チェックシャツ メンズ 着こなし

定番×流行のチェックシャツはどのようにコーディネートするのか?

 

ファッションが毎年進化していると言ってもチェック柄シャツを使ったスタイルは定番で時代を問わずハズしません。


 

チェックシャツの種類を選べば様々な年齢に対応できます!

 

例えば10代・20代の若い年齢層の人は、無地TシャツをVネックにして30代以上の人はUネックといった着こなしをします。Vネックは男らしさを主張できて、Uネックは相手に柔らかい印象を与えて、落ち着いた大人の男を演出してくれる効果があるからです。

 

10代・20代はVネック! 30代以上はUネックを試してみる!

 

チェックシャツの場合、深Vを選ばないのがポイント!

 

柔らかい雰囲気を出したいならUネック

 

20代後半の人はどちらでも問題ないです。(自分の顔立ちや顔の大きさなどを参考に考えましょう。)ちなみにUネックが無地Tシャツだとおしゃれさに欠けると思う人はカットソーを選ぶといい感じになりますよ。

 

ボトムは10・20代はヴィンテージに挑戦して欲しい!

 

パンツですが、10代・20代の人はサイドにZIP付きの物を選んだり、ダメージデニムなどのデザイン性があるアイテムを選び、30代以上の人は定番デザインのシンプルなボトムスを選んで合わせるといいでしょう。シンプルなパンツの代表例としてチノパンを使うとしっくりくると思います。この場合生地の品質を重視すると周りと差が付くんですね。デニムは少し若い雰囲気を出したい時に使えます。

 

20代後半の人はどちらでも問題ないです。ある意味ファッションを一番楽しめる時期かもしれませんね。

 

年代によって挑戦できるファッションも異なってくるので、ガンガン挑戦して自分流のファッションを極めましょう。

 

足元は冬はブーツ、それ以外はスニーカーでOK!

 

チェックシャツがそもそもカジュアルアイテムなので、ブーツと言ってもチャッカブーツを選んだり、デニムにはスニーカーで爽やかに合わせたり、全体のバランスを考えて選びましょう! ボトムスがブーツカットの場合、ブーツインしないほうが無難です。インしないことで、ブーツカットの特性の脚長効果を生かすことができます(お兄系ロックスタイルは別)。

おすすめのメンズチェックシャツの着こなし

レザージャケットのインナーにチラ魅せしたカジュアルスタイル

 

赤のチェックシャツとキャメルのレザージャケットの着こなし

 

インナーにチェックシャツを持ってくる時は、アウターの柄は無地や最低でもワンポイントにとどまるデザインの物を選ぶのがコツ。写真のようにキャメルと薄ピンクは相性がいい。

 

カーディガンとカーゴパンツを使ってきれいにまとめたキレカジスタイル

 

ネイビーのチェックシャツとショールカラーカーディガンの着こなし

 

カーディガンと合わせる時も同様に無地のものを選ぶ。カーディガンはショールカラーを使うと今っぽい。

 

定番の無地Tシャツをインナーに持ってきたカジュアルコーデ

 

ネイビーのチェックシャツと3ジップチノパンの着こなし

 

上のコンテンツで提案した無地のUネックにチノパンを合わせたもの。チェックシャツの色やジップチノパンを選べば若い雰囲気を出せる。もう少し大人っぽく着たいならチノパンとシューズをシックな物に変更すればよい。

 

ダメージデニムを使うとお兄系スタイルに!?

 

ボンズ&ピースのチェックシャツを使った着こなし

 

ブロックチェックシャツとダメージデニムを合わせると10代におすすめのお兄系スタイルの完成。10代の女の子は落ち着いたスタイルよりもこういった尖ったスタイルの方が惚れやすいという特徴があるから生かしてね。