流行に沿ったおすすめのストールは?

ストール・マフラーのトレンドとおすすめ!

おすすめのストール

 

どうも、コーディネータートモです。

 

ストールやマフラーは、コーディネートのシルエットやきれいめとカジュアルのバランスをとるのに最適なアイテムです。また、錯覚効果で小顔に見えたり、上に目線が行くのでスタイルが良く見えるため、胴長短足が多い我々日本人にとって、嬉しいアイテムです。

 

選び方ですが、初心者は、柄ものから入るのではなく、シンプルなモノトーンのものを選ぶとコーディネートしやすいし、てっとり早くオシャレに見えるようになります。

 

ただ、シンプルすぎは、ちょっと嫌だって人もいるかもしれないので、今回は、無地のモノトーンのほかに、ストライプ、チェック柄などの中から初心者でも合わせやすくオシャレに見られるストールやマフラーを選びました。

 

ストール・マフラーの巻き方

おすすめのストールを紹介する前に、巻き方についてお話しします。

 

初心者の中で、ストールの巻き方がよく分からなくてネックになっている人もいると思います。ストールの巻き方は、色々あるのですが、エディター巻きやポット巻きというやり方をすると首周りにボリュームを出すことができてオシャレに見えます。

 

他にも8種類ほど巻き方があるのですが、写真付きで一目で見れるページがあったので、そこを参考にするといいですよ。中級者でもこんな巻き方があるんだと知識が増えるかもしれません。

 

ストール・マフラーの巻き方10種類が分かるページ

 

トモおすすめのストール&マフラー!

無地

 

大判で無地のストール

 

初心者が、きれいめとカジュアルのバランスを崩さずに大人っぽいコーディネートをする上で、一番のおすすめは、無地で大判のストール。

 

ただ、メンズのブランドストールは、格段に高い。ストールについては、レディースを使ってもいいのですが、購入するのには、抵抗がありますよね。

 

そういったデメリットを埋めるのがこのストール。安価ですが、ウール混なので、そこそこの保温効果と品質があります。アクリルも70%混ざってるので、丈夫ですが、洗濯で毛玉にならないように注意が必要ですが、、。

 

ストールを巻いたコーデ

 

長さが210cmで幅が71cmで慣れてない人は、大きすぎじゃない?って思うかもしれませんが、そんなことはありません。これくらいが、バランスをとるのに丁度よいのです。特に、私のような顔が大きい人は、、(汗)。コートに合わせる予定がある人も非常に使いやすくておすすめですよ。

 

ブランド:ASTARISK(アスタリスク)

 

ウール混無地ボリュームマフラー

 

ただ、どうしても大判に抵抗がある人は、ジャケットと合わせてサラッと巻けるこういった無地のストールを選ぶ手段もあります。

 

安くて無地のストール

 

小さくなった分、価格も安くて先ほどのマフラーの半値で手に入れることができます。しかし、アクリル100%なので、洗濯には充分気を使う必要があります。製作に工夫が凝らしてあるので、新しい状態では、柔らかい肌触りはしますよ。

 

なので、あまりマフラーは、巻かないけど、たまに使う時があるって人におすすめです。

 

ウールタッチマフラー

 

ストライプ

 

トモが提案している初心者向けのモノトーンコーデに無地のストールを合わせると少し物足りなく可能性もあります。勘違いしてはいけないのが、モノトーンコーデに無地ストールがダメというわけではありません。それはそれで、オシャレに見えるのですが、コーデの幅を広げるとしたらという意味です。

 

そういった時に、相性がいいのがストライプ。もちろん、ビジネスシーンでも使えます。

 

モノトーンのストライプストール

 

初心者は、ストライプの中でも、このくらいのトーンのものを選ぶと絶対にはずしません。また、無地と違って、動きを出すことができます。柄が入るとややカジュアル感がでるので、きれいめとカジュアルのバランスを調整するアイテムとしても使えます。

 

ストールを使ったコートの着こなし

 

黒のコートに合わせたり、

 

ストールを使ったダウンジャケットの着こなし

 

ダウンジャケットと合わせることができます。ダウンジャケットのようなラフなアイテムでも、こういったモノトーンのマフラーを巻くと急に大人っぽい感じが出ます。

 

ラッセルボーダーニットフリンジマフラー

 

ほかにも、30代、40代には、やや敷居が高くなりますが、10代、20代なんかですと、こういったマルチカラーのストライプマフラーを合わせると年代らしさがでます。

 

マルチストライプカラーのマフラー

 

もちろん、30代、40代の人が付けるのもありですが、若づくり感がでるので、きれいめとカジュアルのバランスをしっかりと調整してセレブ感を出すようにしましょう。

 

10代・20代の場合は、ややカジュアル気味にバランスが崩れても年相応の感じが出るので、充分に着こなすことができます。

 

マルチストライプカラーのマフラーのコーデ

 

海外ブランドでマルチストライプのマフラーで有名なのは、ポールスミスです。30,40代の人は、そちらを選ぶのもありですが、5〜7倍くらいの値段がするので、10,20代の人は、こういったものを上手に合わせるのもありです。

 

日本製のマルチカラーストライプマフラー

 

チェック

 

チェック柄では、ウィンドウ・ペンという格子柄のストールがおすすめ。

 

ウィンドウペンのストール

 

モノトーンコーデに合う大人っぽい感じなら、こういった線が細めのものを選ぶといいです。線が細いデザインほど、きれいめよりで、太くなるほどカジュアルよりになります。バランス調整の参考までに。

 

ウィンドウペンのストールのコーデ

 

黒いコートにアクセントがついた感じになります。ストライプと同様に、無地に飽きた人やモノトーンコーデをもう少し明るくしたい時に使えますよ。安価な価格帯で柄ものだと、どうしても素材がアクリルになりますが、コスパは高いと思います。まあ、ウールに比べてチクチクしないというメリットもありますが、、。

 

大判ウインドペンチェックストール

 

また、高校生に人気なのが、こういったタータンチェックのマフラー。

 

タータンチェックのマフラー

 

17種類あって、1000円台の激安となっています。おすすめカラーは、ウィンドウペンブラック・ブラックウォッチです。

 

制服にマッチしますよ。

 

ウールタッチタータンチェックマフラー

 

ロングシーズン使えるストール

 

グラデーションストール

 

冬は、少し寒いし季節感がズレた感じがするので避けた方がいいですが、春夏秋と3シーズン使える薄手のストール。

 

黒やグレーの無地の薄手のストールも定番ですが、敢えておすすめを挙げるなら、こういったグラデーションのストール。

 

グラデーションストールの着こなし

 

写真のように、シンプル巻きをしてもいいですが、スヌードのような巻き方をするのもトレンドです。春や秋なんかは、黒パンツと白シャツのシンプルコーデに巻くだけでオシャレ感がすごくでる便利なアイテムでもありますよ。

 

ポリエステル100%なので、価格が安く、軽くて丈夫ですが、熱に弱いので、アイロンは掛けれません。まあ、かける必要はないですが、、。

 

グラデーションストール