【メンズ】ステンカラーコートのおすすめ5選【選び方や今年の傾向も解説】

最終更新日:2019/11/19 公開日:2015/10/30

 

おすすめのステンカラーコート

 

ファッションコーディネータートモ

今回は、今年おすすめのステンカラーコートを紹介していきます。

 

ステンカラーコートは、チェスターコートと同様、スタイルをきれいに見せるロングコートの一つです。

 

よくチェスターコートとどっちがいいのか迷う人もいますが、答えはどちらでもいいです。

 

特徴としては、チェスターコートの方が30代までの若い世代に着られることが多く、ステンカラーコートは、40代以降に好まれることが多いです。

 

これは、コートの特徴の違いで、そのまま着るとステンカラーコートの方がビジネス感が出やすいからです。

 

ただ、コーディネートや選び方で若くても中年でもかっこよく見せることはできるので、今回の記事を参考に自分に合ったステンカラーコートを見つけてもらえると嬉しく思います。

 

ステンカラーコートの選び方

 

ステンカラーコートの特徴は、レギュラー襟であることです。

 

ステンカラーコート

 

レギュラー襟は、シャツを連想することから、ポリエステルを使った薄手の生地でも自然に見えて安っぽく見られないのですね。

 

だから、春秋には、同素材のチェスターコートと同じくらい人気が高まることもあります。

 

選び方ですが、冬用のステンカラーコートは、ウールやメルトンのような保温性に優れた生地を選ぶのが普通です。

 

そして、一番見てほしいのは着丈の長さ。

 

着丈が長いとビジネス感が増すので、オシャレ着として使うなら、他の服との合わせ方を工夫する必要があります。

 

逆に、着丈が短いものだと、少しカジュアルダウンするので若い人でも似合いやすくなります。

 

私の客観的な基準ですが、30代以上ならロングのステンカラーコート、30歳以下なら少し短めなステンカラーコートを選べばいいでしょう。

 

ただ、30歳以下でも大人びた顔立ちの人や体型が崩れてきた人は、体型カバーができるロング丈のステンカラーコートがおすすめです。

 

最後に色や柄ですが、初心者は黒かグレーの無地がおすすめ。

 

理由は、着回しやすく、ほとんどハズすことがないからです。

 

これらに飽きた中級者以上の人なら、インナーとパンツをモノトーンにして明るめな色やトレンドの柄を選んでみるといいでしょう。

 

ここまでのお話しを基準にステンカラーコートを選べば、基本的に上手くいきますよ。

今年おすすめのステンカラーコート5選

 

ここでは、私のおすすめのステンカラーコートを厳選したのですが、あなたの目的に合うように機能性、コスパ、年齢別、トレンド、品質を基準にそれぞれ適したものを選びましたので参考にしていただければと思います。

 

【1番のおすすめ】高機能でコスパ抜群!

 

マジカルサーモリバーシブルウールコート

 

マジカルサーモリバーシブルウールコート

 

ロングコートの弱点は、保温性はダウンジャケットに及ばず、重さは当然スプリングコートより重くなります。

 

その弱点を完全に埋めたのがマジカルサーモ素材。

 

さらに、リバーシブルなので高級感のあるウール面とスポーティーに見えるポリエステル面をTPOに合わせて使い分けることができますよ。

 

こんな機能があるなら、3〜5万円以上はしそうなのですが、2年前に開発された素材で売り出しに力を入れているようで2万円くらいで手に入ります。

 

しかも、このコートは、通販では珍しくサイズがSからXXLの5段階になっていますので、どんな体型の人でも着ることができますよ。

 

若い人はともかく、見た目だけでなく機能性も重視する30代、40代以上の男性におすすめです。

 

正直、ステンカラーコートの紹介はこれだけでいいかなって思えるほどですが、他のニーズもあると思うので続けていきますね。

 

 

 

カジュアル・ビジネスの両方で使えるステンカラーコート

 

ウールメルトンステンカラーコート

 

ウールメルトンステンカラーコート

 

こちらは、比翼仕立てのコートなので前を閉じるとボタンが見えず、ドレス度が高くなる仕様になっています。

 

全体的に、シルエットがきれいで程よく光沢感があるので、高級コートのように見えます。

 

着心地の方は、やや軽めなメルトンとウールを使っているので重さが気になることはなく、比翼仕立ては、普通のコートより風を通しにくいので保温性も比較的高いですよ。

 

基本的には、ビジカジライクに着たい人におすすめですが、スニーカーなどで着崩すことによって、センス良くタウンユースすることができます。

 

ウールステンカラーコートを使ったコーデ

 

品質が良くて、そこそこの値段で買えるステンカラーコートをお探しの人におすすめですよ。

 

 

学生におすすめの少し着丈が短めなステンカラーコート

 

メルトンウールステンカラーコート

 

メルトンウールステンカラーコート

 

やや着丈の長いジャケットのような感覚で羽織れるステンカラーコートです。

 

ステンカラーコートは、ロングコートであるのが普通ですが、着丈を少し短くすることによって、コーディネートに関わらずビジネスっぽく見えなくなります。

 

メルトンステンカラーコート

 

例えば、ニットや黒パンツと合わせても、そこまで仕事感はでませんね。

 

同じ合わせ方でもロング丈の場合、ビジネス的な印象になってしまいます。

 

着丈が短い分、生地も使ってないのでウール混なのに1万円以下で買えるのも経済的に助かります。

 

 

トレンドのチェック柄ステンカラーコート

 

グレンチェックのステンカラーコート

 

ウール混ステンカラーコート

 

今年は、浸透しきった無地のロングコートと差別化するため、チェック柄が人気です。

 

特に、チェスターコートではチェック柄がラインナップに加わっていることが多いのですが、ステンカラーコートでは珍しい一着。

 

ここのブランドは、元々こういったカジュアルコートをリリースしていたのですが、それが当たった感じです。

 

チェック柄が派手でなくグレー重視のモノトーンでデザインされているので、先ほどのステンカラーコートと同じで着丈が少し短く、柄と合わせるとカジュアルに寄るので、インナーとパンツをモノトーン系のアイテムでまとめるだけで簡単に周りと差別化できますよ。

 

このコートも1万円以下で買えるので狙い目です。

 

 

高級素材を使ったステンカラーコート

 

カシミヤ混ステンカラーコート

 

カシミヤ混ウールステンカラーコート

 

最後に少し良いものを紹介します。

 

カシミヤを混ぜることにより、肌触りが良く見た目の高級感もアップしたステンカラーコートです。

 

程よい着丈なのでビジネスと街着の両方に使えます。

 

このカシミヤが混ざったメルトン生地は、世界最高峰の品質を持つミリオール社のものを使っています。

 

生地密度が高いので保温性に優れている反面、軽量な生地。

 

そろそろ、良いコートが欲しいなって考えている30代以上におすすめのアウターです。

 

ここまで高級感があると7万〜10万くらいしそうですが、意外とそんなにかからないコスパの良いアイテムであることも厳選理由の一つですよ。

 

 

 

以上で、今年おすすめのステンカラーコートの話は終わりです。

 

人気記事メンズファッション通販ランキング【コーディネーターのおすすめ】

ファッションアイテムを検索リセット
詳細検索
この記事が気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです。