ベージュのスエードシューズをコーデしてみた!

安くて使えるスエードシューズを買ったので履いてみた!

メンズスタイルで買ったスエードシューズ

 

どうも、コーディネータートモです。

 

今回は、メンズスタイル爆買い体験の第6段!ベージュのスエードシューズを買った!

 

ベージュのスエードシューズって誰もがはじめに買いやすいアイテムだけど、トモはおすすめしてない。

 

日ごろから初心者がはじめに買うべきはブラックのシューズと言っている。

 

だからといって、ベージュの靴がなしなのかと言えばそうではない。

 

コーディネートの戦略を持って買えば充分にかっこよく履けるんだ。ただ、コーデをミスるとかっこよく見えないって難点もあるので注意が必要だと思う。

 

トモが今回買ったのは、焦がしデザインシューズという素材はPUレザーだけどスエード加工とつま先が焦げたような色合いになってた靴。

 

これを大人っぽく合わせてみたので、コーディネートの流れを載せておいた。

 

焦がしデザインシューズ

 

その前に焦がしデザインシューズがどんなだったか軽くレビューする。

スエードシューズが入ってた箱

 

合成皮革のシューズを通販で買うと必ずといっていいほど箱の中で臭いが充満していて天日干しが必要なんだよなあ〜。

 

そんな風に思いながらふたを開けてみると思ったほど臭くなかった。

 

シューズが入ってた箱の空気穴

 

箱を良く見ると、空気穴のようなものが開いていた。シューズだけじゃないけどネットのレビューでPUレザーの製品で臭いのクレームって結構多いんで、あらかじめ対策を施しておいたってことなんでしょうね。

 

その辺、ちょっと好印象をだった。

 

スエードシューズが梱包されてた状態

 

靴は、色落ちやシューズ同士のこすれがないように、専用の薄紙で梱包されていて、靴の中には、型崩れがないように紙がまるめてセットしてあった。

 

26.5cmのベージュのスエード靴

 

おかげで、箱から出しても靴がつぶれてるといった状態ではなく、すぐに履ける状態だったので安心した。

 

先端が焦がしデザインで主張しすぎるかなって思ったけど服と合わせて全体で確認してみると良い感じにバランスがとれた。

 

焦がしデザインシューズ

 

43(26.5cm)のサイズ感と履き心地

トモの足のサイズに合うかチェックしてる状況

 

注文したのは、43。ヨーロッパサイズ表示だった。日本のサイズでは26.5cm。

 

トモの足のサイズは、26,5cmで結果から言うとこのスエードシューズのサイズは丁度よかった。

 

足の横幅は、サッカーをしていたのでちょっと広めな10cm。小指の付け根から測った足の甲の横幅の中でも一番広い箇所のサイズです。

 

甲の高さは、約8cmで特に問題なく履けた。

 

履いた感じは、かかと部分がすこーしゆるいかな?って感じだったけど歩いていて脱げるほどではない。脱ぎ履きするのに丁度よいゆるさだった。

 

ちなみに、かかと部分はダンボールを薄くしたような感じで柔らかく折れるけど、まっすぐにすると元に戻るみたいな感じだった。

 

つま先部分は、先がやや上を向いているデザインなので、ちょっと余る感じになったが、横が充分にせばまってるのでぶかいことはなかった。

 

ソール部分が薄かったので、地面にペタッとする感じかなあって思ったけど、意外とエアー感を感じた。もちろんエアーは入ってません。思ったより歩きやすかった。

 

焦がしデザインシューズ

 

着崩すテクニックを使ったコーディネート

ベージュの靴を使ってコーディネートした

 

ベージュのスエードシューズは、色・素材ともにカジュアル要素が強い。ただ、この靴に関しては、シャープなフォルムなので、少しだけきれいめな要素が入ったアイテム。

 

インディゴのデニムパンツやベージュのチノパンと合わせてカジュアル全開で合わせる方法もあるんだけど、初心者がこれをやると不自然ではないがパッとしない感じになる。

 

これは、なんとなく思い当たる人もいるのではないでしょうか?

 

トップスの合わせ方でも違ってるくるのだけどカチッとしたパンツと合わせるとバランスがとれた。

 

写真の着こなしは、テーラードジャケットに黒のスキニーパンツを合わせてみたら、きれいめすぎな感じになったので、ベージュのスエードシューズで着崩したわけ。

 

その後をいうと、それでもカチッと感が強かったんで、ちょっと大きめなトートバッグを使って落ち着かせた。

 

コーディネートに慣れないうちは、こんな風にきれいめ感を着崩すように着こなしをしていくと、外国の人達に比べて童顔な人が多い我々日本人でも大人っぽいコーデが簡単にできる。

 

焦がしデザインシューズ