通販で買う服のサイズの測り方を解説!

通販で買う時に自分の服のサイズを知らないと失敗する!

服のサイズの測り方

 

どうも、メンズファッションコーディネーターのトモです。

 

通販で服を買う時や自分のファッションコーディネートを良くするためには、適したサイズ選びが重要だということは、今までのメンズファッション塾の講座で学んで理解できたと思います。

 

それが実際にできるように、第8回のメンズファッション塾では、自分の服のサイズの測り方をお話します。この講座を読んで頂いたからには、絶対に知っておいて貰いたい内容でもあります。

 

では、具体的にトモが通販で服を買った時の例を挙げながらチェックするポイントを解説します。

 

 

トップスのサイズの測り方

トップスサイズ表

 

サイズは、基本的にスケールを自分の身体や持っているファッションアイテムにあてて測ります。

 

トップスでチェックしておきたいポイントは肩幅と着丈です。肩幅が大きすぎると、服に着られている印象を与えて、小さいとチンチクリンな雰囲気になってしまうので、絶対に確認しておきたいところです。

 

実際に通販で購入したTシャツでサイズを測ってみました!

 

トップイズムで買ったヴィンテージロゴTシャツ

 

アメカジロゴプリント半袖Tシャツ

 

プリントTシャツのサイズ表。

 

当たり前ですが、通販サイトでサイズ表を必ず確認しましょう。

 

肩幅

 

トモの自宅でTシャツの肩幅をタジマメジャーで測ってる様子

 

腕の線のトップを起点として測ったサイズです。

 

トモ自宅で自分の肩幅を測っている写真。

 

通販で買う場合は、特に肩幅しっかりと測っておきたいです。Tシャツの場合は、きっちりサイズを合わせましょう。物にもよりますが、ジャケットは3cmほど、コートの場合は、5cmほどを目安に大きいものを選ぶようにするのがポイントです。

 

肩幅は、誰かに測ってもらうと楽ですがメジャーを使えば自分でも測れます。実際に持っているサイズがぴったりなトップスを測って確認してもOK!

 

着丈

 

通販で買ったTシャツの着丈をトモの家で測っているところ。

 

着丈は、自分の体のサイズを測るというより、自分の持ってるトップスを測った方が分かりやすいのでそうしてます。

 

着丈をなぜ確認する必要があるのか?というと着丈の長さによって、他のアイテムの選び方や着こなし方が変わってくるからです。

 

短くスタイリッシュに着たいのか?ちょっと長めでゆるく着たいのか?などを考えて短めにしようとか、ちょっと長すぎかな?とかそういう風に考えるとファッションセンスが段々上がってきます。

 

身幅・袖丈

 

後、手が人より短いとか長いといった悩みがある人は、袖丈も確認した方がいいかもしれません。身幅はほとんど気にする必要がないと思いますが、この商品はタイトなシルエットです、みたいな表記があるときは確認しておいたほうがいいでしょう。必要がある人は、ダイエットの方も頑張った方がいいと思います。

 

トモの自宅で白いTシャツの身幅を測っている様子

 

一応、トモが気にしているトップスのサイズ合わせのポイントは、肩幅と着丈のみですね。少し太ったかなって思った時は、身幅も気にしますが。

 

パンツのサイズの測り方

パンツのサイズ表

 

次は、パンツのサイズについて解説します。

 

通販で買ったクロップドパンツでサイズを測ってみた!

 

トップイズムで販売しているクロップドパンツの写真。

 

裾リブデザイン綿麻イージーパンツ

 

通販で売っているパンツのサイズ表。

 

ウエスト

 

パンツのサイズで絶対に見る必要がある点はいうまでもないと思いますがウエストです。

 

大きい分にはなんとかなるのですが、小さいと穿けませんね。その次に見るのが、股下。

 

ちなみに、トップスでもある程度そうですが、特にボトムスの場合は、自分の足だけを測ってもサイズ感がピンと来ないと思います。そういう時は、今自分が持っているパンツを測ってみると分かりやすいです。

 

トモの自宅で通販で買ったクロップドパンツのウエストを測った

 

家でトモのウエストのサイズをメジャーで測った

 

股下

 

股下の長さは、基本的に脚の底辺(床)部分で合わせましょう。これでシューズを履いたら、きれいに穿くことができます。

 

長すぎるとパンツの裾の部分にクシュクシュができて、パンツと靴の境界線がはっきりして野暮ったくなります。もし、長い場合は、通販サイトで裾直しを申し込んだり、買ってしまった場合は、仕立屋に持っていくといいでしょう。

 

ちなみに、ロールアップして9分丈で穿くとすっきりする場合があります。その場合、ロールアップする部分は、細めに巻くときれいに見えますよ。

 

トモの自宅で通販で買ったパンツの股下の長さを測った

 

ワタリ・股上・ヒップ

 

そして、これも結構いると思いますが、サッカーなどをやっていて、太ももが太めな人はワタリを、野球などでお尻が大きめな人はヒップを確認した方がいいです。

 

自宅でパンツのワタリ部分をメジャーで測った

 

トモの家で白のクロップドパンツの股上のサイズを測った

 

サイズ感は、何回か通販で購入してお気に入りの店ができると大体分かってくるので、初めの方だけ間違わないようにすればいいと思います。

 

後、伸縮性(ストレッチ加工)が有るか無いかもチェックしておくと、どんな感じなのか詳しく想像できますよ。

 

自分が測ったサイズを信用する!

 

ちなみに、自分が持っている服の表示されているサイズがMとか32とかいろいろあると思いますが、あてにならないんで全無視でいいです(一応ルールがあるんですが)。

 

実際に、メジャーで測ったものを信頼するようにします。表示のルールがズレてる場合があるし、自分が勘違いする場合もありますからね。

 

言い忘れてましたが、サイズを測る巻尺を持ってない人は、速攻買って下さい。巻尺がなかったばっかりに服のサイズが合わなかった!では損ぶっこきますよ。

 

おすすめの巻尺を教えてほしいって要望があったので一応掲載しときますね。他のデザインとかでも全然いいですよ。ちなみに、ゴツイのは測りにくいのでやめた方がいいです。

 

アマゾンで売ってるオシャレな巻尺

 

タジマテープメジャー6MM幅 2M KC2-K

 

ケースに入ったタジマメジャー

 

かっこいいケースで送られてきました!

 

トモが購入したタジマメジャーを手のひらに乗せた

 

軽量でとても気に入ってます。

 

おしゃれでコンパクトな感じのメジャー。部屋の壁とかにかけておくといいですよ。

 

第8回メンズファッション塾のまとめ

 

通販サイトで服を買う時のサイズを確認するポイントは、

  • トップスは、着丈と肩幅は絶対に確認。自分の体型に応じて袖丈なども確認する
  • ボトムスは、ウエストと股下は絶対に確認。自分の体型に応じてワタリやヒップなども確認する
  • 自分の体のサイズを測るのにメジャーを使用する
  • サイズ感がいまいち掴めない場合は、自分の持っている服のサイズも測って合わせて考えてみる

 

次回の第9回メンズファッション塾は、ファッション雑誌やメンプラがもっと深く読めるようになるこれだけは押さえておきたいファッション用語についてお話します。

 

前回のページ 第7回:通販でメンズ服を購入するメリット・デメリット

 

最終回 第9回:これだけは押さえておきたいファッション用語