【コーデのバリエーションアップ】テーラードジャケットに合わせるインナー攻略【初心者でも簡単】

更新日:2019/4/09 作成日 2018/8/30

 

テーラードジャケットに合うインナーの解説

 

この記事は、下記の悩みや疑問を持つ男性向けに書きました。

 

 

 

  • テーラードジャケットに合うインナーを知りたい
  • テーラードジャケットのコーデのバリエーションを増やしたい
  • 初心者でも分かるように解説してほしい

 

 

 

記事を読むことで、テーラードジャケットに合うインナーを知ることができてコーディネートのバリエーションを増やすことができるようになります。

 

ネタバレすると、テーラードジャケットに合うインナーは、Tシャツ・ニット・パーカー・シャツの4種類です。

 

この4つの合わせ方のポイントを押さえることで、オシャレな着こなしや自分の好きな合わせ方ができるようになると思います。

 

テーラードジャケットは、比較的誰でも似合いやすいアイテムなので、初心者でも挑戦しやすいように簡単にまとめました。

 

ファッションコーディネータートモ

トモは、テーラードジャケットが好きで合わせるインナーについて研究しています。他のアイテムと違って、知識だけでもコーデ力が上がるので最後までお付き合いいただければと思います。

春秋に使える!一番簡単なTシャツを合わせる【注意点あり】

 

テーラードジャケットのインナーに持ってくる基礎の基礎的なアイテムは、無地のTシャツでシンプルな服装したいときや急いでいるときにパッと決められるので便利です。

 

トモもたまに使ってますね↓

 

 

特に、最も多くの人が似合う黒やネイビーのテーラードジャケットには、白の無地Tシャツが合わせやすいですよ。

 

考え方として、テーラードジャケット×無地Tシャツの組み合わせは、色を中心として合わせるとうまくいきますよ。

 

参考までに、似合う色の組み合わせをまとめると下のような感じです。

 

テーラードジャケット×無地Tシャツの色の組み合わせ

  • グレー×白
  • ベージュ×白
  • ダークグリーン×グレー
  • 白×黒
  • ネイビー×グレー
  • 黒×薄いベージュ

 

テーラードジャケットのインナーは、白の無地Tシャツが一番着回し力が高いので初心者におすすめです。

 

後は、モノトーンであるグレー、黒があれば9割方カバーできるでしょう。

 

ただし、テーラードジャケット×無地Tシャツの組み合わせは、コーディネートがシンプルになりがちなので使う時がビジカジのようなシーンに限られてしまいます。

 

街着で使うには、Tシャツを重ね着してみたり、パンツをジーンズやチノパンに変えたり、革靴をスニーカーに変えるといった感じでカジュアルなアイテムを足していくとTPOに合った服装になりますよ。

 

テーラードジャケットと無地Tシャツのコーデをカジュアルダウンした

 

上の写真だと、まだビジカジな印象が強いので、リュックやバッグなんかを組み合わせると、オシャレ着として使いやすくなると思います。

 

一発で差がつく!ボーダーTシャツ【オシャレさんが好む】

 

テーラードジャケットのインナーに着るTシャツで無地以外に相性がいいのがボーダーTシャツです。

 

テーラードジャケットのインナーにボーダーTシャツを合わせたコーデ

 

インナーにボーダー柄を持ってくると、シンプルな印象が改善されて明るい雰囲気がでます。

 

ボーダー柄ですが、写真を見てもらうと分かるのですが、細めだときれいめ、太めだとカジュアルな印象が強くなりますのでTPOや好みに合わせて調整してもらえるといいかと思います。

 

ボーダーの色ですが、基本は白×黒で、季節に応じてダークネイビー×白(夏)なんかを取り入れていくといい感じになりますよ。

(初春・秋・初冬)ニット【Tシャツとの違い】

 

インナーにTシャツでは肌寒い季節なんかでは、Tシャツと同じ組み合わせでニットを使うことができます。

 

テーラードジャケットのインナーにニットを合わせたコーデ

 

Tシャツとの違いは、同じ無地でもニット場合、ハイゲージ(ざっくり編み)とローゲージ(細かい編み方)といった編み方の違いで見た目が変わるという点です。

 

ハイゲージはカジュアル感が出て、ローゲージはきれいめ感がでます。

 

Tシャツと同じ着方は、ローゲージですね(ニットなのでTシャツよりきれいめな印象になるが)。

 

この辺を意識して選ぶといいと思います。

 

また、ニットが使える時期は、季節的にハイネックニットを使ってもおかしくありません。

 

ハイネックニットを使うと首周りのバランスがとれて、小顔効果が得られたり、重心が上に向くのでスタイルが良く見えます。

 

テーラードジャケットがいまいちしっくりこないって悩みがある人は、ハイネックニットを使ってみるといいですよ。

(初春・晩秋)パーカー【周りと差別化するのに使えます】

 

インナーにパーカーを持ってくるスタイルは、主に10代〜25歳くらいまでの若い層のオシャレさんたちが好む着こなし方法です。

 

テーラードジャケットがまだ早いかなって思う10代のメンズもパーカーをミックスをすれば着ることができますよ。

 

テーラードジャケットのインナーにパーカーを合わせたコーデ

 

基本的に、テーラードジャケットのコーディネートは、オシャレと言うよりシンプルで大人っぽい服装というイメージになるので、街着として着るなら工夫する必要があるんですね。

 

特に、若い層では周りと差別化して攻めのファッションスタイルをしたほうが楽しく服を着ることができると思います。

 

パーカーは、前開きするジップタイプとジップがないプルオーバータイプがありますが、きれいめ寄りのカジュアルならジップタイプ、スポーティーミックスならプルオーバーを選ぶといいでしょう。

 

文章にすると論理的に聞こえますが、ジップタイプかプルオーバーかによって見た目が変わるんで、好きなデザインを選べばいいってことですね。

 

着こなしによっては、ジップの方がやや大人っぽく見えるかもしれません。

バランスを取るのが難しいシャツ(春・秋)

 

もしかしたら、テーラードジャケットに合わせるインナーというと、初めに浮かぶのがシャツかもしれませんね。

 

なぜなら、スーツの下に着るのはYシャツというイメージが強いからです。

 

ただ、テーラードジャケットのインナーにシャツを持ってきてオシャレに見せるのは、難易度が高いことを覚えておきましょう。

 

スーツジャケットの下のシャツは、タックインして着るのが基本なので、テーラードジャケットとシャツを合わせてタックインするとスーツっぽく見えたり、足の長さが露呈するのでスタイルが良くない人は不利になります。

 

そうすると、必然的にシャツを出した着方をすることになりますが、このときのバランスの取り方が難しい。

 

もちろん、テーラードジャケット+シャツでタックインするコーデも可能ですが、かなりキメてる感がでるので初心者にはおすすめできませんね。

 

もしテーラードジャケットのインナーにシャツを合わせたコーデにしたいなら、無地シャツの場合、通常襟のレギュラーカラーやボタンダウンを避けてスーツシーンでは使わないバンドカラーで合わせる方法があります。

 

テーラードジャケットのインナーにバンドカラーシャツを合わせたコーデ

 

上の写真ではちょっと大人っぽいかなって思える人は、革靴をスニーカーに変えたり、パンツをジーンズに変えて調整するといいですよ。

 

 

もう一つ、こちらの方が似合う人が多いと思うのですが、無地シャツではなく、チェックかストライプ柄のシャツを使うという手がありますね。

 

テーラードジャケットのインナーにチェック・ストライプ柄のシャツを合わせたコーデ

 

こうすることで、スーツ感が消えて街着に馴染んだファッションスタイルができますよ。

 

以上、テーラードジャケットに合うインナーの解説でした。

 

 

トモ厳選アイテムを検索リセット
詳細検索
この記事が気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです。