男の若さを保つおすすめ洗顔料と保湿ジェル

周りより若い肌を保つためこっそり使っている洗顔料と保湿ジェル

トモが使っている若い肌を保つ洗顔料と保湿用品

 

どうも、ファッションコーディネータートモです。

 

最近、メディアを中心に美容への関心が高まってきて、オシャレや身だしなみに
縁のなかった男にとっては生きづらい環境になってきたと思う。

 

ダサいファッションスタイルをしていることと同様に、脂ギッシュな肌でいると途端に、
不潔、臭そう、近づきたくないと思われてしまうからだ。

 

特に、女性からの視線は厳しくなるんだよね。
もちろん、ビジネスシーンでも損はすれど得はない。

 

そんな感じで、これまでスキンケアの習慣がなかった男たちは
たいそう困っていることだろう。トモの周りでもそういう人が結構いるし。

 

彼らに話を聞くと、驚くことに、そもそも何をやればいいか分からないらしい・・・

 

小さいころ母親が顔のパックをしているのを見てオバケだと笑ってきた男たち。
今では、女性から、そのギトギト肌を笑われているかもしれないから世も末だ。

 

 

しかし、若い肌を保つのに、パックまでしなくてもよく、洗顔からスキンケアという超基本的なことを見直す習慣をつけるだけで、1年、2年後、全然違ってくるんだ。

 

 

もちろん、なるべく手間がかからずに、どうせなら高い効果が欲しいものだろう。

 

そこでオススメするのが、この『ZIGEN』だ。もちろん、洗顔&スキンケアを試しまくったトモからすると、高いお金を払えるなら、『バルクオム』のようなもう少しおすすめなものもある。

 

ZIGENの良いところは、定期コースの必要もなければ、市販の洗顔料よりワンランク上で、30代、40代の大人の男性が満足できる潤いを実感できるところだ。

 

ZIGENの洗顔料とオールインワンジェル

 

ジゲンは、洗顔料単品でも買えるが、基本は、洗顔とフェイスジェルがセットになっている。
そして、これはセットでこそ意味があるのだ。、、と個人的には思うし実感してる。

 

なぜなら、洗顔は皮膚の汚れを落とすものだが、
基本的に必要以上に皮脂を落としてしまう。

 

脂ギッシュな顔面になることの原因である皮脂だが、知ってる人も多いと思うが、
肌を乾燥から守ろうとして分泌しているものだ。

 

その皮脂を落としすぎるという事は、城壁をはがされた城同様、ダメージをモロに受けてしまう。←大河ドラマ好きな男ならこのやばさがすぐに理解できるだろう。

 

だからフェイスジェルという外堀をめぐらすことで
肌を守らなければいけないのだ。→これがスキンケアという名の戦の基本。

 

もうちょっとZIGENのことを詳しく知りたいなら

 

 

このページのトップへ

 

 

ZIGEN洗顔フォームを使った感想!

 

ZIGENの洗顔料

 

まずは洗顔を試してみた。

 

ZIGENは、男性用洗顔に多い強力なスクラブによる
刺激がないということだった。

 

にわかには信じがたいかもしれないが、
正直な感想を書いていきたい。

 

ZIGENの洗顔料を手の上に載せた

 

これが洗顔のジェルだ。

 

固いとも柔らかいとも言い切れないが、
重力で垂れ落ちてくるトロみだった。

 

早速、これをネットを使って泡立ててみた。

 

ZIGENの洗顔料を泡立ててみた

 

泡はこんな風に弾力があり、モチモチだったぜ!

 

泡立てたZIGENの洗顔料の別の角度から

 

顔につけたらさぞ気持ちいいだろうと思わせられる。

 

さてその洗顔の感想だが、
本当に刺激を感じない!

 

トモは、少し敏感肌でもあるので、これはありがたかった。

 

ZIGENにもマンナンというこんにゃく成分の
スクラブが入っているのだが、言ってみればミジンコサイズほどで
他の洗顔料と比べて全く刺激がなかった。

 

スクラブ感がないのに、流してみるとサッパリとした。

 

それは、これまでの洗顔が力攻めだったのに対し、
ZIGENは緻密な作戦によって戦争を終わらせたような印象だ。

 

ちょっと意味が分かりづらいかもしれんが、イマジネーション豊かな優秀な
あなたなら分かってくれるだろう。

 

ジゲンは、マンナンスクラブというものが、汚れをこすり落とすのではなく、
吸着して落とすという手法を取っているかららしい。

 

このミクロのスクラブが、従来では取り切れなかった汚れまで落としてくれるらしいが、そこまで正直わからんかったけどね。

 

そして、あたりまえだが、安全性にも気を配っているこの洗顔は、
無用な被害を出させないということだった。

 

実際に、1年使っているが、敏感・脂ギッシュ・テカリの悩みがある
混合肌のトモでも肌のトラブルが出ていない。

 

 

このページのトップへ

 

 

ZIGENオールインワンジェルを使った感想!

 

さて、汚れを落としたところで
フェイスジェルを塗ってみた。

 

ZIGENのオールインワンジェル

 

これはオールインワンジェルと言い、
化粧水からクリームまでこれ1本で賄えるものだ。

 

ケアが面倒だとか、ケアが初めてだという場合に
ピッタリだと思った。

 

しかも、使い続けてみた結果、このジェルこそ、若い肌を保つのに重要だと感じた。

 

ZIGENのオールインワンジェルを手の上に乗せた

 

ジェルは洗顔のよりも水っぽい。
香りはほのかに甘い。トモは、あまり好きな匂いではないが、保湿力が強力なので、夜お風呂からでた後専用に使っている。

 

朝の洗顔後は、好きな香りの『バルクオム』を使っているのと分けているのだ。

 

次元のオールインワンジェルを使ってみた

 

これが塗った状態。

 

手の甲では収まりきらないほどに広がった!

 

顔に塗った感じは、少し塗っただけで、ちょっと多いかなって
思うくらいべっちょりと広がる。

 

だから、保湿感抜群なのだ。だけど、出かける前は、使いづらく、
その反面、乾燥が強い冬の夜には、重宝している。

 

 

ZIGENを買う前に調べた情報によると、皮膚の保湿・柔軟性を維持するセラミドや
みずみずしさの元であるヒアルロン酸やコラーゲンなど、
年齢とともに失われる美容成分を多く含んでいるらしい。

 

トモは、実感できるものがほしかったので、お金を惜しまず、いろんな洗顔料を
ひたすら試してきたので、細かい仕組みをよく読まず買ったのだが、
これがデリケートな肌をしっかり守ることができる理由みたいだね。

 

実際に、ZIGENを使い続けることで、化粧水とクリーム、パックなど多くの手間をかけず手軽に潤い肌を作ることが出来た。

 

市販と比べて、値段は、少し高いが2ヶ月くらい持ちクオリティが高いので、
洗顔料や保湿用品にこだわっていくべき30代、40代の男性におすすめだと思った。

 

ZIGENの公式キャンペーンページ

 

 

なお、トモが今まで試してきた数々の洗顔料は、年齢別におすすめを『メンズ洗顔ランキング』でまとめました。

 

 

このページのトップへ