基本から応用までタンクトップの着こし術一覧!

タンクトップの着こなし特集!

シャツと合わせた基本のコーディネート!

 

白シャツと黒のタンクトップにクロップドチノを穿いた着こなし写真。写真の着こなし

  • 白の麻混7分袖シャツ
  • 黒のタンクトップ
  • 3ジップクロップドチノ
  • おしゃれな白のスニーカー
  • キャメルのレザーブレスレット
  • キーリングネックレス

 

タンクトップの着こなしとして、シャツを使うのは基本。誰でも思いつくコーデです。写真は、長袖ですが、半袖でも可能。注意するポイントは、麻系の薄手のシャツを使うこと。あまり分厚いとタンクトップと差ができてダサイです。

 

ネイビーのシャツに黒のタンクトップとグレーのスウェットパンツを穿いて撮った写真。写真の着こなし

  • ネイビーの麻シャツ(長袖)
  • 黒のタンクトップ
  • グレーのアンクル丈スラックス
  • 白のレザースニーカー

 

シャツの色や柄を変化させるとシンプルなシャツとタンクトップの組み合わせが映えます。普段着からおしゃれ着まで応用できるので、取り入れてみてはどうでしょうか?

 

タンクトップ1枚の着こなし

 

ブルーのタンクトップに花柄のショートパンツを穿いて撮った写真。写真のコーデ

  • 青のタンクトップ
  • ブルーの花柄ショートパンツ
  • ネイビーのスリッポン
  • アンクルブレスレット

 

タンクトップ1枚の着こなしは、簡単のようで難しいんですよ。ポイントは、露出が高くても良い雰囲気の場所で使うことと、その場にあったコーデを心掛けること。写真は、海辺のリゾートに合わせたコーデになってます。

 

グレーのタンクトップにブルーのデニムパンツを穿いて撮った写真。写真のコーデ

  • グレーのタンクトップ
  • ブルーのウォッシュ加工デニムパンツ
  • 黒のバブーシューズ
  • 天然石2連ブレスレット
  • レザーバンクル

 

街中でタンクトップ1枚にしたい時は、なるべく長パンツと合わせて、アクセサリーを上手く使うといいです。だらしない感じから、敢えてこの格好をしている雰囲気がでるようになりますよ。

 

白のタンクトップにベルト付きのデニムパンツを穿いて撮った写真。写真の着こなし

  • 白のタンクトップ
  • ベルト付きヴィンテージデニムパンツ
  • 黒のエンジニアブーツ
  • ごつめのベルト

 

慣れた仲間と室内で過ごす時は、これでOK!アクセントのあるデニムパンツを使ってます。この格好で外に出かける時は、半袖でもいいのでシャツを羽織ったり、持っていくといいです。

 

重ね着

 

ボーダーのタンクトップを重ね着してネイビーのショートパンツと合わせて撮った写真。写真の着こなし

  • 黒×白のボーダータンクトップ
  • 白無地の半袖カットソー
  • ネイビーのクロップドパンツ
  • 黒のスウェードシューズ

 

ボーダータンクトップは、透け感のあるアイテムと重ね着するとめっちゃオシャレです。他にも、夏ニットやカーデを使うこともできますよ。リゾート系では、パーカーを使ってもOK!

 

夏カーディガンとの組み合わせ

 

黄色のカーディガンの下にボーダーのタンクトップを着て白のショートパンツを穿いた写真。写真の着こなし

  • イエローの夏カーディガン
  • ネイビー×白のボーダータンクトップ
  • 白のショートパンツ
  • 天然石の2連ブレスレット

 

先ほどの、重ね着でも言った通り、ボーダーのタンクトップは、透け感のあるアイテムと相性がいいです。夏用の薄手のカーデとはいえ、長袖なので、ボトムスは、ショートパンツで合わせてます。

 

5分袖ジャケットと合わせた感じ

 

ネイビーのジャケットにピンクのタンクトップを合わせて着た写真。写真のコーデ

  • ネイビーの5分袖テーラード
  • ピンクのタンクトップ
  • ホワイトパンツ
  • ピンクのスウェードブーツ

 

薄手の5分袖ジャケットは、タンクトップと合わせても大丈夫です。タンクトップは、リブ付きのしっかりしたものを使うのがポイント!

 

黒のテーラードジャケットに白のタンクトップを合わせて着た写真。写真のコーデ

  • 黒の5分袖テーラードジャケット
  • 7分袖透かしニット
  • 白のタンクトップ
  • ポケット付きクロップドデニム
  • ベージュのスウェードシューズ

 

インナーに透けるように使うのも基本。下着として、タンクトップを使うことは多いのですが、敢えて見せるなら重ね着を応用して、透けるようにインするとファッショナブルになります。