背が高く見えるので、スタイルを良く見せることができます。

 

ただし、チェスターコートよりビジネス感が出やすいので、ニットの上に着てオシャレに見せるには、他のアイテムを少しカジュアルに寄せる必要があります。

 

また、通常のロングコートと比べて、少し着丈が短めなものを選んでみると、ビジネス感が薄れますよ。

 

例えば、こういうの↓

 

メルトンウールステンカラーコート

 

メルトンウールステンカラーコート

 

こういった着丈が少し短いステンカラーコートを選び、ニットやパンツの色をずらすことによって、カジュアルダウンさせると、オシャレな合わせ方ができるのです。

 

ニットが明るければ、他のアイテムをモノトーンにしたり、ニットがコートの色に近ければ、靴を1点ハズした色にしてもオシャレに見えますよ。

 

靴をカジュアルダウンさせたステンカラーコートのコーデ

 

これなら、ステンカラーコートのピシッとした雰囲気を壊さず、街着として適した格好ができるのです。

 

トレンドがオーバーサイズだからといって、むやみに選んでしまうと失敗するので気をつけてくださいね。

 

 

BPコート(選び方がポイント)

 

ニットに合うアウターとしてPコートがあります。

 

ただ、Pコートは、学生が着ている服という印象があり、とても子供っぽく見えるアウターでもあります。

 

普通のPコートを着ていると、オシャレを知らない大学生っぽい雰囲気がでるので、そう見えないようにするのがポイント。

 

とはいえ、Pコートは、襟が大きく開いているのが特徴的なので、コーディネートで学生っぽさを払拭させるのが難しいです。

 

ということは、アイテム選びの段階である程度オシャレに見えるかどうか決まってしまうというわけですね。

 

私がニットに合うPコートを選ぶなら下のようなものです。

 

ニットに合うPコート

 

イタリア製ビーバー地Pコート

 

なんとなく普通のPコートと違う気がしませんか?

 

大きな違いは、着丈の長さです。

 

学生が着るようなPコートは、ジャケットのように丈が短めなものが多いのですね。

 

このPコートは、着丈がやや長めにとってあり、学生っぽい印象を消してくれます。

 

 

そして、もう一つは、写真では分かりづらいのですが、生地の風合い。

 

柔らくて光沢感がでるように織られたビーバ生地を使っているので高級感が漂います。

 

この2つの特徴のPコートを選べば、ニットと合わせてかっこよく見せることができますよ。

 

また、最近のトレンドを意識したいなら、チェック柄もありです。

 

チェック柄のPコート

 

同じPコートですが、地味さがなくなるし、学生っぽい印象も払しょくできて一石二鳥です。

 

周りと差別化できますしね。

 

やはり、Pコートだけは、安いものを避けて少しだけ値が張るものを選ぶのがポイントになってきます。

 

 

C大人のコート(40代以上ならこういうを)

 

厳格に40代以上限定というわけではないですが、インナーのニットを自由に着こなしたいなら機能性が高いものを選ぶのも一つの手です。

 

例えば、新素材のマジカルサーモを使ったコートがあります。

 

マジカルサーモ・リバーシブルウールコート

 

マジカルサーモ・リバーシブルウールコート

 

マジカルサーモの簡単な機能性を言うと、中綿が1/2でもダウンと同じくらいの保温効果があります。

 

つまり、軽くて暖かいわけですが、これはすごいことです。

 

ウールコートでも風が強い日は、どうしても保温性に欠けダウンジャケットの保温性が恋しくなるわけですが、コートを着ながらダウンジャケットの保温効果を得ることができるというわけです。

 

しかも、めっちゃ軽い!

 

だから、普段、ニットと合わせるときに、防寒性よりオシャレな合わせ方を意識することができるのですね。

 

また、このコートは、リバーシブル仕様になっていて、ウールコートのような面とダウンのようなナイロン系のビジュアルの2つの顔を持つので、その日の気分やTPOに合わせて着ることができますよ。

 

デザインは、大人のステンカラーコートなので、ビジカジっぽく見えますが、保温性重視でおやじっぽいアウターを避けたい人におすすめですよ。

 

ニットに合うジャケット3選

 

ここでは、ニットに合うジャケットを探している人向けに3着厳選してみました。

 

@ショールカラージャケット

 

ショールカラーとは、やや丸みを帯びた襟のことを言い、ヘチマのような形をしていることからヘチマカラーとも言います。

 

語源は、肩掛けに着るような服の襟なのです。

 

ショールカラーコートは、顔周りに大きな襟が来るので、チェスターコートだけでなくステンカラーコートより、小顔効果が高く、バランスがとれたスタイルになるメリットがあります。

 

レディースだと、ショールカラーがメンズより大きめな傾向にあるのですが、ひとえに顔を小さく見せるためだったのですね↓

 

レディースのショールカラー

 

(※レディース用のショールカラー)

 

定番アイテムとして、多くの人に着られているわけではないので、なるべく安くて品質の良いものでも、チェスターコートと比べると高めの価格になってしまいます。

 

その分、周りと差別化できるので、チェスターコートに飽きた人におすすめですよ。

 

トモのおすすめは、オーディエンスのショールカラージャケットです。

 

おすすめのニットに合うショールカラーコート

 

メルトンショールカラージャケット

 

(襟は、ちゃんとメンズライクになっていますよ。)

 

ショート丈のデメリットは、ロング丈と違って、安い生地だと、なんとなくごまかせないこと。

 

ロング丈を選んだ場合、シルエットに目がいきやすいのですが、ショート丈だと、アウター自体が目立ちやすからです。

 

このショールカラージャケットに使われているウールは、ピュアウールで、その名の通り、リサイクルしたウールなどを一切混ぜない純ウールといった質の高い素材を使っています。

 

毛羽立ちが少なく、重厚な見た目になっているワンランク上のジャケットです。

 

13色展開で、どれもニットと相性が良いので、自分の顔立ちにあったものを選ぶといいですよ。

 

 

Aコーチジャケット

 

コーチジャケットは、現在のトレンドで思った以上に男らしい雰囲気になるアイテムです。

 

ロングTシャツとの相性が抜群なので、ハイゲージのニットと合わせると簡単に無難な格好ができるのですね。

 

もし、さらにオシャレな雰囲気にしたいなら、今年ならチェック柄のコーチジャケットを選ぶといいですよ。

 

チェック柄のコーチジャケット

 

メルトンコーチジャケット

 

無地のコーチジャケットは、たくさんのオシャレさんの間で着られてますが、チェック柄は、まだまだ少ない。

 

トップクラスのオシャレさんの間でしか着られていません。

 

しかも、ニットと合わせるコーデはすごく簡単なので、やってみる価値が大いにありますよ。

 

 

Bキルティングジャケット

 

最後のおすすめは、シンサレートと呼ばれる羽毛の2倍暖かい高機能中綿を使ったジャケット。

 

キルティングジャケット

 

キルティングジャケット

 

首周りのフードで小顔効果が出るのと、縫い目のようなひし形の組み合わせ(キルティング加工)のデザインが特徴的。

 

7色展開しているが、基本的に、白・黒・グレーといったモノトーンのニットと相性よく合わせることができるよ。

 

薄くて軽く、暖かいので、デザインの好みが合うのであれば、こういったものもおすすめです。

 

通常のダウンジャケットより大人っぽいアイテムとなっています。

 

 

 

以上、ニットに合うアウター7選でした。

 

人気記事メンズファッション通販ランキング【コーディネーターのおすすめ】

ファッションアイテムを検索リセット
詳細検索
この記事が気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです。