メンズ服の悩み解決し隊

スーツカンパニーの評判ってどう?品質はいいの?

公開日:2021/12/15

スーツカンパニーの評判って実際どうなの?品質は?

 

「スーツを新調したいけど、ザ・スーツカンパニーってどうなんだろう?」

 

「コスパが高いスーツ屋さんを比較検討中!」

 

この記事は、こんな疑問を持つ人に向けて書きました。

 

ファッションコーディネータートモ

どうも、コーディネータートモです。スーツカンパニーは、駅の近くにある安いスーツ屋さんというイメージが強いのですが、スーツ界のユニクロとも言われるほど、クオリティが高くてなおかつリーズナブルなスーツが揃っている知る人ぞ知るスーツ屋さんです。

 

今回は、スーツカンパニーは本当にクオリティが高いのか?本当だとしたら、それはなぜか?などなど、私が実際に愛用しているザ・スーツカンパニーついて、すべて答えていきたいと思います。

 

 

スーツカンパニーってどんなブランド?

スーツカンパニーは、老舗のスーツ屋さん「洋服の青山」でお馴染みの青山商事が運営しているブランドです。2000年11月に1号店をオープンしました。

 

スーツカンパニーの店舗
出典:https://www.uktsc.com/the_suit_company/

 

スーツカンパニーは、若者が選びやすいスタイリッシュなスーツをツープライススーツといって2万〜3万円台で販売することからスタートしました。

 

洋服の青山では、定価のスーツを1着買うと、2着目は1,000円になります!という販売方式が多かったのですが、ツープライススーツの戦略でリーズナブルさが認知されて、20〜30代の若者を中心に浸透していきました。

 

それが段々と、若者だけでなく、オッサンぽく見られたくない40代の人たちの間でも利用されるようになってきました。今では、スタイリッシュなスーツがビジネススタンダードになっているくらい浸透しています。

 

青山商事は、大手企業なので、当然売り上げのことを意識しなければならず、店舗は都心を中心に出店していますが、その分、通販が充実しています。

 

通販サイトは、同じく青山商事が運営するユニバーサルランゲージという大人向けのスーツブランドと合同ショップになっています。サイズが豊富だったり、コーディネートのイメージがしやすくとても使い勝手が良かったです。

 

これなら、郊外に住んでる人でも、通販を使うことで手軽にスーツカンパニーのスーツを手にすることができそうだなと思いました。

 

\ 公式オンラインショップ /

上のバナーはボタンリンクです。

 

スーツの品質について

あなたは、スーツをどのような基準で判断していますか?

 

スーツカンパニーのスーツは、実は値段以上の価値があります。スーツを判断するときは、@素材A縫製Bデザインの3つを見ます。

 

特に、素材は最重要で、デザインに差はなくても生地には大きな差がでてきます。

 

そして、スーツカンパニーで作られているスーツの生地は、@商社を通さず直接取引していることA取引量が多いことの2つの理由により、同じ生地を使っていたらセレクトショップでは高額になるスーツがリーズナブルな価格でリリースされているのです。

 

カノニコの生地

『THE SUIT COMPANYのミドルラインのスーツ生地に利用されているイタリアの高級生地ブランド「VITALE BARBERIS CANONICO(ヴィターレ・バルベリス・カノニコ)」』

 

専門家でなければ、スーツの生地の品質をしっかり見て判断しようとしないので、中々スーツカンパニーの良さが理解されませんが、スーツのことを知らない人でもとりあえずココを選んでおけば間違いないという理由の一つになっていますよ。

 

次に重要な縫製についてですが、最近では、肩パッドなどを外したり、芯地を軽めにしてカジュアルダウンしたスーツの傾向があり、その傾向になるほど、ごまかしがきかなくなるのが縫製です。

 

スーツカンパニーは、既製品を販売しているお店なので1着1着手作りというわけにはいきませんが、ハンドメイドに近いマシンメイドを実現していて、比較的良いんですよ。

 

最後に、デザインについてです。デザインは、ごまかしが効くのですが、シルエットや作りが昔のデザインのままだと、途端古臭い印象になります。

 

スーツカンパニーで販売されているスーツのデザインは、シンプルなものが多いですが、シルエットやちょっとしたデザインに適度なトレンドを取り入れているので退屈することはないでしょう。

 

生地が良くて、ベーシックでトラッドなデザインを取り入れていることが、若者世代だけでなく大人世代にも評価され始めた理由でもあります。

 

ターゲット別に設定されてるスーツのランク

実は、スーツカンパニーには、ローライン・ミドルライン・ハイラインの3段階にランク分けできるようなスーツの違いがあります。

 

ローラインは、若者でも手が届きやすいように、そこそこの生地を使ってデザインをファッショナブルにしたスーツ。大体3万円代以内のスーツです。

 

これは、新社会人向けのセットスーツだったり、20代向けのスーツだったりして、とてもリーズナブル。芸能人やアニメーションを使ったPR活動も活発的で若い人にとっては益々なじみ深いものになっていくのではないでしょうか?

 

スーツカンパニーの新社会人向けのアニメーション
出典:https://www.uktsc.com/cont/special/gakusei_recruit/freshers2022/

 

ミドルラインは、良い生地を使っているのにも関わらず、セレクトショップでは高額になるスーツがリーズナブルにリリースされています。セレクトショップでは7〜8万円くらいしてもおかしくないものが4〜5万円くらいで置いてあります。

 

ハイラインは、高級志向の大人向けなスーツ。これは、スーツカンパニーのブランドが好きな人向けの高クオリティーなスーツですね(通販ではユニバーサルランゲージが多い)。

 

おすすめは、やはりミドルラインです。

 

カノニコの生地を使った2つボタンスーツ

 

ミドルラインは、イタリアを代表する生地ブランドの「VITALE BARBERIS CANONICO」の生地を使った本物志向の良いスーツが安く手に入りますので、30代、40代の人はもちろん、お金に余裕がある若者でも是非試してもらいたいと個人的には思っています。

 

スーツカンパニーの魅力

スーツカンパニーの魅力は、良いスーツがリーズナブルに揃うということですが、それ以外のことにも触れていきましょう。

 

他には、サイズ展開が豊富ということがあります。オーダーメイドではなく既製品を販売しているので、どうしてもサイズに不安になりますが、ドロップといってバストとウエストの差を2で割ったものを計算することによって最適なサイズを選ぶことができるんですね。

 

また、スーツ以外のウエアも充実して、それがスーツと良くマッチするんです。

 

あなたもスーツカンパニーを試して魅力に気づいていただければ幸いです。お近くで店舗がない人は、簡単に利用できるオンラインがおすすめですよ。

 

\ 公式オンラインショップ /

上のバナーはボタンリンクです。

page top