【トレンド解説】今年おすすめのアウター【コートとジャケット】

最終更新日:2019/11/15 公開日:2018/3/12

 

今年のアウターのトレンド

 

ファッションコーディネータートモ

どうも、メンズファッションコーディネータートモです。

 

今回は、今年のアウターはどんなものを選べばいいのか?また、アウターによって、どんなトレンドがあるのかお話ししていきますね。

 

全体的な感じで言うと、柄は、無地だけでなく目立たない程度のチェック柄がでていたり、オーバーシルエットなアウターも多いです。

 

定番、トレンドのどちらを着ても大丈夫ですが、着こなしにちょっとした装飾感を加えると、今年っぽい雰囲気になりますよ。

 

注目したい6つのロングコート

 

今年のロングコートの主力は、相変わらずチェスターコートですが、ビジカジ感がでるステンカラーコートや男らしいモッズコート、また、ダウンコートなども人気です。

 

今年買い替えるなら、きれいめなデザインのものを選ぶとトレンディーな雰囲気になりますよ。

 

チェスターコート

 

流行りのチェスターコート

 

2011年頃から爆発的に流行りだしたチェスターコートは、今年も健在。

 

基本的に、ベーシックデザインにならざるを得ないので、出尽くした感がありましたが、派手に見えない色味のウィンドウ・ペンのような柄やカジュアル感のでる素材を使ったアイテムなど工夫を凝らしているようです。

 

チェスターコートは、テーラードジャケットの丈を長くしたコートなので、ビジネス向きでもありますし、ドレス感がでてカッチリするので、ちょっとカジュアルなアイテムと混ぜれば、すごくカッコよく着れます。

 

また、タートルネックのニットと合わせたり、ストールやマフラーを使ってバランスを取ると背が低い人でも重心が高く見えるのでスタイルアップして見えますよ。

 

別記事で、今年おすすめのチェスターコートをまとめてみましたので、そちらの方も参考にしてみてくださいね。

 

関連記事今年手に取ってみたいチェスターコートのおすすめ

 

 

ステンカラーコート

 

人気のステンカラーコート

 

ステンカラーコートは、チェスターコートと違って襟が上にある分、全体のバランスが取りやすいコートです。

 

ニットとシャツを重ね着させたインナー次第でビジカジっぽくも休日スタイルにも変化させることができますよ。

 

また、ポリエステル系のウールより薄手の生地で秋春にサラッと羽織るスタイルも人気です。

 

チェスターコートもそうですが、ライトウールを使った軽量なアイテムを選ぶとロングコートの弱点である重さを埋めることができますよ。

 

下の記事では、その辺も踏まえながら、さらに詳しいポイントを加え、おすすめのステンカラーコートをまとめました。

 

関連記事ステンカラーコートを選ぶポイントとおすすめのアイテムは?

 

 

モッズコート

 

トレンドのモッズコート

 

一昨年から流行ってきたミリタリーアイテムの一つですが、今年は、きれいめと融合したようなデザインがおすすめ。

 

色味もダークカーキで少し光沢感のでるようなものを選ぶと、モノトーンアイテムと合わせるだけで大人っぽく、そして今年っぽく見えますよ。

 

注意点として、カーキのモッズコートとスーツを合わせると踊る大捜査線の青島さんっぽく見えるので気をつけなければなりません。

 

世間の印象もファッションでオシャレかどうか判断される材料になるのです。

 

モッズコートについては、下記の記事でおすすめをまとめましたのでご参考ください。

 

関連記事トレンドのかっこいいモッズコートはどんなの?

 

 

トレンチコート

 

メンズのトレンチコート

 

ダブルボタンにPコートのような襟が特徴のトレンチコートは、キザっぽく見えるので避ける人もいるかもしれませんが、今年はダブルボタンがトレンドの一つです。

 

ダブルボタンは、なんとなく重厚な雰囲気がでて、きれいめ傾向のトレンドにマッチするからといったところでしょうか。

 

ポイントは、トレンチコートの特徴を抑えられた街着ライクにデザインされたもの選ぶことです。

 

そうすると、キメすぎないトレンドのコーディネートがしやすいですよ。

 

関連記事おすすめのトレンチコート

 

 

ダッフルコート

 

定番のダッフルコート

 

ダッフルコートは、今年あまり話題に上がらないのですが、着丈の短いものと長いものを中心に、昨年までの傾向と変わらず、子供っぽく見えない感じのアイテムが高級ブランドのラインナップです。

 

後は、定番アイテムと言えるので、シンプルなデザインなら着ていてもおかしくありません。

 

ポイントは、いかにも学生ってイメージのものを選ばないことです。

 

関連記事コスパが良くて安い!メンズPコートのおすすめ5選

チェックするべき5種類のジャケット

 

今年のジャケットは、ボアジャケットがトレンド入りをしたり、売れ行きが悪かったダウンジャケットが再注目されてきました。

 

また、定番アイテムについても、どんな感じなのかお話ししていきますね。

 

ボアジャケット

 

ボアジャケット

 

ボアジャケットは、今年から注目を浴び始めたアウターです。

 

ふわふわとした外観なので、無地を使っても地味に見えないからです。

 

一見、コーデが難しそうですが、モノトーンコーデのようなシンプルなコーデの上から羽織るだけでも想像以上に簡単にサマに見えます。

 

デメリットは、外見上、カジュアル感が強く、どうしても若見えしてしまうので、30代以上の人には扱いづらいかもしれません。

 

ただ、中には、そこまでお金がかからなくて大人っぽく見えるボアジャケットもありますので、良いものを選べば30代以上の人でも着ることができますよ。

 

私が買ったボアジャケットは、年齢問わずオシャレに着れておすすめです。

 

下記にレビュー記事を書いておきましたので、気になった方はご参考いただければと思います。

 

レビュー通販でボアジャケットを買って着てみた感想

 

 

ダウンジャケット

 

ダウンジャケット

 

ダウンジャケットは、コートより保温性が高いのですが、モコっとしたボディが特徴的でノームコアが主体だった時は、売れ行きが低下傾向でした。

 

しかし、現在のトレンドは、脱地味スタイルなので、モコっとしたボディにデザインがついているアイテムが多く出ています。

 

反面、ダウンジャケットの機能性をキープしつつ、スタイリッシュできれいめなものもでています。

 

よって、トレンドを意識したスタイルは、アウターで装飾感を出すか、インナーで装飾感を出すか選択肢が増えてきました。

 

好みによって分けるといいでしょう。

 

関連記事おすすめのダウンジャケット

 

MA-1

 

今年流行りのミリタリージャケット

 

MA-1は、ミリタリーコート同様、ガチのカーキのトレンドは終わったようです(もちろん、定番アイテムとしては全然使えます)。

 

ただ、アイテム自体は残っていて、きれいめ系のブラックやダークカーキがトレンドです。

 

男らしい雰囲気が好きな人におすすめですね。

 

関連記事おすすめのミリタリージャケット

 

 

テーラードジャケット

 

定番のテーラードジャケット

 

初心者でもかっこよくなりやすい定番のジャケット。春秋使えて、すぐに様になるので、私も初めに買うべきアイテムとしておすすめしています。

 

今年もトレンドとはいきませんが、問題なく定番アイテムとして親しまれています。

 

特に、30代をすぎて子供っぽく見られる人や童顔な人におすすめですよ。

 

関連記事初心者が初めに手にするテーラードジャケットは?

 

 

デニムジャケット

 

デニムジャケット

 

使い方は、ミリタリージャケットとほとんど同じ。ミリタリーを混ぜるか、アメカジを混ぜるかの違いだけ。

 

定番アイテムとして今年も充分着れますが、やや弱っている印象があります。

 

パーカーと重ね着して合わせるといいですよ。

 

関連記事デニムジャケットの着こなしの基本とおすすめ12選

ファッションアイテムを検索リセット
詳細検索
この記事が気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです。